BOSS 2ndシーズン 第7話 感想

 
2011年06月03日/ TVドラマ
フジテレビ系ドラマ「BOSS 2ndシーズン」第7話の感想など。
リアルタイムで見られなかったので、録画を見たところです。

BOSS 2ndシーズン

警視庁で「ふれあいフェスタ」というイベントを開き、一般市民を内部へ入れました。
その一般市民の中に取調室に立てこもる男(田中圭さん)がいて、次々と各地に仕掛けた
爆弾を爆発させていく(中にはダミーも)というストーリーでした。

「対策室」が出来る前、野立信次郎(竹野内豊さん)と大澤絵里子(天海祐希さん)は
コンビを組んで捜査していた時期があり、そのシーンが回想としてありました。
野立の「ひげサイン」で、拳銃を撃つ大澤絵里子がカッコよかった。

取調室に立てこもった男・小暮は、花形一平(溝端淳平さん)と同期入庁で、職場の
上司に嫌がらせを受けて精神を病み、万引きで懲戒解雇になっていました。

「対策室」の立ち上げの際、メンバーの選考で、選ばれたのは成績優秀な小暮ではなく、
平凡な花形の方でした。

その後、捜査現場などで顔を合わせても、小暮は花形に気付いて話そうとするも、
花形は小暮のことなどすっかり忘れて気付かずに通り過ぎることがあったりしました。
制服を着ている人は、誰も同じ様に見えることがあるし、同期が800人も居ると全員
覚えていられないので仕方ないですね。

刑事として活躍する花形に、制服を着た警官のままの小暮は嫉妬していました。
自分の方が能力が上と、プライドも高かったためにより一層・・・

小暮が「対策室」に持ち込んだフッ化水素で、およそ500人は死亡するだろうとのこと。
フッ化水素爆弾の起爆を解除しようと、田所幸子(長谷川京子さん)が頑張りますが…

結局、この「対策室」に持ち込んだ爆弾もダミーで、本物はある場所に仕掛けられて
いたのですが、大澤絵里子(天海祐希さん)の推理で見破られていました。

「逆恨み」が今回のテーマです。
犯行に及ぶかどうかはともかく、誰かに嫉妬するという気持ちは分かりますね。
結末はどうにかなると分かっていても、爆弾の爆発という緊迫した場面の連続で
楽しませてもらえた第7話でした。

▼出演者(敬称略)
大澤絵里子(天海祐希)
野立信次郎(竹野内豊)
片桐琢磨(玉山鉄二)
山村啓輔(温水洋一)
花形一平(溝端淳平)
岩井善治(ケンドーコバヤシ)
田所幸子(長谷川京子)
黒原理香(成海璃子)
丹波博久(光石研)
  


Posted by じろう at 23:30Comments(0)

ハガネの女 season2 第7話 感想

 
2011年06月03日/ TVドラマ
テレビ朝日系ドラマ「ハガネの女 season2」第7話の感想など。
リアルタイムで見られなかったので、先ほど録画を見たところです。

ハガネの女 season2

浅野達也(松本利夫さん)と娘の夏希は、この「ハガネの女 season2」には不要な
キャストだと思っていましたが、この第7話で少し見方が変わりました。

ただ、バツイチ子持ちの男に、18歳の西堀マナ(有村架純さん)が好意を寄せて
結婚しようとしている設定には、まだ違和感を感じます。

勝気で無愛想な夏希というキャラがどうも好きになれなかったのですが、母親の香
(笛木優子さん)のあまりに身勝手な性格と行動を見たら、少し同情的になりました。

両親が離婚している夏希をからかったクラスメイトのはるかは、友喜から突き飛ばされ
クラスのちょっとした騒動になり、ハガネ(吉瀬美智子さん)がどうにか鎮めます。

久し振りに海外赴任から帰国した父親にはるかは喜びますが、なんと、両親は
離婚をするとはるかに告げます。母(佐藤藍子さん)は家にこのまま二人で
暮らそうと言うものの、大きなショックを受けたはるか。

はるかの両親が離婚することがクラス中に知れ渡り、はるかは衝動的に放送室へ
閉じこもります。うーん、「金八先生」の加藤優たちじゃないんだから(笑)
ハガネや母親らの説得により、出てきますけれど。

はるかが日ごろから練習している和太鼓の発表会に、はるかの父親は仕事で行けない
と一方的に告げて再び海外へ発ちました。

発表会当日、演奏が開始されたものの、父親が観客席に居ないことなどに動揺した
はるかは、太鼓を叩く棒(ばち)を落としてしまいます。

しかし、夏希を含むクラスメイトらの声援を受け、落としたばちをハガネ(吉瀬美智子さん)
から受け取ったはるからは演奏を再開。見事に演奏し終えます。
なぜか舞台袖からビデオをまわしている副担任・水嶋恭平(斎藤工さん)。

翌朝、演奏の様子を録画したDVDをはるかに渡す水嶋。
海外の父親に送ってやれとのこと。
教師の仕事をどこかバカにしていた水嶋は、だんだん変わってきていますね。

西堀マナは浅野達也に、「二人の関係はもう終わりにしよう」と別れを切り出しました。
まあ、納得かな。

今回は、両親の離婚がテーマでした。
私は独身だし、両親も恐らくこの先離婚しないだろうと思うので、少し縁遠いテーマ。
ただ、ハガネが夏希に「子どもは親を捨てる権利がある」と言って慰めた場面は良かった。

いまだ旧水河小学校の連中は、愛河小学校のクラスメイトとの間に壁を作っている
ようですね。

▼出演者(敬称略)
吉瀬美智子 設楽統(バナナマン) 清水ミチコ 有村架純 片岡愛之助 松本利夫(MATSU from EXILE) 斎藤工 高橋克実 吉家章人 宍戸美和公

▼主題歌
ケツメイシ「こだま」
  


Posted by じろう at 22:19Comments(0)