犬を飼うということ 第8話 感想

 
2011年06月04日/ 犬を飼うということ
テレビ朝日系ドラマ「犬を飼うということ スカイと我が家の180日」の第8話の感想など。

犬を飼うということ

次回の第9話が最終回なんですね。

スカイの様子がおかしいと、動揺しながら言う眞子(久家心ちゃん)の言葉に家族は
スカイの元へ集まると、スカイはへたり込んで立てない様子。
さっそく獣医の奈良橋(杉本哲太さん)へ診せに行きました。

すると、「抗がん剤の副作用が出たのだろう」とのこと。
獣医の奈良橋は、眞子と大(山崎竜太郎くん)に夏休み返上でスカイの面倒をみるように
言います。

勇次(錦戸亮さん)は、勤務先の清掃会社の先輩から、ビル清掃の会社立ち上げに
加わってくれないかと誘われ、収入が不安定になるのを覚悟してその話を受けました。

幸子(水川あさみ さん)は、堀田(田口淳之介さん)に借りた50万円を返そうと待ち合わせ
たら、貧乏人には場違いな店でランチを共にすることに。
食事代は堀田が払ったんでしょうね。堀田の幸子への親切ぶりが、その・・・

勇次と幸子の留守中に、勇次の元勤務先の先輩・窪田(泉谷しげるさん)が団地へ
来ていて、眞子と大は、「知らない人じゃないから」と家へあげて一緒に遊んでいました。

窪田は末期がんだった妻が他界したことを告げ、死の直前にスカイと妻が散歩した
写真を見せたくてやって来たと、写真を見せます。
しばらく皆で写真を見ながら、在りし日の思い出の余韻に浸りました。

そこへ、獣医の奈良橋から電話があり、スカイをこれから連れて行くとのこと。
その電話に窪田が割って入り、ついでに買い物を頼みます。

窪田が奈良橋に頼んだのは、「すき焼き」用の肉などで、本郷家ですき焼きを囲んだ
夕食をとることになりました。すき焼きの作り方にうるさい窪田と奈良橋は、
ああでもないこうでもないと言い合いますが、窪田が主導権を握ることに。

夕食後にトランプをして遊ぶ、窪田や奈良橋、子どもらを見て、台所で片付けをして
いた幸子は涙ぐみます。こんな幸せな光景を見られるとはと、感極まってのことでした。
そんな幸子をグッと抱きしめる勇次。

帰り際、窪田は本郷夫妻に通帳と印鑑を渡し、「これを自由に使ってくれ」と言うのでした。
それは、妻のがん治療に使うための退職金でした。しかし、妻が抗がん剤治療を拒み、
ホスピスへ入って他界したため、もう使う当てが無いと。

「受け取れない。気持ちだけで」と断る本郷夫妻に、奈良橋は
「この方は今日はじめて会った人だけど、好意は受け取っていいと思うぞ」と口添えします。
ただし、窪田は条件があると言います。
条件は、「月に一度、オレを呼んですき焼きをすること」でした。

それでありがたく受け取ることにしたら、口座には300万円ほどありました。
一人暮らしの老人が寂しさを紛らわすには安いものかも。

スーパーへ買い物へ行くと、畑山芳子(森脇英理子さん)と娘の静香(庵原涼香ちゃん)
を見かける幸子と大。幸子の元同僚・三村(大島蓉子さん)が打つレジで、
クレジットカードが使用不能だと告げられると、怒ってスーパーを出て行きました。

三村によると、畑山芳子の夫が経営する会社が倒産したらしいとのこと。
やはり、裕福なのをひけらかすヤツにはお仕置きが待っていました(笑)

スカイを散歩させていると、同じく犬を散歩させている団地の自治会長(渡辺哲さん)に
出会います。その犬は、娘の家で飼っている犬でした。
犬種は何とかブルドックで、こわもての渡辺哲さんのイメージにピッタリ。

犬は嫌いじゃない様子の自治会長ですが、「団地で犬を飼うこととは別問題だ」と
本郷家に釘を刺すのを忘れませんでした。

事実、団地の自治会に呼び出された本郷夫妻は、自治会長から
「賃貸契約の更新はせず、今年の12月末までに退去してもらう」と通告されます。
気色ばむ幸子に対し、勇次はその通告に「ありがとうございます」と言うのでした。

団地から見える建設中の「東京スカイツリー」の完成予定が12月なので、
東京スカイツリーの完成までは居られるという意味での「ありがとうございます」
なのでしょう。

おそらく、窪田から預かったお金で引っ越すんじゃないでしょうか。
次回の最終回、本郷家はどうなるのか楽しみです。
でも、スカイは・・・

▼主題歌
関ジャニ∞「マイホーム」

▼出演者(敬称略)
錦戸亮(NEWS/関ジャニ∞) 水川あさみ 田口淳之介(KAT-TUN) 久家心 山崎竜太郎 武田航平 風見しんご 鹿沼憂妃 杉本哲太 泉谷しげる 大島蓉子 森脇英理子 庵原涼香 大森暁美
  


Posted by じろう at 19:30Comments(0)

生まれる。 第7話 感想

 
2011年06月04日/ TVドラマ
TBS系ドラマ「生まれる。」の第7話の感想など。

生まれる。

長男の太一(大倉忠義さん)がさせられる「簡単に儲かるビジネス」って、もっとヤバイ
ことなのかと思いきや、普通の水道水を健康に良い水として電話勧誘で売りつける
ものでした。

私の想像だと、振り込め詐欺とかもっと酷いものかと思ったので、不謹慎にも意外と
マイルドな商売だなあと思ってしまいました。なぜなら、「そんな水いりません!」と
断ろうと思えば断れるので。ヤクザと言うより、普通に悪徳商法としてあるよなと。

全く電話勧誘にヤル気を出さない太一にチンピラが怒鳴りつけ、自称・実の父親
(斎藤歩さん)とチンピラが相談して「アレをやらせますか」ということに。

それは、「無縁死」と呼ばれる身寄りが無くなくなった人に付け入る犯罪でした。
無縁死した人の子どもに成りすまし、その故人の遺産を相続してしまおうというもの。

全国の無縁死者のリストを作成している彼らだけど、もしかして全国の特別養子縁組
の人たちもリスト化しているのではないかと推測。
だから、あの自称・実の父親も、本当は父親でもなんでもない人物ではないかと
思いました。太一はヤツらにまんまと嵌められたというわけで。

ほかにも色々ありましたね。
・次男の浩二(中島健人さん)は白血病が再発。母の愛子(田中美佐子さん)
には誤魔化して入院するも、姉の愛美(堀北真希さん)に病院で見つかる。
・部屋に引き篭もる次女の美子(竹富聖花さん)
・愛子の妊娠している子供の性別が男の子と判明
・不妊治療を続ける留美(西村知美さん)に、産婦人科医の近藤(大杉漣さん)を紹介
・国木(戸田恵子さん)は子宮筋腫の手術をして退院
・企画中の「高年齢出産」に関する書籍に「特別養子縁組」の項目を盛り込むと決定

第7話まで見てしまったので、最終回までは見届けるつもりです。

▼出演者(敬称略)
堀北真希 大倉忠義(関ジャニ∞) 中島健人(ジャニーズjr) 酒井若菜 戸田恵子 大杉漣 田中美佐子 竹富聖花 西村知美 金田明夫 福士蒼汰 淵上泰史 鈴木亮平 斎藤歩 大竹浩一 宮武祭

▼主題歌
関ジャニ∞ 「 365日家族 」
  


Posted by じろう at 17:16Comments(0)