高校生レストラン 第7話 感想

 
2011年06月19日/ TVドラマ
日本テレビ系ドラマ「高校生レストラン」第7話の感想など。

高校生レストラン

料理コンクールの時期が迫り、調理クラブの面々は「今年は誰が出場するのか」
と、その話題で持ちきり。

しかし、村木新吾(松岡昌宏さん)は「出場を辞退させて欲しい」と学校側に伝えます。
ちょうどコンクールの話題で盛り上がっているレストラン厨房へ、新吾はやってきて
同じことを彼らに伝えます。

もちろん不満噴出となりました。新吾いわく、
「レストランをやっているのは相河高校だけで、当然注目が集まり、実力以上のものを
要求されてしまう。基礎練習の方が大事。加えてレストランの運営と両立するのは困難」
とのこと。

教務主任の吉崎先生(板谷由夏さん)は、新吾と親しい岸野宏(伊藤英明さん)に
新吾を説得して欲しいと頼み込むのでした。

村木家を訪問した岸野と吉崎先生は、新吾と話し合います。簡単には了承しない
新吾に、吉崎先生は「あなたのプライドの問題なのでは?」と言います。
つまり、出場した生徒の評判が悪かったら、自分の悪い評判につながると。

考え直した新吾は、翌朝、調理クラブの面々に、料理コンクール出場を許可します。
ただし、出場する3名の選考は自分たちだけで行い、新吾は一切口出ししない。
それは吉崎先生の入れ知恵でもありました。生徒らだけに任せるのも教育であると。

出場者3名の選考会に向けて、何だかクラブ内がギクシャクしてきます。
自分の考えていた料理とかぶった、自分の出す料理をライバルに言いたくないなどと。
とりわけ、米本真衣(川島海荷さん)の票が固いと言われ、坂本陽介(神木隆之介さん)
は、やっかまれます。

選考会は行われ、皆それぞれ趣向を凝らした料理を出品。
投票の結果、選ばれたのは意外にも「中村、米本、細川」の3名で坂本は落選。

そんな坂本に、中村は「わざと落ちたな!」と食って掛かります。
その様子を見ていた新吾(松岡昌宏さん)は、中村、坂本、米本で話し合わせます。
坂本いわく「腕に自信はあったが、皆のようにオリジナリティが無かったのが敗因」。
米本真衣(川島海荷さん)は、「私は細川さんに入れた」と。裏切り?(笑)

選考会が明けてはじめてのレストラン営業日を前に、新吾は部員たちを前に訓示。

「選考会に負けたヤツは喜べ。それだけ自分がなぜダメだったか考え研鑽を積む
機会が与えられた。”負けることは勝つこと”と同じだ。人生では、勝つことよりも
負けることの方が多いかも知れない。負けたことに負けないことが大事なんだ。
もちろん、勝った3名も気を引き締めていけ」

セリフはうろ覚えで正確ではありませんが、だいたいそんな感じということで。
料理コンクールには意地でも出させずに、練習させたり、レストランの運営に専念
させるか、または、コンクールに出場させるも惨敗して「そら見たことか」という
展開を予想したのですが見事にハズレ。

料理人と聞くと、昔気質で頑固というイメージですが、新吾は人の意見には
正しいと思えば従う柔軟な人なんですね。

正直、すぐに飽きるかと思ったこのドラマ、いろんなイベントを発生させて興味を
持続させてくれます。次回も楽しみに待ちます。

▼出演者(敬称略)
松岡昌宏 吹石一恵 神木隆之介 川島海荷 板谷由夏 原田芳雄 伊藤英明 平田満 金田明夫 柴本幸

▼主題歌
「見上げた流星」TOKIO
  


Posted by じろう at 06:29Comments(2)