鈴木先生 これまで(第1~9話)の感想

 
2011年06月23日/ TVドラマ
テレビ東京系ドラマ「鈴木先生」 これまで(第1~9話)の感想など。

鈴木先生

このドラマ、第1話から欠かさず見ていました。
なぜここにきて、今まで書かなかった感想を書くかと言えば、単に面倒くさがっただけ。
面白くないからではなく、むしろ今期のドラマの中で満足度が非常に高いのです。

なのにこの「鈴木先生」、視聴率は2%程度とかなり低空飛行を続けている様子。
私だけがマニアなわけでなく、ネットでも評価する声をちらほら見かけました。

おそらく、「鈴木先生」という地味なタイトルで損をしているのが視聴率低迷の原因
と予想しました。加えて、画像に特殊な効果を与えていて、暗くて古臭い印象を与えて
しまっているのも、チャンネルを変えられる原因かも。
あとは、テレビ東京の商売っ気の無さ?もあるでしょうか(笑)

ちょっと過激な内容のエピソードもありましたので、「低視聴率=見ている人が少ない」
とすればクレームの電話も少なくて済むから、確信犯的なニオイも感じます。

次回の第10話が最終回なのに、次回予告では一切そんなこと告知していなかった
ように思います。私は公式サイトを訪問してはじめて知りました。
「次回、衝撃のラスト!」とか煽ってもいいものを。。

私は原作のコミックスを読んでいないので、ドラマでしか「鈴木先生」を知らない
のですが、個性的な先生たちが可笑しくて仕方ない。
その筆頭が足子(たるこ)先生(富田靖子さん)です。

もちろん、主役の長谷川博己さん演ずる鈴木先生も好きなキャラ。
「いいか、竹地、だがな、・・・」と理屈で生徒を丸め込む話術に長けていて、
「なるほどねぇ」といつも感心させられます。

しかし、この終盤にきて足子先生の暴走ぶりたるや、可笑しくてドラマで
腹を抱えて笑ったのは久し振りです。

第9話においても足子先生が、

「鈴木先生は道徳や倫理、人としての在り方を人一倍深く考え、あなたたちに
諭してきた人じゃない?
だからこそあなたたちは鈴木先生が大好きなのよね。その鈴木先生が裏では
女の人とヤリまくって妊娠させてるなんてことあると思う?」

と涼しい顔をして喫茶店で生徒3名に言う場面が秀逸。
「ヤリまくって」って(笑)

富田靖子さんは、原作コミックスを読んでキャラを作り込んだのか、演出家の説明
からキャラをイメージしたのか知りませんが、はじけ方が凄い。

自分の思惑通りに事が進んでいると、機嫌良く
「おおブレネリ、あなたのおウチはどこ?私おウチはスイスランドよ~♪」
と歌いながら職員室を去っていくのも最高。

第8話において、ついに壊れてしまった足子先生は、鈴木先生に向かって
「あんたなんか、死ね」と言ってましたし(笑)

もう次回の最終回しか残ってませんが、「鈴木先生」はお勧めです。
DVDの発売か、レンタル開始を待って見るのもいいかと思います。

また、BSジャパンで7月から放送するようです。
わが家は衛星放送を見られません(悲)

女子生徒の中で、小川蘇美より中村加奈の方が私は…(照)

▼主要キャスト(敬称略)
鈴木章 - 長谷川博己:2-A担任 国語
山崎潔史 - 山口智充:2-B担任 体育
桃井里香 - 田畑智子:2-B副担任 数学
江本源三 - 赤堀雅秋:2-C担任 社会
岡田征志 - 山中聡:2-C副担任 体育
川野達郎 - でんでん:2年指導主任 英語
続木護 - 夕輝壽太:体育
足子瞳 - 富田靖子:3-B担任 家庭科
五井正子 - 歌川椎子:3年指導主任 国語
槙谷ゆり - 澤山薫:1-B担任 美術
石垣健児 - 戸田昌宏:体育
松沢先生 - 倉田麻由子:体育
幸本先生 - 荒木義彰
佐藤先生 - 山口知紗
伊福部直孝 - 斉木しげる:校長
秦麻美 - 臼田あさ美(OL・鈴木先生の彼女)
  


Posted by じろう at 06:23Comments(2)