高校生レストラン 最終回(第9話) 感想

 
2011年07月03日/ TVドラマ
日本テレビ系ドラマ「高校生レストラン」最終回(第9話)の感想など。

高校生レストラン

公式サイトからあらすじを引用します。

~引用開始~

新吾(松岡昌宏)のもとに、
前に勤めていた料亭のオーナー・風間(高橋克実)から連絡が入る。
名古屋に新しい店を出すので、ぜひ店長になって欲しいという。
「そろそろいいだろう、高校生を育てるのは」という風間の言葉に、
新吾は返事を保留する。

一方、調理クラブでは3年生たちの進路が次々に決まっていた。
岸野(伊藤英明)が奔走した「せんぱいの店」にも数名の部員の進路が決まっていた。
だがまだ陽介(神木隆之介)ら5人の進路が決まっていない。
陽介は新吾のように、東京の料亭で修業したいと考えていた。

進路の決まらない先輩たちのために、真衣(川島海荷)は
「何か自分たちにできることはないか」と考える。
真奈美(三吉彩花)が
「先輩たちの料理を就職先の会社の人たちに食べてもらえないか」と言い出し、
岸野は「それや!」と飛びつく。そして岸野はレストランに
県内外の調理関係会社や店のオーナー、ホテル関係者などを招待して
料理を食べてもらう“プレゼンテーション開店”を行うことにする。
新吾にももちろん異存はなかった。
岸野は先輩想いの後輩を育てた新吾に改めて感心する。
だが新吾は岸野に、風間から誘いがあることを言い出せなくなっていた。

そして“プレゼンテーション開店”当日。
新吾はすべてを生徒に任せ、様子を見守ることにする。
緊張のなか料理を間違って出したり、お客様からの質問に詰まる生徒もいた。
が、そのたびに彼らはお互いをフォローし合い、なんとか切り抜けていく。

閉店後、新吾は客からの感想をみんなに伝えた。
「料理の味はそれほどでもないという意見が多かった」
……新吾の言葉に落胆する生徒たち。しかし新吾はこう続けた。
「みなさん大変に褒めてくださった。お前たちの一生懸命な姿が伝わったんだ」
――なんとホールでの接客ぶりを評価したホテルの関係者から、
卒業したら雇いたいというスカウトもあった。
感激のあまり泣き出した生徒たちを見て、
新吾は彼らを心から愛おしく感じている自分に気づく。

その夜、新吾が料亭から誘われていることを知った岸野は、新吾に言う。
「お前は、自分の夢を叶えろ」――果たして新吾の下す決断とは?
東京で修業をしたいと願う陽介の夢は叶うのか?

~引用終わり~

岸野宏(伊藤英明さん)は、
「お前はホンマ、先生らしゅうなってきたなあ」と嬉しそうに言って、相河高校に
馴染んできた村木新吾(松岡昌宏さん)を褒めました。

しかし、新吾の妹・遥(吹石一恵さん)から、名古屋に新規出店する料亭の店長
として引き抜きの話が新吾に来ていることを聞くと、発言が一転します。

「お前はもう用済みや」
そう言って、岸野は新吾のチャンスを潰さないように、わざと突き放すように
言いました。

しかし、そんなことは新吾に見抜かれていて、
「オレは本当に用済みか?」と岸野に詰め寄ります。
すると、涙ながらに岸野は首を横に2~3度振るのでした。

料亭のオーナー・風間(高橋克実さん)に直接会って断りを入れるため
上京する新吾は、坂本陽介(神木隆之介さん)を一緒に連れて行きます。

風間は新吾に会うなり、「返事ならいいよ、お前の顔にハッキリ書いてある」
と言って、新吾が連れてきた陽介を見ると「誰だこのボウズは?」と聞きます。
「ウチの高校の生徒です」と答える新吾。

すると、風間は「この子に白衣を用意しろ」と厨房のスタッフに指示します。
大根の桂剥きなどをこなす陽介。
暗黙裡に採用試験が始まっていたのですね。

厨房での作業を一通り終えると、陽介は新吾に
「先生の指導してくれたとおりに出来なかった」と落胆しながら言います。
そこへやって来た風間。「結果なら聞かなくても…」と言いかけた新吾の言葉を
遮って「まあヘタだが”手”がいい。4月からウチに来なさい」と風間から誘われる
陽介でした。東京の料亭に就職が内定!

年末、おせち料理を作る調理クラブの面々。
そこまでで3年生のクラブ活動は終わりで、引き続き「引退式」を行うことに。
部長の中村の挨拶からはじまって、3年生全員が一言ずつ引退の挨拶を
述べていきます。

それによると、大阪、名古屋のレストランやホテルに就職が決まっている
者もいますが、実家の農家を継ぐ者、鉄工所に勤める者、介護の専門学校へ
進む者など、料理人ではない職業に就く者も多く居ました。

こういうのはリアルでいいですね。全員料理の世界へ行けたらウソくさい。
そして、新部長は坂本陽介の幼馴染み、米本真衣(川島海荷さん)が就任。
このあと、岸野や新吾から3年生への言葉もラストを盛り上げました。

今期のドラマは学校モノが結構多かったんですね。
小学生部門は「ハガネの女 Season2」で、中学生部門は「鈴木先生」、
高校生部門は「アスコーマーチ」と、この「高校生レストラン」。

「高校生レストラン」、なかなか満足度の高いドラマでした。

▼出演者(敬称略)
松岡昌宏 吹石一恵 神木隆之介 川島海荷 板谷由夏 原田芳雄 伊藤英明 平田満 金田明夫 柴本幸

▼主題歌
「見上げた流星」TOKIO
  


Posted by じろう at 07:03Comments(2)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q 公開日は?

 
2011年07月02日/ アニメ映画
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q

昨日だったか、グーグルの検索急上昇キーワードに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q」
がランクインしていたのでクリックしてみました。

するとどうやら、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の地上波での放送※が8月26日に
あるらしく、その関連で検索された模様。
※日本テレビ系列「金曜ロードショー」

ついに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q」の公開日が決定したのかと思ってガックリ
しましたねぇ。

これを見るまでは、たとえつまらない毎日でも「生きろ。」と言われているようで、
何とかしのいできました。

昨夜、金曜ロードショーで「もののけ姫」が放送されていましたが、仕事の関係で
忙しかったし、3回くらいは既に見たので、あえて昨夜は見ませんでした。

おそらく、「もののけ姫」の放送終了後に「地上波初登場!」とか言って、
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が8月に放送されることを宣伝したんでしょうね。

しかし、テレビ放送向けに再編集するそうなので興味があります。
映画館のスクリーンと音響設備には負けますが、家のテレビで見るのも楽しみ。
再編集が、単に時間短縮のための端折りだったら残念ですが。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 予告動画をどうぞ。

※携帯電話からアクセスの方は見られないかも知れません。



  


Posted by じろう at 12:14Comments(4)