今更ながら、高岡蒼甫さん騒動について

 
2011年08月03日/ その他
みなさん既にご存知かと思いますが、俳優の高岡蒼甫さんがツイッターで行った発言に
端を発した韓流ドラマ、フジテレビ批判の騒動について。

私が思うに、彼の批判は的を得ていない気がします。
なぜなら、騒動後に新聞のテレビ欄の早朝から深夜帯までじっと見てみると、おっしゃる
ほど韓流ドラマが多いように感じないからです。

私は地方に住んでいるので、正確にはフジテレビ系列の地元局についてですが。
あ、ネットで東京の番組表を見れば分かるか。
面倒くさいのでそこまで調べませんけれど・・・

私がテレビ欄を見たある日は、昼間にひとつ韓流ドラマっぽいのを発見。
全体から見ればごく一部のように感じました。
仕事もあるし、基本的には夜しかテレビは見ない男の感想です。

確かに、レンタルビデオ店で、なぜか韓流ドラマのコーナーのスペースが大きく
取られていてムッとしたことがあります。
でも、作品を物色している人は少なく、閑散としていました。

私が提案するのは「いいとこ取り」です。
韓国寄りと言われるフジテレビ系列だって、私の好きな日本のドラマはたくさんあります。
少し前に終わったドラマなら「名前をなくした女神」だし、放送中のドラマなら
「全開ガール」です。

全開ガール、第1話を見て「これは脱落か?」と思ったのですが、恋愛要素は無視して、
新垣結衣さん演ずる新人弁護士のサクセスストーリーと見ればとても面白い。
「犬を飼うということ」でお父さん役を好演された錦戸亮さんもいい。
「名前をなくした女神」からの流れで、平山浩行さんと子役の谷花音さんも出てるし。

鮎川若葉(新垣結衣さん)が子供のころにひどい目に遭った回想シーンが挿入され、
あんな境遇から這い上がったんだと思うと元気がもらえます。
自分は今本当に「ベストを尽くしているのか?」と。

「なぜベストを尽くさないのか」:上田次郎

話がそれました(笑)
私はドラマ「トリック」の大ファンですが、それを放送していたテレビ局も「左寄り」だと
批判を浴びることもしばしば。
だから私の提案は「いいとこ取り」なんです。

嫌いなものは「見ない」という反対票を投じることで、自然に淘汰されないでしょうか。
私は「K-POP」なるものも聴きませんし。
「HEY!HEY!HEY!」を見なくなった理由も案外ここかも。

高岡蒼甫さんの韓流批判は、彼のストレス発散のはけ口だったように思えて
なりません。失礼ながら「宮崎あおいさんのダンナ」という印象しかなく、代表作品が
思い浮かびません。

知名度も露出度も高い妻の宮崎あおいさんに対し、何かあせりのようなものを
感じているなら同じ男として分かる気がします。

しかし、何で彼に同調するかのように、フジテレビ批判がネットで盛り上がっている
のか少し検索すると、なるほどそういうことなんですね。
私はフィギュアスケートに一切興味がなくて、その件について気づきませんでした。

あと、他にも理由があるようですが真偽のほどを確認するすべがないので、
あまり触れないようにしておきます。

さすがに夜9時~10時台のドラマが韓流に占領されたら、私も批判の声を大きく
するでしょう。

あ、NHKのドラマ「テンペスト」、第1話だけNHK総合で放送して第2話以降は
「BSプレミアム」ってひどいよ。第1話を見なきゃ良かった。気になって仕方ない。
孫寧温を演ずる仲間由紀恵さんが良かっただけに。

またも話が脱線しました。
嫌いな人は韓流を「見ない、聴かない、買わない」で行けばいいと思います。
  


Posted by じろう at 12:47Comments(0)