爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル2011/09/27 感想

 
2011年09月28日/ ものまね番組
昨夜フジテレビ系列で放送された「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」の感想など。

爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル

予想通りの出来栄えだったと思います。
なので、パソコンで作業をしながらチラチラ見たり、チャンネルを他局に
変えたりしながら見て正解。

少し前までは、日本テレビ系列のものまね番組は、コロッケさんの「ロボ五木」や
「恐竜森進一」などが嫌いなので、フジ系の「ものまね紅白」を支持していました。

しかし最近では、日本テレビ系列の方が本当にモノマネ好きな人のための番組
作りをしているように思います。なるだけお笑い芸人のネタ見せを抑え目にして、
似ていて旬なものまねを繰り出しているように感じます。

「ものまね紅白」は、昔の「ものまね王座」をひきずっているためか、一対戦ごとに
いちいち審査員の採点が入る時間の無駄、さらに審査員にコメントを求める時間の
無駄があります。

自分の中ではどちらが良かったか決まっているので、審査員の評価なんて
どうでもいいんです。

さらにご本人登場で、登場したご本人に興味が無い場合、すごく退屈な時間と
なります。あ、でも昨日の竹内力さんは良かった。「ミナミの帝王」ネタで
友近さんが絡んできたのはGOOD。

採点制度とご本人登場の不満は前から言ってますね(汗)

あとはお笑い芸人のネタ見せが多過ぎ。
同じモノマネ芸人さんが何回出てきてもいいから、似ているモノマネを見せて
欲しいものです。ものまねの似ていないお笑い芸人は、自重して下さいな。

木村祐一氏はもう引っ込むべき。つまらん。
中井貴一さんのものまねは悪くないけど、あまり似てないんだから、ダラダラ
やらずに短く切り上げればいいのに。
ハイキングウォーキングの「仁 JIN」のパロディも同じだと思います。

フジ系は「ものまね紅白」よりも、「みなさんのおかげでした」内の
「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の方が面白いし楽しみになりました。
途中の審査がなくテンポがいい。

やはり、デモを起こされても仕方ないと思われるK国ネタ。
さすがに「クドい!」と私も腹が立ってきました。

「見たくなければ見なければ良い」と発言した芸能人もいますが、番組丸ごと
K国製なら(たとえばドラマ)、言われなくてもそうします。
しかし、番組内に入れ込んでくるのはどうすればいいんでしょう。

ひどかったのが、明石家さんまさんと中居正広さんの27時間テレビのパロディーネタ。
好きな女性タレントを3位から順に紹介するという部分。
名を挙げた3名ともK国人でした。。。

どうして普通に、日本人の女優さんなどにしないのか不思議で仕方ない。
映画「アンフェア the answer」を絶賛公開中なのだから、篠原涼子さんを宣伝として
挙げるべきでは?利潤を追求する企業だと言い張るなら。

なんでここまでフジテレビはK国にこだわるのでしょうか。
これはもう、本当に洗脳レベルだと空恐ろしいものを感じます。

K国問題もしかり、「ものまね紅白」は凋落の一途だと思います。
残念・・・

▼出演者(敬称略)

(男性)
AMEMIYA、いっこく堂、エハラマサヒロ、おおともりゅうじ、大山英雄、
オリエンタルラジオ、影武者X、木村祐一、栗田貫一、島田まさとし、
清水アキラ、清水良太郎、スリムクラブ、タカアンドトシ、ダチョウ倶楽部、
ダブルネーム、NON STYLE、ハイキングウォーキング、ビューティーこくぶ、布施辰徳、
ブラックマヨネーズ、ほいけんた、星野金太郎、ますだおかだ、松村邦洋、
みっちー、ものまね嵐、ものまねSMAP(ジゴロー、島田ひでとし、楽しんご、もっぷん、よっしー)、
山本高広、ユージ、我が家、笑い飯

(女性)
暁月めぐみ、AYU、石本沙織、高橋真麻、千秋、友近、
春香クリスティーン、ハリセンボン、美脚戦隊スレンダーDX、本田朋子、
松井絵里奈、松居直美、松尾翠、みはる、ミラクルひかる、
森口博子、山﨑夕貴、優木まおみ、吉川春菜、LiLiCo、
渡辺直美

▼審査員
堺正章(審査員長)、片岡鶴太郎、高橋英樹、小川菜摘、皆藤愛子、小林麻耶、藤田朋子、道端アンジェリカ、優香

  


Posted by じろう at 06:28Comments(0)