家政婦のミタ 第1話の感想

 
2011年10月13日/ 家政婦のミタ
日本テレビ系列で放送された「家政婦のミタ」第1話の感想など。

家政婦のミタ

これは第2話以降も期待できそうだと、楽しみが一つ増えました。

何かの記事で、松嶋菜々子さんが仕事を選びすぎていたら
そのうち声がかからなくなり、たまらず自ら電話営業して取ってきた仕事
なので、こんな地味な役柄になってしまったと書かれていました。

裏事情は知りませんが、地味でもなんの、面白いじゃないですか。
やれと言われれば、川の中へもズブズブ入っていくし、母親の遺品や
仏壇も灯油をかけて火を放ちます。

まるで「ターミネーター2」のようです。
無表情で冷徹な姿は、「女王の教室」の阿久津真矢のようでもあり…。

2時間延長になったら、ちゃっかり請求書で残業代を要求するあたりも
笑えました。
長男にグーパンチで殴られていましたが、治療費は請求しないのか。

三田は無表情で口数は少ないけれど、仕事をテキパキとこなす姿は、
「救命病棟24時」の小島楓と重なります。ちょっと違うかな。

松嶋菜々子さんを除く出演者に目を向けると、相武紗季さんが演ずる
結城うららの邪魔くささ加減が面白い。
彼女もそのうち、三田(松嶋菜々子さん)のお仕置きを受けるのでしょうか。

お父さん役の長谷川博己さんは、「鈴木先生」以来に拝見します。
長女が高校生なので、年齢のわりに大きな子供のいる父親役。
これから三田とどう絡んでいくのか楽しみです。

三田に、何か決めゼリフのようなものは作らないのかなあ。
先に例を挙げた「女王の教室」の阿久津真矢なら、
「いい加減目を覚ましなさい」や「イメージできる?」がありました。

「それは業務命令でしょうか?」だと少し弱い気がするし。
まあ、キャラが面白いから無理に作る必要も無いですかね。

第2話は、イジメの問題を取り上げるようで楽しみです。

▼キャスト(敬称略)
三田灯………松嶋菜々子
阿須田恵一…長谷川博己
結城うらら……相武紗季
結城義之……平泉成
晴海明美……白川由美
阿須田結……忽那汐里
阿須田翔……中川大志
阿須田海斗…綾部守人
阿須田希衣…本田望結

  


Posted by じろう at 06:23Comments(0)