蜜の味〜A Taste Of Honey〜 第5話の感想

 
2011年11月11日/ 蜜の味
フジテレビ系で放送された「蜜の味〜A Taste Of Honey〜」第5話の感想など。

蜜の味 A Taste Of Honey

公式サイトからあらすじを引用します。

~~~~~~~~~~~~~~~~
森本直子(榮倉奈々) は、則杉康志(溝端淳平)、栗山和気(市川知宏)、頼陽華(木村文乃)、蓑屋進(近藤公園)、滝ノ原幸一(森廉)ら同級生と居酒屋で飲んでいた。そんなとき、池澤雅人(ARATA)から、「明日、会えないか」というメールが届く。

その頃、原田彩(菅野美穂)と自宅にいた雅人は、教授・滝ノ原(升毅)の勧めでアメリカの大学に留学することを決めたので、その前に離婚して欲しいと切り出した。しかし彩は、しばらく距離を置けばお互い冷静になれるから、と言って取り合わない。それどころか、自分が望んだことで叶わなかったことは一度もない、雅人は必ずもう一度自分を求めるだろう、と自信を見せた。

翌日の夜、直子の部屋に雅人がやってきた。直子は雅人のために用意していた夕飯を出し、雅人はそれを美味しいと言って食べた。料理の出来はいまいちだったが、美味しいと食べてくれる雅人の優しさが直子には嬉しかった。夕食後、ふたりで片づけをしていたとき、雅人がアメリカ留学のことを打ち明けた。留学期間は最低でも4年になると告げられたが、直子はそれを冷静に聞いた。そして、雅人がいなくなったら恋や勉強に精を出し料理の腕も上達させよう、とはしゃぐように話した。雅人はそれを笑顔で聞いていたが、直子の本心を痛いほどわかっていた。

その後、部屋を後にする雅人を直子は笑顔で見送ったが、ひとりになった瞬間、泣き崩れてしまう。一方、自転車を走らせていた雅人は、何かを感じたように停止する。そして、自転車の向きを変えると走り出し…。
~~~~~~~~~~~~~~~~

池澤雅人(ARATAさん)のアメリカ留学から8年が経過し、
森本直子(榮倉奈々さん)は、消化器外科の医局で医師として勤務
するようになっていました。

大学へ入学したての頃の頼りなさげな感じは消え、動作もきびきびと
して医師らしくみえます。

池澤(旧姓:原田)彩(菅野美穂さん)は、8年経ってもあまり変わりが
ないようで、研究にまっしぐら。ただ、准教授に昇進したようです。

直子は則杉康志(溝端淳平さん)と恋人同士になっていて、牛窓の両親
にも紹介するほどの仲。もう結婚も秒読み段階の様相。

最後のシーンで、池澤雅人(ARATAさん)がアメリカから帰国し、
村雲修次※のような髪型になって登場していたので、次回を見ないと
展開が分からないですね。
※「チェイス 国税査察官」に登場のARATAさんが演ずる人物

でも、雅人と直子が再び・・・という展開がおおよそ見えた気が…。

▼キャスト(敬称略)
森本直子 - 榮倉奈々
原田彩 - 菅野美穂
池澤雅人 - ARATA
則杉康志 - 溝端淳平
栗山和気 - 市川知宏
頼陽華 - 木村文乃
滝ノ原幸一 - 森廉
細川裕司 - 山崎樹範
白井かな - 西山茉希
森本洋介 - 阿南健治
森本久子 - キムラ緑子
蓑屋進 - 近藤公園
滝ノ原健司 - 升毅
霧島正 - 佐野史郎

▼主題歌
aiko 「ずっと」

  


Posted by じろう at 06:31Comments(0)

DOCTORS(ドクターズ)〜最強の名医〜 第3話の感想

 
2011年11月11日/ TVドラマ
テレビ朝日系で放送された「DOCTORS(ドクターズ)〜最強の名医〜」
第3話の感想など。

DOCTORS 最強の名医

公式サイトからあらすじを引用します。

~引用開始~

自分が裏から手を回して転職話を潰したことを伏せたまま、偶然を装って失業中の和枝(伊藤蘭)に近づく相良(沢村一樹)。彼はたまき(野際陽子)に「総合診療科」を新たに設立し、和枝を責任者として迎え入れることを提案。

そんなある日、一人の女性が病院を訪れる。病名は「腹膜偽粘液腫(ふくまくぎねんえきしゅ)」。その病気は100万人に1人の難病だった。
相良は森山(高嶋政伸)に執刀医を依頼。しかし、森山は相良が何か企んでいると主張する。
そんな中、内科・外科での合同カンファレンスが開かれる。そこで、森山から相良の過去が暴露され・・・。

「僕は、一番大事な人を助けられなかった」。相良の胸の内を思い沈黙する和枝。偶然、相良と和枝の会話を聞いてしまった佐知(比嘉愛未)。はたして難しい手術は成功するのだろうか……。

~引用終了~

このドラマの舞台は「堂上総合病院」ですが、ずっと堂上を「どのうえ」
だと思っていました。本当は「どうがみ」と読むようです。
今まで聞き漏らしていたのか、第3話にしてはじめて知りました。

相良(沢村一樹さん)はどうやら、あの薄気味悪い森山(高嶋政伸さん)
も病院改革に巻き込もうとしているようですね。
森山を抱き込んだら、周りの取り巻き連中も従わざるを得ないでしょう。

最初はすごく期待したのですが、話が段々こじんまりしてきているように
感じています。病院の経営状態が良くないと言っても、院内は清潔で
建物の外観もきれいだし。危機感がまるで無い。

だから、たとえば銀行の担当者が院長の堂上たまき(野際陽子さん)を
毎日のように訪ねてきては、借金の返済はまだかと迫ったり、
「債権者集会」のようなものが開かれる演出があれば切羽詰った
感じが出るのですが、あまり危機的状況とは思えません。

今回は「総合診療科」を新たに設けることで、病院の改革が少し進んだ
感じはしますが、なんだか地味な印象。

相良のオペの腕前が神業である点を全面に押し出すのか、病院改革を
スピーディーに進めるのか、テーマを絞った方が良いように思います。

▼キャスト(敬称略)
相良浩介:沢村一樹
森山卓:高嶋政伸
宮部佐知:比嘉愛未
相原亜美:黒川智花
渋谷翔子:滝沢沙織
高泉賢也:敦士
佐々井圭:正名僕蔵
段原保:尾崎右宗
千住義郎:斉藤陽一郎
田村戸紀子:宮地雅子
吉川みずき:阿南敦子
桃井正一:小野武彦
皆川和枝:伊藤蘭
堂上たまき:野際陽子

▼主題歌
JUJU「Lullaby Of Birdland」

  


Posted by じろう at 06:21Comments(0)