妖怪人間ベム(ドラマ) 第4話の感想

 
2011年11月13日/ TVドラマ
日本テレビ系列で放送されたドラマ「妖怪人間ベム」第4話の感想など。

ドラマ 妖怪人間ベム

公式サイトからあらすじを引用します。

~引用開始~

バケモノの姿を目撃した夏目(北村一輝)は、ベム(亀梨和也)たちに絵を書いて見せる。
そこには妖怪姿のベム、ベラ(杏)、ベロ(鈴木 福)が描かれていた。
夏目はそれがベムたちであるとは気づいていないが、
このままでは正体がバレてしまう、と思ったベラは二度と夏目家に近づかないようベロに言う。

しかし反抗したベロは家を飛び出し、一人の女性・朝比奈 光(紺野まひる)と出会う。
ベロは光を慕うようになるが、光は幸せな家族の家に火をつけてしまう放火犯だった・・・。

~引用終了~

私もいい年こいて独身なので、見ていて身に詰まるものがありました。
でも、己の不甲斐なさを嘆いても、他人の家庭を妬むようなことはないなあ。
そうだ、しかし、友人から来る年賀状の子供の写真は正直鬱陶しい。
両親にもがっつり見られるし・・・

いつも犯人が犯行を自重しようとすると、柄本明さん演ずる謎の男が、何やら
黄緑色の液体をかけて犯行が拡大するパターンですね。
この男も妖怪人間なのか?服装はアニメ版のベムに似ています。

ベム、ベラ、ベロが妖怪に変身するとき、服がビリビリに破れてしまいますが、
人間の姿に戻った時に、服は元通りになってないようです。
どんだけ替えの服を持ってなきゃいけないんだろう。

ついにその、妖怪から人間に戻る瞬間を刑事の夏目(北村一輝さん)に
見られてしまいました。ベム、ベラ、ベロは夏目がこっそり柱の陰から
見ていたのに気付いていない様子。

杏さん演ずるベラが私は好きなキャラです。
ともすると吹き出してしまいそうですが、アニメ版のキャラに唯一近付けようと
している点に好感が持てます。

夏目に正体がバレて、次回からどう展開していくのか楽しみです。

▼キャスト(敬称略)
ベム・・・亀梨和也(KAT-TUN)
ベラ・・・杏
ベロ・・・鈴木福
名前の無い男・・・柄本明
夏目菜穂子・・・堀ちえみ
緒方小春・・・石橋杏奈
夏目優以・・・杉咲花
町村日出子・・・広田レオナ
緒方浩靖・・・あがた森魚
夏目章規・・・北村一輝

▼主題歌
KAT-TUN 「BIRTH」

  


Posted by じろう at 06:33Comments(0)