蜜の味〜A Taste Of Honey〜 第6話の感想

 
2011年11月18日/ 蜜の味
フジテレビ系で放送された「蜜の味〜A Taste Of Honey〜」第6話の感想など。

蜜の味 A Taste Of Honey

公式サイトからあらすじを引用します。

~~~~~~~~~~~~~~~~
森本直子(榮倉奈々) は、教授・滝ノ原(升毅)に呼ばれ、1枚のCTの画像を見せられた。わけがわからないまま画像を見た直子は、それを胆管がんではないかと診断した。滝ノ原はそれが自分の画像だと明かし、迫っている医学部長選挙までに誰にも知られずに手術したいのだと話した。滝ノ原は、出張だとごまかせる10日以内に手術し退院したいと告げ、直子はとても無理だと思うが、滝ノ原は執刀医次第だと主張した。そして、そこへ池澤雅人(ARATA)が入ってくる。滝ノ原の要請で、アメリカから一時帰国したのだ。

直子と雅人は8年ぶりに再会したが言葉を交わす間もなく、滝ノ原は雅人に執刀を任せ、直子には雅人の助手として手術に加わるように依頼した。友人の病院を極秘に手配したという滝ノ原は、直子と雅人に手術の手順の説明を始めた。

その後、雅人はついに離婚に同意した原田彩(菅野美穂)と会う。やはり8年ぶりに再会したふたりは、付き合っていた頃のような自然な関係に見えた。バッグから離婚届を出して見せた彩は、自分が役所に出しておくと言った。

同じ頃、自宅に戻った直子は、早速、泊まり仕事となる滝ノ原の手術のための準備を終えた。そこへ、恋人の則杉康志(溝端淳平)が帰ってきた。直子は康志に、急きょ地方の病院に10日間の予定で出張することになったとウソをつく。しかし、康志は直子の様子がどこかおかしいと感じる。その日の夜、直子の脳裏には、滝ノ原の病巣の画像とともに、8年ぶりに見た雅人の凛々しい姿がよみがえり…。
~~~~~~~~~~~~~~~~

文句を言いながらも見続け、脱落せずに良かったと思えてくるほど
楽しくなってきました。

自分の胆管がんを極秘裏に手術して、医学部長選挙の対立候補
である霧島教授(佐野史郎さん)に、弱みを見せないようにする
滝ノ原教授(升毅さん)。

何もグロテスクな映像を好き好んで見たい訳ではないのですが、
手術シーンもたっぷりあって、「これも医療ドラマなんだ」と満足度が
アップした気がします。

アメリカで8年間修行してきた池澤雅人(ARATAさん)のカッコ良さと、
同じくその間に成長した森本直子(榮倉奈々さん)の頼もしさが
手術のシーンに表れていました。

原田彩(菅野美穂さん)に、滝ノ原教授の居る病院がバレてしまって
彼女はどういった行動に出るのでしょう。

医学部長選挙での組織内のドロドロとした駆け引き、陰謀、謀略
なんて私の大好物なストーリー展開。

則杉康志(溝端淳平さん)は、直子(榮倉奈々さん)からメールの
返信がなかなか無いくらいで不安になるなよ、と言いたい。

お互いに医者なんだから、何時間も連絡が取れないことくらい
過去にもなかったんでしょうかねえ。

まあ、この先、直子が則杉くんをふって「雅兄ちゃん!」と雅人の
元へ飛び込んでいく展開になるのでしょうが、この回と次の回
くらいは極秘手術や医学部長選挙の話題で楽しめそうです。

▼キャスト(敬称略)
森本直子 - 榮倉奈々
原田彩 - 菅野美穂
池澤雅人 - ARATA
則杉康志 - 溝端淳平
栗山和気 - 市川知宏
頼陽華 - 木村文乃
滝ノ原幸一 - 森廉
細川裕司 - 山崎樹範
白井かな - 西山茉希
森本洋介 - 阿南健治
森本久子 - キムラ緑子
蓑屋進 - 近藤公園
滝ノ原健司 - 升毅
霧島正 - 佐野史郎

▼主題歌
aiko 「ずっと」

  


Posted by じろう at 06:38Comments(0)

DOCTORS(ドクターズ)〜最強の名医〜 第4話の感想

 
2011年11月18日/ TVドラマ
テレビ朝日系で放送された「DOCTORS(ドクターズ)〜最強の名医〜」
第4話の感想など。

DOCTORS 最強の名医

公式サイトからあらすじを引用します。

~引用開始~

ある日、激しい腹痛を訴えた一人の男性・野々村(浅野和之)が搬送されてくる。同じ頃、腹部に痛みを感じる中学生・俊(西山潤)が病院を訪れ、和枝(伊藤蘭)は胆のう炎と診断。二人は同室になるが、野々村がホームレスであることを知った俊の母親は息子を別の部屋に移すよう訴える。しかし、相良(沢村一樹)は「その必要はない」と却下する。

桃井(小野武彦)が野々村の妻に治療費の支払いを求める電話をかけるが、まったく応じる気配はない。森山(高嶋政伸)も相良の患者の受け入れ体制について反発する。
一方、俊は野々村と自分の間に意外な共通点があることを知り、複雑な心境に陥る。二人を同じ病室にすることにこだわった相良の真意とは?

二人の手術の日がやって来た。野々村の執刀医は相良、俊を執刀するのは森山。
はたして手術はうまくいくのだろうか……。

~引用終了~

ストーリーが段々こじんまりしてきて、当初の痛快さが全く失われた
ように感じます。

相良(沢村一樹さん)の凄腕のオペ技術を披露することもなく、患者や
医師たちとの人間関係に気を配るのに腐心して終わってしまいました。

相良は難易度の高い手術をじゃんじゃんやって、病院改革も進む展開
を期待したのですが、そうはならずに残念です。

今回の第4話はいい話ではあったけれど、次への期待感が高まる
面白い展開ではなかったと思います。

次回は、看護師と外科医たちの対立を描くようです。
場合によっては脱落するかも知れません・・・

▼キャスト(敬称略)
相良浩介:沢村一樹
森山卓:高嶋政伸
宮部佐知:比嘉愛未
相原亜美:黒川智花
渋谷翔子:滝沢沙織
高泉賢也:敦士
佐々井圭:正名僕蔵
段原保:尾崎右宗
千住義郎:斉藤陽一郎
田村戸紀子:宮地雅子
吉川みずき:阿南敦子
桃井正一:小野武彦
皆川和枝:伊藤蘭
堂上たまき:野際陽子

▼主題歌
JUJU「Lullaby Of Birdland」

  


Posted by じろう at 06:28Comments(0)