南極大陸 第6話の感想

 
2011年11月21日/ TVドラマ
TBS系列で放送された日曜劇場「南極大陸」第6話の感想など。

日曜劇場 南極大陸

公式サイトよりあらすじを一部引用します。
~~~~~~~~~
倉持自身の夢でもあった南極の高峰・ボツンヌーテンの初登頂を果たすのだが遭難してしまう。無線機も壊れ予定の経路から外れているため、昭和基地からの雪上車による救出は期待できない。そこで倉持は、犬の帰巣本能を信じリキ、タロ、ジロを放つ。

昭和基地では、倉持たちが遭難した場所を絞り込み、鮫島 (寺島進)、内海 (緒形直人) が雪上車で捜索することになった。遭難から4日が過ぎ、食料が底を尽きていることを察知した内海は、ハンドルを握る鮫島の隣で焦り始める。
その頃、倉持・犬塚 (山本裕典)・氷室 (堺雅人) は、食料が尽きて朦朧としていた。

長い南極大陸の厳冬期が終わる頃、日本では越冬隊を迎えにいく 「 宗谷 」 が、第二次観測隊を乗せて南極へ向けて出発した。順調に進んでいるように思えたが、突如ドシンと厚い氷盤に激突する音が船内に響き渡り…。
~~~~~~~~~

前回のサブタイトルは「仲間の死…」でしたが、誰が死んだんだよ~!
樺太犬が1頭、老衰で死にましたが、まさかそのことだったのか。
氷室(堺雅人さん)の回想シーンと、白崎(柴田恭兵さん)が無線機の前で
うなだれるカットで死亡フラグ立てまくりでしたが…。
良い言い方をすれば、次回予告の編集がうまいとも言えますけど。

今回のサブタイトルも「54年前の真相」って、何か関連することが劇中で
描かれていましたか?途中、電話で席を立ったので見逃したのかも。
あまり関連性の無いサブタイトルで惑わさないで下さい。

本編にもどりまして、誰か死んじゃうの?と見守っていたら、
リキ、タロ、ジロの3頭が、雪上車で救出に向かった鮫島(寺島進さん)と
内海(緒形直人さん)に会うことができて、ギリギリ倉持(木村拓哉さん)、
犬塚(山本裕典さん)、氷室(堺雅人さん)を助けられました。
抱きついたり頭をなでたり、急に犬に優しくなった氷室が微笑ましい。

あれだけ補強工事をしていたにも関わらず、宗谷はまたしても氷の海で
孤立してしまいました。そこで、近くに居たアメリカ船に助けを求め、
牽引してもらうことに。

アメリカ船は、宗谷の3倍の馬力?排水量?とのことで、国力の差を
見せ付けられましたね。

それで難を脱して、第一次越冬隊と第二次越冬隊の引継ぎが円滑に
進むかと思いきや、困難に直面します。

天候が悪くなってくるので、今のうちに沖へ脱出したいとアメリカ船が
言ってきたのでした。アメリカ船に牽引してもらえないと、自力では進め
ない宗谷なので、決断を迫られることになりました。

いったんはセスナ機で、昭和基地から第一次越冬隊員らを宗谷へ
移すことができたのですが、アメリカ船と宗谷が沖へ出るとなると、
昭和基地へ戻ることができません。

まだ昭和基地には樺太犬たちが残されたままです。
リキの帰りを、芦田愛菜ちゃんが折り紙を折って待っています(笑)

気象庁の役人で、第二次越冬隊隊長の岩城昌隆(宮沢和史さん)
が絵に書いたような頭の固い役人で、とにかく政府の意向だと
言って融通が利かない男。

岩城は「犬なんて」と一切聞く耳を持たないのでした。
倉持(木村拓哉さん)の、
「あいつらは、南極で一年間一緒に戦ってきた仲間なんです!」
(セリフうろ覚え)と熱のこもった訴えもむなしく・・・

倉持が犬たちの緩んだ首輪をキツく締め直していたシーンや、
ブリザードを耐える犬たちのシーンが印象的でした。

~~~ネタバレ注意報~~~

ああそうか、こういう経緯でボクがかすかに覚えている「南極物語」
へと話が繋がっていくんだなと思いました。
結論としては、犬たちは置き去りにされ、1年後に戻ってきたら
タロとジロは生きていたんですね。

ここまで来たら、ボクは最後まで見届けますよ。
ウチにはビデオリサーチ社の計測機械は無いですが(笑)

▼キャスト(敬称略)
倉持岳志 - 木村拓哉
高岡美雪 - 綾瀬はるか
氷室晴彦 - 堺雅人
犬塚夏男 - 山本裕典
横峰新吉 - 吉沢悠
船木幾蔵 - 岡田義徳
谷健之助 - 志賀廣太郎
嵐山肇 - 川村陽介
山里万平 - ドロンズ石本
鮫島直人 - 寺島進
内海典章 - 緒形直人
星野英太郎 - 香川照之
白崎優 - 柴田恭兵
倉持(旧姓:高岡)ゆかり - 仲間由紀恵
古館遥香 - 芦田愛菜
安藤道雄 - 佐藤隆太
古館 亮 - 井上瑞稀
鮫島純子 - 加藤貴子
鮫島健太 - 佐藤詩音
横峰奈緒美 - さくら
犬塚美津子 - 大野いと
古館智大 - 山本學
古館綾子 - 木村多江
倉持岳志の父 - 渡瀬恒彦
晴夫 - 矢部光祐
岩城 昌隆 - 宮沢和史

▼原案
北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館)

▼主題歌
中島みゆき「荒野より」

  


Posted by じろう at 06:31Comments(2)