妖怪人間ベム(ドラマ) 第6話の感想

 
2011年11月27日/ TVドラマ
日本テレビ系列で放送されたドラマ「妖怪人間ベム」第6話の感想など。

ドラマ 妖怪人間ベム

公式サイトからあらすじを引用します。

~引用開始~

ベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木 福)の本当の姿を知った上で夏目刑事(北村一輝)はベムたちの棲家を訪れていた。
その時、夏目刑事に暴行事件が起きたという連絡が入る。

夏目刑事はその暴行事件の聞き込みの際に大久保という火傷の跡が残る男(田中哲司)に会う。
大久保は5年前に起きた夏目の息子が死亡した爆発事件に巻き込まれた一人だった。

一方、ベラは街で心優しい一人の男性と出会う。
ベラはその男性のことが気になりはじめるようになる。
そんなベラの心の変化に気づいたベムとベロはベラにその気持ちこそが『恋』であると言うが・・・。

~引用終了~

この「妖怪人間ベム」第6話がはじまる前の時間帯に、NHK総合で
「坂の上の雲」総集編・第1部が放送されていたので見ていました。

それを見た後に「妖怪人間ベム」は、落差があまりにも大き過ぎました。
だから、あまり真剣に見られなかったかなあ…。

それにしても、ベラ(杏さん)をアニメ版のキャラに近づけようという
試みには反対しませんが、あんな口の利き方でよく周りの人たちに
受け入れられていますね。

「あんた、~なのかい?」って、失礼だし不自然でしょう(笑)
そんなこと言い始めたら、あの3人の風貌からして不自然だし、
「普段は何をされているのですか?」といった質問を受けないのも
不自然ですが・・・。

さて、ベラは好きになった大久保(田中哲司さん)から最後はハンマー
で殴られましたが、お仕置きをした後は意外とケロっとしていました。

せめて、ベム(亀梨和也さん)やベロ(鈴木福くん)が居ないところで
しおらしく涙を流すなどの演出があっても良かったかな。
あれだと、妖怪には恋心もヘチマもないという印象になってしまうので。

夏目(北村一輝さん)は、名前の無い男(柄本明さん)に付け狙われた
ようですが、あの緑色の液体はまだ浴びていない様子。

あの男、ベム、ベラ、ベロにとって、恐らくは敵対する対象に思われ、
結末に向かってどう3人に絡んでくるのか期待します。

▼キャスト(敬称略)
ベム・・・亀梨和也(KAT-TUN)
ベラ・・・杏
ベロ・・・鈴木福
名前の無い男・・・柄本明
夏目菜穂子・・・堀ちえみ
緒方小春・・・石橋杏奈
夏目優以・・・杉咲花
町村日出子・・・広田レオナ
緒方浩靖・・・あがた森魚
夏目章規・・・北村一輝

▼主題歌
KAT-TUN 「BIRTH」

  


Posted by じろう at 06:37Comments(0)