謎解きはディナーのあとで 第7話の感想

 
2011年11月30日/ TVドラマ
フジテレビ系で放送された「謎解きはディナーのあとで」第7話の感想など。

謎解きはディナーのあとで

公式サイトからあらすじを引用します。
~~~~~
影山(櫻井翔)が部屋に行くと、宝生麗子(北川景子)が妙な形で固まっている。
ギックリ腰になってしまったのだ。
麗子は休むことを風祭京一郎警部(椎名桔平)に報告する。
風祭は事件が起きたとなぜか上機嫌。
何やら警視庁広報課から風祭の密着取材が入っているのだそうだ。

風祭の軽いノリに、麗子は捜査への不安が募る。
麗子は捜査の様子をそっと探ってくるよう影山に頼む。
すると影山は、すでに手は打ってあるとテレビモニターを麗子に見せた。
モニターには風祭たちが映し出される。
広報課の密着取材とは、宝生家の力を使って影山が手配した撮影隊だった。

事件は廃工場の2階を住居に改装した部屋で起きた。
浴室で若い女性の死体が発見されたのだ。
被害者は神岡美紀(桂亜沙美)。
第一発見者は会社の同僚、久保早苗(佐藤めぐみ)。

風祭は死体に目立った外傷がないことから、早々と自然死で片付けようとする。
だが、早苗から美紀が複数の男に貢がせていたことなどから捜査は続行。
また、美紀の部屋から帽子がひとつだけ無くなっていた。

モニターを見ていた麗子は、映像を見るだけの一日ではつまらないと馴染みの帽子屋、
藤咲幸太郎(田山涼成)を呼び寄せた。
帽子を吟味しながらも、麗子はモニターで捜査を観察&推理。
藤咲を交えてのディナーで、麗子は影山に捜査から推測される犯人を挙げるが…

「お嬢様は冗談をおっしゃっているのでございますか?」
影山の毒舌が爆発する!
~~~~~

今回は、影山(櫻井翔さん)と宝生麗子(北川景子さん)が
屋敷から一歩も出ずに事件を解決してしまいましたよ。
さすがに宝生邸へ、風祭警部(椎名桔平さん)を呼ぶわけには
いかなかったようで、犯人の自首という形になりましたが。

映像の入ったSDカード?を運ばせるのに、伝書鳩を使うとは
アナログで不確実な方法ですね。バイク便とか使えばいいのに。

私は、田山涼成さん演ずる帽子屋の藤咲幸太郎が犯人だと
何となく思いました。特に根拠はなかったのですが、
某ドラマでも田山涼成さんが犯人役だったことがあったのを
思い出したというふざけた理由ですけど。

やはり、「警部補 古畑任三郎」などと比べると、トリックが明らか
になっていく過程を楽しむというより、コミカルな部分を楽しむ
方に重点を置いているのでしょうね、このドラマ。

影山が「ウ~ケ~る~」と麗子が使った言葉で反撃したのは少し
面白かったかな。

▼キャスト(敬称略)
影山 - 櫻井翔(嵐)
宝生麗子 - 北川景子
風祭京一郎 - 椎名桔平
並木誠一 - 野間口徹
山繁悟 - 中村靖日
宗森あずみ - 岡本杏理
江尻由香 - 田中こなつ

<ゲスト>
藤咲 孝太郎 - 田山涼成(帽子店「Cloche」主人)
米山 正一 - 塚地武雅(ドランクドラゴン)(「米山自動車整備工場」社長・美紀の住む家の大家)
増渕 信二 - 我修院達也(国立市立大学教授・美紀に貢いでいた男の一人)
安田 孝彦 - 弓削智久(無職・美紀に貢いでいた男の一人)
神岡 美紀 - 桂亜沙美(事件の被害者・アパレルメーカー「Harmony Clothes」勤務)
久保 早苗 - 佐藤めぐみ(美紀の同僚・事件の第一発見者)
藤咲 幸代 - 於保佐代子(藤咲の娘)
美紀の上司 - 矢柴俊博

▼主題歌
・オープニング:倖田來未「Love Me Back」
・エンディング:嵐 「迷宮ラブソング」

  


Posted by じろう at 06:40Comments(0)

私が恋愛できない理由 第7話の感想

 
2011年11月29日/ TVドラマ
フジテレビ系列で放送の「私が恋愛できない理由」第7話の感想など。

私が恋愛できない理由

公式サイトからあらすじを引用します。
~~~~~~~~
藤井恵美(香里奈)は、武居大介(小柳友)が出場していた剣道の試合中、会社で泥酔しているという長谷川優(田中圭)のことが心配になり、会場を飛び出してしまった。
恵美のために優勝すると意気込んでいた武居は、決勝戦まで勝ち進んだものの、惜しくも準優勝だった。
優に対する恵美の強い思いを改めて感じた武居は、彼女に別れようと提案した。
恵美は、そんな武居に何も言うことができなかった。

一方、小倉咲(吉高由里子)は、白石拓海(萩原聖人)が美鈴(稲森いずみ)の夫だと知ってからも、拓海と会い続けていた。常々「不倫はしない」と言っていた咲だったが、自分でも説明がつかない拓海への想いに、戸惑いを感じていた。

半沢真子(大島優子)は、言われもないウワサが広まったせいで派遣契約を切られた上、木崎俊哉(中村竜)との仲を執拗に疑っていた山本正(平岡祐太)からは別れを告げられる。
真子は、得意の料理を作る気になれないほど落ち込んでいた。

恵美たちライティングワークスの面々は、大きなライブの照明を手がけることになった。
今回は、急成長してきたスターライツという照明会社と合同での仕事だという。恵美は、スターライツ側の指名で、チーフを務めることになった。

同じころ、真子には偶然立ち寄った小さなレストランで、ある男性と知り合い…。
~~~~~~~~

うーん、特段ストーリーが面白くて「この次どうなるんだろう」と
期待して見ていないのですが、なぜか毎回見ています。

しかし、武居くんは自意識過剰な男ですな。
「自分が悪いんです」なんて自虐的な言葉を吐いて自分に酔ってる。
今回で出番は最後か…。

おそらく予想では、長谷川優(田中圭さん)と藤井恵美(香里奈さん)
が再び付き合うのでしょう。

おでんにウィンナー。食べたこと無いけど何となく想像できる味。
白石拓海(萩原聖人さん)は小倉咲(吉高由里子さん)と一緒に
居る時は楽しそう。

だけど結局は、妻の美鈴(稲森いずみさん)の元へ白石拓海は
帰るような気がします。

吉高由里子さん、「太陽と海の教室」の頃から注目してました。
このドラマでもいい味出してますね。小倉咲も好きなキャラです。

半沢真子(大島優子さん)の派遣先「Good Order」のお弁当男子、
山本正(平岡祐太さん)がよく分からん男だったなあ。
「噂を広めたのは僕じゃない」とか言ってたけど、恐らく彼でしょう。

半沢真子は、立ち寄ったレストランのイケメン・シェフに惹かれたのか、
彼のレストランのバイト募集に応募する様子。
妹の桃子(剛力彩芽さん)は「お姉ちゃんには料理しかない」と
悪態をついていましたね。

剛力彩芽さん、「大切なことはすべて君が教えてくれた」では
爽やかで好印象な役柄だったけど、「アスコーマーチ」からは
悪役が板についています。

次回もおそらく見ると思います。
次クールからは見るドラマを絞ろう・・・

▼キャスト(敬称略)
藤井 恵美(27) - 香里奈
小倉 咲(24) - 吉高由里子
半沢 真子(22) - 大島優子(AKB48)
長谷川 優(27) - 田中圭
前田 ひかり(24) - 倉科カナ
高橋 健太(21) - 中尾明慶
丸山 ルミ(22) - 加賀美セイラ
木崎 俊哉(34) - 中村竜
半沢 桃子(20) - 剛力彩芽
田村 淳一(45) - 勝村政信
白石 拓海(38) - 萩原聖人
白石 美鈴(39) - 稲森いずみ
小倉 由美子 - 根岸季衣
小倉 すみれ - 松岡恵望子
山本 正 - 平岡祐太
武居 大介 - 小柳友

  


Posted by じろう at 06:39Comments(0)