11人もいる! 第8話の感想

 
2011年12月10日/ 11人もいる!

テレビ朝日系で放送されたドラマ「11人もいる!」第8話の感想ほか

11人もいる!

公式サイトからあらすじを引用します。
~~~
才悟(加藤清史郎)と恵(光浦靖子)以外には見えない、幽霊のメグミ(広末涼子)が家族の一員と認められ、真田家は増えたり減ったりしながらも無事に新年を迎える。
ソアラ(野村麻純)と仲直りした一男(神木隆之介)は、大学進学を決意し、受験勉強に忙しい毎日。才悟(加藤清史郎)も、メグミと話したいという家族に乞われて、通訳に精を出す。

そんな中、実(田辺誠一)が突然、普通の父親のように振る舞い始める。
実は、メグミと恵がママ友のように仲良くしているのは、自分の悪口で盛り上がっているからだと勝手に想像し、非難されない父親になろうと決意したのだ。
だが、まるでかつての一男のような空回りぶりで、家族も困惑するばかり。
そんな実の様子に、メグミは別れの時を覚悟するが…。

そんなある日、ヒロユキ(星野源)が、実が浮気しているのではないかと言い出す。
しかも、相手は妊娠中の女優ではないかというヒロユキ。果たして、その真相とは…!?
~~~

裏番組のジブリ作品「天空の城ラピュタ」とかぶったから、
視聴率的には苦戦したのかなあ。
私はラピュタを何度も見たから「まあいいか」と見ませんでした。
(但しCM時は少しチラ見)

皆さん、何度見ててもまた見るんですね。
ラピュタの最後、滅びの呪文「バルス」をパズーとシータが一緒に
唱える場面の直前で、皆が一斉に「バルス」と書き込んだために
2ちゃんねるのサーバーがダウンしたそうです。

こちらの「11人もいる!」で、ラピュタのパロディネタを仕込んで
おいてくれたら面白かったでしょうに。

さて、ストーリーは、クリスマスにお正月、そして節分も過ぎて、
最後は一男(神木隆之介くん)の入試合格発表まであったから
かなり駆け足に進みましたね。

おお!そう言えば、ついに才悟(加藤清史郎くん)はおっぱいを、
メグミ(広末涼子さん)のおっぱいを触らせてもらえたァあ!
しかも缶蹴りの途中で(笑)

「意外になんてことないね」とメグミの胸を評する才悟。
しかし、才悟との約束を果たしたメグミは真田家から姿を消します。

メグミが居なくなったと皆に言えない才悟(加藤清史郎くん)は、
兄・姉たちから頼まれるメグミとの通訳を、しているフリをします。

かつて「ミス・ヤン男」の最終選考まで残ったこともある三子には、
芸能界デビューについてアドバイスを求められます。
三子いわく、
「私的には真鍋かをりのような売れ方が理想なんだよねー」

四郎には「宇宙人って居る?」と聞かれ、「居る」とテキトーに
答えておく才悟。
ついには、心労からきた胃痛で才悟は倒れてしまいました。

父の実(田辺誠一さん)が浮気をしている、とファミレスで最後の
追い込みの受験勉強をしている一男(神木隆之介くん)に
教えるヒロユキ(星野源さん)。

なぜかファミレスに居たサム(RED RICEさん)に、
「勉強の邪魔をするな」とたしなめられるヒロユキ。

「オートバックスが閉まるといけねえからよ」と新しい彼女を連れ
立ち去ろうとするサムに、
「オートバックスは(夜の)8時までやってますよ」と告げる
ヒロユキに舌打ちするサム。
こういう小ネタ好きだなあ。

後妻の恵(光浦靖子さん)は、実が撮影したと思しき
ダイナミックママ(川村エミコさん)の写真を見つけ、実の浮気を
疑って川越の実家へ才悟(加藤清史郎くん)を連れて家を
出て行ってしまいます。

ダイナミックママの本名は「飛鳥好江」なんですね。
ダイナミック一家の苗字は飛鳥ならダイナミックパパ(皆川猿時さん)
の下の名前は何だろう?

実が撮影の仕事で接点のあった、女優の「有川あすか」と
不倫していると勘違いしたヒロユキ。
ダイナミックママの苗字・飛鳥と、女優の有川あすかと混同して
ワケが分からなくなるくだりなど面白かった。

結局、実(田辺誠一さん)がダイナミックママに一時的に片想い
していたということで、不倫の疑いは晴れます。

恵(光浦靖子さん)は才悟(加藤清史郎くん)と一緒に真田家へ
戻ってきました。そして、霊のメグミ(広末涼子さん)もまた
真田家へ戻ってきた様子。

一男(神木隆之介くん)は、滑り止めで受験した目白学院大が
まさかの不合格。

他にも書き漏らしたことがたくさんありますが、今回も楽しく
拝見しました。

次回の第9話が最終回なんですね。
第10話まであると思っていたので意外でした。
とにかく、次回の最終回を楽しみにしたいと思います。

▼キャスト(敬称略)
真田一男 (18) - 神木隆之介
真田実 (42) - 田辺誠一
真田恵 (38) - 光浦靖子
真田二子 (16) - 有村架純
真田三子 (15) - 金井美樹
真田四郎 (13) - 平岡拓真
真田五月 (12) - 赤石那奈
真田六助 (10) - 福島北斗
真田七男 (10) - 福島海斗
真田才悟 (7) - 加藤清史郎
真田ヒロユキ (33) - 星野源
真田メグミ (享年30) - 広末涼子
鈴木ソアラ - 野村麻純
豊田サム - RED RICE
尾女田 - 小松和重
田所 兎 - きたろう
ダイナミックパパ - 皆川猿時
ダイナミックママ - 川村エミコ

▼主題歌
NICO Touches the Walls「バイシクル」

  


Posted by じろう at 11:25Comments(0)

悪女たちのメス [金曜プレステージ] の感想

 
2011年12月10日/ TVドラマ
フジテレビ系列で放送の金曜プレステージ・特別企画「悪女たちのメス」の感想など。

悪女たちのメス

意外な人が犯人でしたね。以下、ネタバレありなのでご注意。

裏番組にジブリが来ましたよ。「天空の城ラピュタ」が。
ラピュタは何度も見ているので、こちらのドラマを見ることにしました。

しかし、CM中にチラチラとチャンネルを変えて少しは見てました。
そのお陰でラピュタに見入って、こちらに戻り遅れることしばしば。
加えて、トイレに行って戻ったらCMが終わってたことも。

なので集中力に欠けました。
注意散漫になり、あまりドラマを見終えた感慨に浸れませんでした。
見逃して分からなかった点もできてしまったし。

伊波さやか(小松美月さん)の手術映像が入ったDVDをネット
オークションにかけた、オークショニアが誰なのか分からずじまい。

真田拓馬(福士誠治さん)が手術映像をサーバーから削除し、
DVDを持ち去ったのは知ってますが、他の男性医師たちは
どのようにこの事件に関わっていたかも不明。

真田を交通事故死に追いやったのは、正木恵(佐藤江梨子さん)
でいいんですよね。
佐藤江梨子さんのはすっぱと言うか、チャラいキャラが面白かった。

仲間由紀恵さん演ずる桧山冬実は、確かに10年前、事故で
瀕死の青年よりも、要人の手術を優先して希少な血液を
持ち去った冷酷な面もあります。

しかし、基本的には被害者でしたね。
ファブリーズな(笑)姉の桧山夏帆(西田尚美さん)は、伊波さやか
の先輩・望月悠(神永圭佑さん)を殺しちゃうし。

「悪女たちのメス」というタイトルから、桧山冬実(仲間由紀恵さん)
が悪いことをしまくるのかと想像していました。

中原永遠子(瀬戸朝香さん)は、志は良い方向を向いていたけど
手段がえげつなかった。

彼女は、途中まで正義感に燃えた人だと思っていたので伊波さやかの
点滴に薬物を混入して殺害したことなどが意外でした。

彼女が蓮井仁(伊武雅刀さん)から得た報酬の5億円で
奨学基金ができ、医療コーディネーターが援助を受けられるように
なりはしましたけれど。

ドラマ「蜜の味」でライライの役をしている木村文乃さんが、
最後に医療コーディネーター役で少しだけ出てましたね。

結局、蓮井や瀧川一郎(船越英一郎さん)ら黒幕に何ら
お仕置きはなく、いけしゃあしゃあと生き延びたので、何だか
スッキリしない結末でした。

▼主要キャスト(敬称略)
桧山冬実……仲間由紀恵
中原永遠子…瀬戸朝香
正木恵………佐藤江梨子
真田拓馬……福士誠治
日比野信吾…森山栄治
中村真彦……KEIJI(EXILE)
伊波さやか…小松美月
望月悠………神永圭佑
桧山夏帆……西田尚美
蓮井仁………伊武雅刀
瀧川一郎……船越英一郎
医療コーディネーター…木村文乃

▼原作・脚本:秦建日子

  


Posted by じろう at 06:40Comments(0)