坂の上の雲 第3部・最終回(第13話)の感想

 
2011年12月26日/ TVドラマ
NHK総合で放送されたスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部・最終回(第13話)の感想など。

坂の上の雲

最終回・第13回「日本海海戦

公式サイトからあらすじを引用します。
~~~
1905(明治38)年5月27日、巨大な艦影が1艦また1艦と三笠の前に姿を現し、
いよいよ連合艦隊とバルチック艦隊の戦闘が始まった。
連合艦隊は、世界の海軍戦術の常識を打ち破る異様な陣形をとる。
真之(本木雅弘)が水軍の戦術案からつむぎ出した、
艦隊を敵前でターンさせるという捨て身の戦法だ。

東郷(渡哲也)は、「まず敵の将船を破る」という真之の戦術原則のとおりに艦隊を運用。
三笠の砲弾が目標である敵の旗艦「スワロフ」に命中した。
2日間にわたる七段構えの攻撃を受けたロシア艦隊は、主力艦をことごとく撃沈、
自沈、捕獲され、ついに白旗を掲げて降伏。
連合艦隊は、奇跡といわれた歴史的勝利を収める。

そのころ、満州の最前線にいた好古(阿部寛)のもとに母・貞(竹下景子)の
死を伝える電報が届く。
帰国した真之は、この戦争で敵味方ともに数多くの犠牲者を出したことに耐えられず、
その苦しい胸中を妻・季子(石原さとみ)に打ち明けるのだった。

9月5日、ポーツマス日露講和条約調印。
日本の国力は限界に来ていて、ロシアと講和を結んだとはいえ実状はかろうじて
引き分けたというようなものだった。
しかし、国内では新聞が「弱腰の講和」と政府を批判し、
不満をもつ民衆が日比谷焼き打ち事件を起こした。

12月21日、各艦の司令官、艦長らが旗艦「朝日」に来艦。
連合艦隊の解散式が行われ、東郷が真之の書いた「連合艦隊解散の辞」を読み上げる。

戦争終結からしばらく経ったある日、好古と真之が久しぶりに顔を合わせる。
松山の海に船を浮かべ、兄弟で釣りをするふたりの胸に去来する思いとは……。

真之は大正7(1918)年2月4日、満49歳で没した。
最期の言葉は「みなさん、いろいろお世話になりました。これから独りでゆきますから」だった。
好古は陸軍大将で退役したあと、故郷の松山に戻り私立の北予中学の校長をつとめ、
昭和5(1930)年11月、71歳でこの世を去った。
~~~

前回は、しびれを切らして苛立ち、東郷平八郎(渡哲也さん)に
艦隊の移動を進言した秋山真之(本木雅弘さん)。
「対馬沖へバルチック艦隊は来る」と読んで、どーんと構えていた
東郷との対比で真之はいささか短気だった印象。

今回は、真之の考案したいわゆる丁字戦法は、渡辺謙さんのナレーションで
さらっと解説があったのみ。
真之(本木雅弘さん)が図面の上で、この戦法を解説しながら進言する
場面が、少しでいいからあっても良かったのに。。

さて、さすが艦隊戦の映像に迫力があって見応えがありました。
映像技術の進歩はすばらしい。
火と煙を吐く砲、着弾して大破し炎上する艦。
とてもリアルに見えました。

艦隊戦が一番の見せ場、クライマックスなので、その後多少駆け足だった
のにも納得しています。
真之の死も、ナレーションだけで済ませていましたしね。

秋山好古(阿部寛さん)は71歳で亡くなったとのことですが、
昔の人にしては長生きだった方なのかも知れません。

3年に亘って放送された本作。
長かったといえば長かったし、一方で、あっという間に過ぎたようにも
感じた3年でした。時間を置いて、今度は一気に通しで見たく思います。

▼主な出演者(敬称略)
秋山真之…本木雅弘
秋山好古…阿部寛
秋山貞…竹下景子
秋山季子…石原さとみ
秋山多美…松たか子
正岡子規…香川照之
正岡律…菅野美穂
正岡八重…原田美枝子
夏目漱石…小澤征悦
東郷平八郎…渡哲也
加藤友三郎…草刈正雄
伊地知彦次郎…ダンカン
児玉源太郎…高橋英樹
乃木希典…柄本明
山本権兵衛…石坂浩二
小村寿太郎…竹中直人
山県有朋…江守徹

1/35 戦闘車輌 プラキット G20 日本陸軍 28cm榴弾砲 砲兵6体+乃木将軍フィギュア付 【ピットロード】 【玩具】
1/35 戦闘車輌 プラキット G20 日本陸軍 28cm榴弾砲 砲兵6体+乃木将軍フィギュア付 【ピットロード】 【玩具】

ハセガワ 1/350 日本海軍 戦艦 三笠 ”日本海海戦” 秋山真之フィギュア プラモデル 品番40081  
ハセガワ 1/350 日本海軍 戦艦 三笠 ”日本海海戦” 秋山真之フィギュア付き プラモデル(品番40081)


  


Posted by じろう at 06:56Comments(0)

ビートたけしの超常現象SP マル秘Xファイル 感想

 
2011年12月26日/ バラエティ番組
テレビ朝日系列で24日に放送の「ビートたけしの超常現象SP マル秘Xファイル」の感想など。

ビートたけしの超常現象SP マル秘Xファイル
※上の画像は昨年のものです。今年はサイトが更新されてなかった・・・

年々寂れていっている感のあるこの特番。
私も超常現象に関心が薄れてきたので、世間の方々もそうなのでしょうか。
昔はUFOや心霊現象、超能力のTV番組が楽しみで仕方なかったのに。

◆雪男イエティ
結果的には「徳川埋蔵金発掘」の番組みたいな終わり方でした。
何も出てこなかったので。
竹原慎二さんも、めちゃくちゃ寒いロシアまで行ってご苦労さんでしたねぇ。。
あの内容ですと、あまり信用できませんでした。

◆心霊映像、未確認生物、UFO、宇宙人
後ろに、白装束で髪の長い人が映り込んでいた映像が気持ち悪かった。
あんな映像が撮れてしまったら、家に神主さんを呼ぶかも知れません。
“シャドーマン”に“コンパス怪人”は、誰か捕まえて下さいな。
KGBから流出したという、生きた宇宙人の映像が興味深かったです。
ホンモノなのか作り物なのか・・・

◆超能力者リオー・スシャール
自分が実際に体験していないので、何とも言えません。
よく訓練されたマジックなのか、本物の超能力者なのか。
大槻教授もかなり驚いていた様子。

◆旅客機UFO遭遇事件
何かと言うとすぐに「プラズマ」と言い出す大槻教授にはうんざり。
理路整然と、理詰めで説明して「それなら納得」という感じではなく、
反射的かつ感情的に否定する姿勢が感心できない。

◆2012年、火星移住計画
5万人が既に火星に渡っていて、火星にいる恐竜に捕食されて現在は
7千人程度が生き残っているという話は眉唾モノ。
カリフォルニアのどこかに、火星へ瞬間移動できる装置があるらしいけれど
それもかなり怪しい。
歴代のアメリカ大統領が、宇宙人との密約を受け継いできたという話は、
今はもうあまり信じていません。

二人ともお歳を召してきたこともあるでしょうが、大槻教授と韮澤潤一郎氏の
バトルがすっかりおとなしくなってしまって残念。

韮澤氏があまり面白いことを言わなくなったためか、今までの面白発言の
映像をまとめて流していました。
宇宙人の住民票問題に食いつく大槻教授が面白かった。

来年も番組があれば見るつもりです。

◆出演者1 (敬称略)
【司会】ビートたけし
【ゲスト】大竹まこと、トリンドル玲奈、ユージ、秋元才加、竹原慎二、東貴博、濱田マリ、江口ともみ
超能力者リオー・スシャール

◆出演者2 (敬称略)
【否定派】大槻義彦
【肯定派】韮澤潤一郎、竹本良、山口敏太郎、秋山眞人、津島恒夫、ロン薄葉、實吉達郎

  


Posted by じろう at 06:36Comments(0)