ものまねグランプリ~ザ・トーナメント2011 感想

 
2011年12月28日/ ものまね番組
日本テレビ系列で放送された「ものまねグランプリ~ザ・トーナメント2011」の感想など。

ものまねグランプリ ザ・トーナメント

フジ系の「ものまね紅白」よりも、こちらの方がシステムに工夫があり、
時間にムダが出来ないようにされている点を評価します。

たとえば「ご本人登場」。事前に「ご本人が登場します」と宣言しておいて、
最初はモノマネする人が歌い、歌の途中でご本人が歌いながら登場。
同じ歌を2度も聴かされるというクドさが無くていい。

あとは、審査員&会場客の点数付けの時間もコンパクトだし、あまり
審査員にコメントを求めないのも時間の節約で良いと思う。
トリンドル玲奈さんって、一度もコメントしてない気がします。
カットされたか、私が見逃したかも・・・

でも、相変わらずお笑い芸人のネタ見せはあるんですよね。
似せる気がさらさら無いというような。
面白ければいいんですけどね。たとえば、COWCOWの「北の国から」ネタ。
私はドンピシャ世代なので、オチが「純」と分かっていても笑えます。

前回、「ものまねショートSHOW」のコーナーで、審査員のローラさんが、
「自分が知らない」という理由でボタンをすぐに押して、結構似ている
モノマネを終わらせてしまっていてイラつきましたが、
今回はおとなしくしていた様子。

さて、各ブロックで勝ち上がってきた人たちは、順当だなと思ったブロックと、
「ええっ!何であの人?」というブロックがありました。

かつて「ものまね四天王」と言われた、コロッケさん、清水アキラさん、
栗田貫一さん、ビジーフォー(グッチ裕三さん、モト冬樹さん)。
現在でもモノマネ番組に出続けているのは、コロッケさんだけです。多分。

残念ながら、彼のモノマネ芸が人を飽きさせず、絶えず進歩を遂げている
から生き残っているとは言い難い。
昨夜のネタも、最初は森進一さん(御本人登場)、決勝戦のネタは
もはやモノマネとは言えませんでした。単なる変顔芸です。

なのに、決勝戦9組の中の第3位にランクされたのは納得できません。
新しくて似ているモノマネを開発できないならば、コロッケさんは
モノマネ番組からは引退した方がいいのではないでしょうか。
他の「ものまね四天王」のように。

旬のネタ、しかも、かなり似ているモノマネを繰り出す人たちがこれだけ
出てきている中で、コロッケさんはかなりかすんで見えます。
これ以上醜態をさらすのは止めた方が良いような気が・・・

その、旬なものまねを見せてくれる人の中で、昨夜は「ものまね三姉妹」
がとても良かったと思います。とりわけ福田彩乃さん。
ローラさんのモノマネ、吉高由里子さんのモノマネ、そして、
ドラマ「JIN 仁」に出てくる綾瀬はるかさんのモノマネが秀逸。

優勝した原口あきまささんのモノマネは、どれも似ていて好きです。
ただ、決勝戦で見せたネタは、DJという設定で、レコード盤をまわす
たびにモノマネする人を変えていましたが、その間隔が短すぎたので、
もう少し長めに、ひとりひとりのモノマネが見たかった気がしました。

なので、私の中の優勝は「ものまね三姉妹」です。

博多華丸さん、児玉清さんのモノマネやればいいのに。
残念ながら、児玉清さんは他界されましたが、青木隆治さんがモノマネする
美空ひばりさんだってとっくの昔に故人なのですから。

さすがに4時間は、見ているだけでも疲れました。

▼出演者(敬称略)
【司会】ネプチューン、西尾由佳理

【審査員】関根勤、勝俣州和、つんく♂、つるの剛士、森公美子、島崎和歌子、鈴木亜美、SHELLY、トリンドル玲奈、ローラ

【ものまね】
コロッケ、青木隆治、原口あきまさ、荒牧陽子、はるな愛、イジリー岡田、中川家、山寺宏一、大橋光、サンドウィッチマン、 COWCOW、KABA.ちゃん、よっぴ、神田麻衣、神奈月、ベイダー、キングオブコメディ、トレンディエンジェル、ザ、たっち、 デッカチャン、ホリ、ジェームス、しずる、翔子、Gたかし、西尾夕紀、ダイナソウルス、ダイノジ、TAKASHI、高田紗千子、 木村泰三、ぬまっち、なだぎ武、ツートン青木、サバンナ、椿鬼奴、ノブ&フッキー、述本英祥、アナログタロウ、松野裕樹、 博多華丸・大吉、おかもとまり、ふじきイェイ!イェイ!、まりもちゃん、中村素也、高坂勇輝、市川こくいち、花香芳秋、Rie、 篠崎愛、永作あいり、バンドー太郎、民秋、ダンサンブル朝倉、平井俊輔、福田彩乃、谷川勇治、山田ひろあき、遠藤勇樹、 河口こうへい、八代優、小島よしお、はなわ

  


Posted by じろう at 06:38Comments(4)