絶対に笑ってはいけないエアポート24時 感想

 
2012年01月01日/ バラエティ番組
日本テレビ系列で放送の「絶対に笑ってはいけないエアポート24時」を見た感想ほか。

絶対に笑ってはいけないエアポート24時

大晦日は、フジ系の「ものまね紅白」を見るつもりでした。
理由は、前回の「笑ってはいけないスパイ」がイマイチだったからです。

しかし、「ものまね紅白」からチラチラとチャンネルを変えているうちに、
ほぼ8割方「絶対に笑ってはいけないエアポート24時」を見ていました。

今回は「スパイ」よりも面白かったんじゃないかなと私は思います。
フォーマットはだいたい同じですけどね。
通勤バスの中のトラップとか、待機室にある机の引き出しトラップとか。

恒例の”蝶野ビンタ”も、マンネリ企画とは言え、なぜか面白かった。
山ちゃんこと山崎邦正さんの、蝶野さん登場時のあのめちゃくちゃイヤそうな
顔がまず笑えたし、名前を聞かれると、悪あがきで「今崎ホセ」と答える
あたりが最高(笑)

逆に苦言を呈したいのが、芸人仲間の暴露合戦。
芸人さんたちが色んな職業のコスプレをして、ゲーム参加者の恥ずかしい
話を暴露していくコーナー。

しまいにはゲーム参加者(ダウンタウン、ココリコ、山崎邦正さん)ではなく、
その場にいる芸人の恥ずかしい話も暴露しはじめます。

イニシャルでプロテクトがかかっていて、誰のことを言っているのか不明な
話の場合、その場にいた彼らは面白いかも知れませんが、
我々一般視聴者はポカーンとするだけ。
内輪だけで盛り上がるのは、どこか別でやって欲しい。

さて、今回は松ちゃんこと松本人志さんが膝を怪我しているとのことで、
階段を上り下りするのが出来ない模様。
そこで、1階にあるトイレに行けないから、携帯用トイレに小用をする
くだりで、「隣の部屋でして来い」という他のメンバーと、「この部屋でしたい」
という松ちゃんのやり取りが面白かった。

あとは、クイズ対戦のコーナーもなかなか。
「タイキック」はクイズの結果に関係ないし、「古今東西お股にもんまり」
もバカバカしくて笑えました。

最もバカらしくてベタだったけど、労働組合ともめるという設定の対決コーナー
に大笑いして腹が痛かったですね。

まわる洗濯機の中でラーメン、うどん、そして、上島竜兵さんのお尻に火、
液状のろうそくをかぶるフットボールアワーの岩尾さん、
熱々の皿うどんを素手で食べようと熱がる原西さん、みな面白かった。
そうだ、お尻の穴からスプレー缶で酸素を入れて腕相撲もあった。

前回(笑ってはいけないスパイ)よりもスッキリさせた感じがして、
シンプルに面白かったように思います。

  


Posted by じろう at 16:05Comments(0)