大河ドラマ 平清盛 第1話の感想

 
2012年01月09日/ TVドラマ
NHK総合で放送された大河ドラマ「平清盛」第1話の感想など。

大河ドラマ 平清盛

新しい大河ドラマがはじまりましたね。
初回拡大版という手法、民放、NHKを問わず採り入れられていますが、
民放の10話前後で終わるドラマと違って、大河ドラマは1年間やるのだから
そこまでガツガツしなくていいのに。

それはさておき、第1話を楽しく拝見しました。

冒頭は、寺の建立現場に立ち会っていた源頼朝(岡田将生さん)の元へ、
北条政子(杏さん)が、壇ノ浦で平氏滅亡の一報をもたらす場面からスタート。
ベラじゃない杏さんだぁ(笑)

事実はともかく、清盛は白河法皇(伊東四朗さん)の落胤という設定。
生母は白拍子と言われた身分の低い遊女で、名は舞子(吹石一恵さん)。

白河法皇の養女で、鳥羽天皇(三上博史さん)の妻・ 璋子(檀れいさん)
が病気に罹り、陰陽師の見立てでは舞子が原因とのこと。

源為義(小日向文世さん)に命じて舞子を探させますが、その前に
平忠盛(中井貴一さん)が舞子を保護。
舞子は白河法皇の子を身篭っており、平忠盛の邸宅で出産します。
その産まれた子が平太、のちの平清盛(松山ケンイチさん)です。

しばらくは平忠盛の家で匿われていましたが、川で洗濯中に源為義に
見つかり、捕まって宮中に差し出された模様。

禁裏に赴いた平忠盛は、母子の助命嘆願をします。
璋子が病気から回復したこともあり、祇園女御(松田聖子さん)からも
同様の懇願をされた白河法皇は「ならぬ!」と一蹴。

「それでは、陰陽師の戯言を真に受けた私が馬鹿みたいではないか」
のようなことを仰せになり、体面を気にする白河法皇。

これ以上、平忠盛(中井貴一さん)に迷惑を掛けられないと思ったのか、
舞子(吹石一恵さん)は刃物を取り出すと、守衛の兵から矢を放たれ
華々しく散りました。

このシーンも含め、吹石一恵さんの熱演が良かったなあ。
あと、天皇家のことを「王家」と言っていたのが新鮮でした。

第1話は、この先が楽しみだと期待が持てる展開だったと思います。
脚本家が女性の方なのが少し気になりますが、昨年の「江」は忘れて(笑)、
こちらの脚本家の先生は面白い話にしてくれると期待しています!

▼主なキャスト(敬称略)
平清盛…松山ケンイチ
(平太…前田旺志郎)
平忠盛…中井貴一
平正盛…中村敦夫
平忠正…豊原功補
平次…大東駿介(幼少期:藤本哉汰)
平頼盛…西島隆弘
宗子…和久井映見
平家貞…中村梅雀
平盛康…佐戸井けん太
伊藤忠清…藤本隆宏
平維綱…尾美としのり
源為義…小日向文世
鎌田通清…金田明夫
源頼朝…岡田将生
政子…杏
白河法皇…伊東四朗
鳥羽天皇…三上博史
舞子…吹石一恵
祇園女御…松田聖子
璋子…檀れい
堀河局…りょう
藤原忠実…國村隼
藤原忠通…堀部圭亮
藤原長実…国広富之

  


Posted by じろう at 06:39Comments(0)