ダーティ・ママ! 第2話の感想

 
2012年01月19日/ ダーティ・ママ!
日本テレビ系列で放送された「ダーティ・ママ!」第2話の感想ほか。

ダーティ・ママ!

以下、公式サイトからあらすじを引用。

強盗未遂事件の真相を暴くため、ワールドマネージャパン社長の
三宅を張り込んでいた高子(永作博美)と葵(香里奈)だったが、
なんと二人の目の前に、三宅が転落してきた。

高子は橋蔵を葵に預けると、三宅の部屋を捜索しに向かう。
騒然とする現場で、事件の生々しさによる吐き気と戦う葵の姿を見て、
深沢(八嶋智人)、白戸(安田顕)、大野(佐藤二朗)の3人は、
葵が辞めていないことに驚きと困惑を隠せずにいた。

三宅の次は幸代が狙われるかもしれないと考えた高子は、
交番勤務の卓也(上地雄輔)に幸代のアパートを警護するように命じるが、
卓也と合流した途端、二人は怪しい2人組に襲撃される……!!

なんとか助かったが、刑事という仕事の危険さを痛感した卓也は、
翌朝辛そうにしている葵を見て、なんといきなりプロポーズ!
取り乱した葵は、いったん返事を保留にしてしまうが、
高子に散々な目に合わされながらも、しみじみと喜びに浸っていた。

一方高子は幸代を監視するために、またしても“ダーティ”な手法を駆使。
勝手に警護につけていた制服警察官を組織によって外されてしまい、
その隙を突いた犯人が、幸代の息子・太一を誘拐する。

時間の無い切迫した状況を打開するべく、
高子のとんでもない破天荒捜査が始まる……!!


オープニングの映像と主題歌がカッコ良い。
あとは何を褒めたらいいのかなあ(笑)

第2話は第1話からの続きです。
FX会社を隠れ蓑に、外国人犯罪グループが主婦からお金を騙し取っていた。
連中はその証拠を握っている幸代(西田尚美さん)から証拠を奪うため、
彼女の息子・太一を誘拐、ワールドフェス会場での大捕物帳となりました。

外国人犯罪グループが、どのような手法で主婦たちから巻き上げたお金を
マネーロンダリングしていたか等までは突っ込んで描かれませんが、
この作風に理屈っぽい話は野暮のようで…。

ワールドフェス会場で大暴れしたことから、葵(香里奈さん)は
高子(永作博美さん)から「ラッセル」とあだ名を付けられます。
ラッセル式除雪機関車から名付けた模様。

恋人の葵が、憧れの刑事に抜擢されて面白くない、普通の警官である
佐々木卓也(上地雄輔さん)。
次回からは、いろいろあって卓也も高子の助手として刑事に採り立て
られた様子。

家族揃って、お菓子でも食べながらワイワイ見る分には楽しいでしょう。
でも、私はひとりガッツリ画面を見入っているので、つらくなってきました。
この辺りで、ドロンさせていただくかも知れません。

▼主な出演者(敬称略)
丸岡 高子…永作博美
長嶋 葵…香里奈
佐々木 卓也…上地雄輔
大野 道夫…佐藤二朗
赤石 平介…野間口徹
原 正春…林泰文
ムツミ…加藤虎ノ介
凛々…福本幸子
丸岡 橋蔵…池田翼、池田彗
白戸 一郎…安田顕
深沢 保…八嶋智人

▼原作
秦建日子「ダーティ・ママ!」「ダーティ・ママ、ハリウッドへ行く!」(河出書房新社)

▼音楽
主題歌 - BONNIE PINK「冷たい雨」(ワーナーミュージック・ジャパン)
挿入歌 - JAMOSA feat.ナオト・インティライミ「トリステーザ」(rhythm zone)

  


Posted by じろう at 06:39Comments(0)