ラッキーセブン 第3話の感想

 
2012年01月31日/ TVドラマ
フジテレビ系列で放送されたドラマ「ラッキーセブン」第3話の感想など。

ラッキーセブン

私は「家政婦のミタ」が好きで全話見たので、松嶋菜々子さんが
この「ラッキーセブン」に出演と聞いただけでも嬉しく思いました。

しかし、出演シーンは少ないし、セリフもほんの少し。
これなら角野卓造さん演ずる事務長?の筑紫昌義が社長役でも
いいような気が…。

いや、この先何かきっとストーリーに大きく関係してきて出演場面や
セリフも増えるはず、と期待しています。
角野卓造さんも「お父様の件で」と何やら藤崎瞳子(松嶋菜々子さん)
に言っていましたので。

まあ、彼女は主役ではないし、視聴者側が期待過多になって
いるのかも知れません。私だけかな。

さて、今回の話はおおよそ以下の感じでしょうか。

別れた夫が借金を残して逃げ、連帯保証人になっていた妻の
岡本紗江(紺野まひるさん)は、両親の残してくれた実家を競売に
かけられそうになっています。

そこで岡本紗江は、複数の男たちにお金を貢がせて借金を返済し、
実家の競売を阻止しようと企てます。

その男たちのうちの一人、箕輪和則(東根作寿英さん)は、彼女を
結婚詐欺で自分の母親が訴えようとしているので何とかして欲しいと、
北品川ラッキー探偵社に依頼に来ます。

岡本紗江が結婚詐欺までして金策に日々奔走しているため、
娘の弥生は一人きりになりがちで寂しい状況。
誕生日に一緒に行くはずだった遊園地も、時多駿太郎(松本潤さん)
に弥生を連れて行かせます。

母・紗江(紺野まひるさん)の携帯電話をこっそり操作し、箕輪と会う
約束を取り付けて、弥生は母が箕輪から詐取した500万円を返しました。
それで警察への訴えが取り下げられた模様。

弥生は「10年後の私へ」と題した作文に、
「家もいらない、(実家の庭の)桜もいらない」と綴り、その先には、
そんなモノよりも、母親との時間を大切にしたいといった旨のことを
書いていました。(ウロ覚え)

それを読んだ紗江は涙します。

この回は時多駿太郎(松本潤さん)が主役でしたね。
普通にほろっとさせられる話でした。
ただ、借金を抱えた状況には同情しますが、返済手段がよろしくない。
結婚詐欺には賛同しかねます。当たり前か…。

終り際に、新田輝(瑛太さん)が料亭から出てくる人物を撮影して
いたので、次回の話につながる何かでしょう。
今度は新田が主役のストーリーかなあ。

▼主な出演者(敬称略)
時多 駿太郎…松本潤(嵐)
新田 輝…瑛太
水野飛鳥…仲里依紗
旭 淳平…大泉洋
茅野 メイ…入来茉里
筑紫 昌義…角野卓造
藤崎 瞳子…松嶋菜々子
桐原 由貴…吹石一恵
後藤 将司…金田明夫
時多 孝次郎…小山慶一郎(NEWS)
時多 翔太…後藤奏佑人(子役)
時多 百合子…岡江久美子
真壁 リュウ…谷原章介

岡本 紗江…紺野まひる
岡本 弥生…畠山紬
箕輪 和則…東根作寿英

▼主題歌
嵐「ワイルド アット ハート」(ジェイ・ストーム)

  


Posted by じろう at 06:31Comments(1)