ラッキーセブン 第7話の感想

 
2012年02月28日/ TVドラマ

フジテレビ系列で放送されたドラマ「ラッキーセブン」第7話の感想など


ラッキーセブン 第7話

新田(瑛太さん)が居なくなって寂しいものの、今回のストーリーは
なかなか良かったと思いました。

おばあさん・トメ役の水野久美さんをドラマで拝見するのは久し振り
ですが、良いおばあさん役でした。

トメの幽霊が出るから確かめて欲しいという突拍子も無い依頼に、
ラッキー探偵社の面々も、一度は呆れて断ってしまいます。

そこへ旭淳平(大泉洋さん)と千崎陽子(中越典子さん)の出会いが
良い具合に絡んでいました。

千崎陽子(中越典子さん)は、見た目こそスチュワーデス、もとい、
キャビンアテンダント(CA)のような格好をしていますが、
LF(The Lost and Found)という、空港や飛行機内での遺失物を探す
仕事をしています。

大事なものを失くしてしまったお客さんのモノを、必死に探す彼女の
仕事に取り組む姿勢にちょっと感動。
ついでに、中越典子さんもいいなあと思ってしまった(照)

そんな千崎陽子(中越典子さん)の仕事ぶりを聞いた旭淳平(大泉洋さん)
は、何かしら感じ取るものがあったようで…。

社長の瞳子(松嶋菜々子さん)も、トメ(水野久美さん)の依頼を引き受け、
旭淳平も貯金をおろして、自腹で「着手金です」と筑紫(角野卓造さん)に
いくらか入った封筒を渡しました。

駿太郎(松本潤さん)は駿太郎で、トメのことが気になっていたようで、
母親(岡江久美子さん)に「今でも父さんを思い出すことある?」と
尋ねていました。
そう言いながら、自分も亡父のことを思い出していたんでしょうね。

駿太郎(松本潤さん)も活躍したけど、今回は旭淳平(大泉洋さん)が
主役でした。千崎陽子(中越典子さん)も良かったし。

淳平が空港で、北品川署の刑事・桐原由貴(吹石一恵さん)と会うと、
「これからデートなんです」と、いつも桐原に袖にされているのを見返す
ように言っていたのが可笑しかった。

トメさんの通帳、いくら入っていたんだろう。
せっかくのいい話に、下世話なことを言ったら台無しになりますね(汗)

最後の場面の、瞳子(松嶋菜々子さん)の父親の件が、今後の展開の
前フリになっていると思いますが、新田(瑛太さん)の復帰とあわせて
期待したいと思います。

ラッキーセブン 第7話 あらすじ (Yahoo! テレビ より)

自分の元に現れる幽霊が死んだ恋人かどうか確認してほしいと、
トメ(水野久美)という老女から依頼が入った。
しかし、筑紫昌義(角野卓造)から請け負えないと断られてしまう。
寂しそうに事務所を後にするトメの姿を見た時多駿太郎(松本潤)は心が痛む。

そんな折、旭淳平(大泉洋)が友人から紹介された千崎陽子(中越典子)と
お見合いをすることに。
陽子は航空関係の仕事をしているということで、淳平は見栄を張って
自分は弁護士だと嘘をつく。

その様子をこっそり監視していた駿太郎と水野飛鳥(仲里依紗)はあきれる。
すると、陽子が自分は航空関係の探偵、つまり、乗客の忘れ物を探す
遺失物係だと言った。

数日後、陽子を呼び出した淳平は、嘘をついたことを謝罪し、本当は探偵だと
明かした。
陽子は、自分と同じだ、と打ち解けた様子で仕事への思いを語り始める。
それを聞いた淳平は、トメのことを思い出す。

淳平が事務所に戻ると、藤崎瞳子(松嶋菜々子)がトメの件の報告を受けた
と言った。
引き受けることにしたのか、と尋ねる駿太郎に瞳子は、恋人の幽霊を信じる
トメに幽霊はいないと告げるのは酷だろうと答える。

その後、自宅に戻った駿太郎は、母・百合子(岡江久美子)に亡くなった夫を
思い出すことがあるかと聞いた。
百合子は、思い出しても戻って来るはずはないが、やはり思い出すと答える。
駿太郎はトメのことを考え…。


▼主な出演者(敬称略)
時多 駿太郎…松本潤(嵐)
新田 輝…瑛太
水野飛鳥…仲里依紗
旭 淳平…大泉洋
茅野 メイ…入来茉里
筑紫 昌義…角野卓造
藤崎 瞳子…松嶋菜々子
桐原 由貴…吹石一恵
後藤 将司…金田明夫
時多 孝次郎…小山慶一郎(NEWS)
時多 翔太…後藤奏佑人(子役)
時多 百合子…岡江久美子
真壁 リュウ…谷原章介

▼主題歌
嵐「ワイルド アット ハート」(ジェイ・ストーム)

  


Posted by じろう at 06:38Comments(1)