ラッキーセブン 第8話の感想

 
2012年03月06日/ TVドラマ

フジテレビ系列で放送されたドラマ「ラッキーセブン」第8話の感想など


ラッキーセブン 第8話

前回、旭淳平(大泉洋さん)がお見合いした、空港の遺失物係の
仕事をしている千崎陽子(中越典子さん)との交際は、淳平いわく
「もう彼女とは終わった」とのこと。

2人の仲が微笑ましかっただけに、なんだか面白くない。
千崎陽子の出演シーンはなくてもいいので、
淳平が「今度、○○へ一緒に行くことになった」と言って、交際がまだ
続いているかのように匂わせておいても良かったのでは?

あと、飛鳥(仲里依紗さん)のプロポーズ話は必要だったのか疑問。
私は頭が弱いので、何が言いたかったのかよく分かりませんでした。
代議士と付き合っている飯塚月子(釈由美子さん)と対比させた
かったのでしょうか。

結局、飛鳥(仲里依紗さん)は、元カレのアメリカ・ワシントンへの
転勤にはついていかず、探偵社を選んだので、仲間を大切に
思っているという意味合いなのかなあ。

もっと代議士と飯塚月子(釈由美子さん)の事件に絞って描いた方が
良かったように思います。
駿太郎(松本潤さん)が繰り出した回し蹴りのアクションも、勿体ない
印象に映りました。

代議士の企みが、ささーっと流されてしまって爽快感に欠けました。
やっぱり、政治家なんて自分が一番大事で、私腹を肥やすことしか
考えていないんだ、と強調された末に、懲らしめられれば痛快だった
と思います。

社長の瞳子(松嶋菜々子さん)の父親の話は、謎を匂わすだけ
匂わせて引っ張り過ぎな感があります。飽きてきました。

最後に新田(瑛太さん)を出してきて、父親の話と絡めるのでしょ、
などと、ある程度先が読めてしまうのが残念。

不満タラタラですみません。
最後まで見届けるつもりです。

ラッキーセブン 第8話 あらすじ (Yahoo! テレビ より)

時多駿太郎(松本潤)と水野飛鳥(仲里依紗)は、ある会社からの依頼で
不良社員の男を尾行調査していた。
男の顔には特徴的なホクロがあり、それを目印に追っていた。

しかし、飛鳥が気を抜いた瞬間、男はマスクをして人込みに紛れてしまう。
飛鳥は必死に男を捜すが見当たらない。
それどころか、自分を調査しているのか、と逆に男に声をかけられてしまう。

後日、筑紫昌義(角野卓造)は、依頼人に謝罪するが納得してもらえず、
調査は中止となった。筑紫は飛鳥に、調査の基本に立ち返るようにと注意し、
飛鳥も神妙な面持ちで聞いた。

そんな折、飛鳥の携帯に元カレの誠(細田よしひこ)からメールが届く。
飛鳥は迷いながらも誠に連絡を取り、2人は食事をすることに。
落ち込んでいる自分にさりげなく接してくれる誠。
自分を理解してくれていることが、飛鳥には嬉しかった。

やがて、話が誠の仕事のことになると、誠はアメリカにある本社に異動が
決まったと明かし、飛鳥についてこないか、と誘った。
翌朝、浮かれて出社した飛鳥を、旭淳平(大泉洋)らは不審に思う。

そこへ、高級クラブの女性・飯塚月子(釈由美子)から自宅の盗聴器を
見つけてほしいという依頼が入った。
駿太郎と飛鳥が月子宅に向かい、盗聴器を発見。
月子は最近、大物代議士の熱愛相手として新聞に記事が載ったが、
その内容から部屋が盗聴されているのでは、と疑ったという。

▼主な出演者(敬称略)
時多 駿太郎…松本潤(嵐)
新田 輝…瑛太
水野飛鳥…仲里依紗
旭 淳平…大泉洋
茅野 メイ…入来茉里
筑紫 昌義…角野卓造
藤崎 瞳子…松嶋菜々子
桐原 由貴…吹石一恵
後藤 将司…金田明夫
時多 孝次郎…小山慶一郎(NEWS)
時多 翔太…後藤奏佑人(子役)
時多 百合子…岡江久美子
真壁 リュウ…谷原章介

▼主題歌
嵐「ワイルド アット ハート」(ジェイ・ストーム)

  


Posted by じろう at 06:36Comments(1)