ダーティ・ママ! 第9話の感想

 
2012年03月08日/ ダーティ・ママ!

日本テレビ系列で放送された「ダーティ・ママ!」第9話の感想ほか


ダーティ・ママ! 第9話

いつでも脱落OK!と思っていたのに、この第9話まで見続けましたぁ。
ここまで来たら、次回は最終回なので見る予定です。

この第9話は、今までの話の中で一番お気に入りのような気がします。
コミカルな場面は可笑しかったし、しんみりする場面も良かった。

「プランB」発動って、ならば「プランA」もあるのでしょうか(笑)
マルコー=丸岡高子(永作博美さん)の、稚拙な謀略に引っ掛った白戸
(安田顕さん)は、逆に縛り上げられ、顔に落書きされて笑えました。

週刊誌記者の村上(板谷由夏さん)は、高子(永作博美さん)の違法捜査
を記事に書いて世間の注目を浴びます。

この記事によって、高子はあることないこと、ネット掲示板「4ちゃんねる」
に誹謗中傷の書き込みをされることに。

記者の村上は、さらに高子を吊るし上げようと、高子の違法捜査の被害に
遭った人間の友人と称する男と接触。

村上に「本人に会わせる」と男は言って廃墟となった病院跡に連れ込むと、
友人というのは作り話で、当のこの男が、6年前、高子(永作博美さん)に
逮捕された放火犯なのでした。

この男、6年前には、高子に全裸で逆さ吊りにされたあげく水をかけられ、
恨みを持っているとのこと。

村上(板谷由夏さん)を脅して縛り上げ、高子(永作博美さん)のことを
もっと悪く記事に書けと脅迫する放火魔。

6年前の放火事件から、男の次なるターゲットは、三田記念病院跡である
と勘が働いた高子は、卓也(上地雄輔さん)を現地に向かわせます。

遅れて到着した高子(永作博美さん)は、拳銃を発砲しまくって放火魔を
取り押さえます。高子は、誰にも弾が当たらないように配慮していた
らしいのですが。

過去の回想場面で、チリチリ頭じゃない、普通の髪型の高子が出てきて、
普通の髪型の方が可愛らしいと思ってしまいました。。
あのチリチリヘアーはかつらなんでしょうね。

ラッセル=葵(香里奈さん)は、高子が極秘任務と称する命令を実行
していました。

その実体は、食堂のおばちゃんからコーヒー豆を受け取り、それを
ボイラー室のおじさんに渡してキャビアを受け取り、最後はムツミ
(加藤虎ノ介さん)の店に持って行くというもの。

葵(香里奈さん)が妊娠初期ということで、高子なりに彼女を捜査から
遠ざける配慮をしたらしい。

高子は、ムツミの店に居た葵と橋蔵と合流し、キャビアをふんだんに
使った丼ものを食べていると、香山靖子(かたせ梨乃さん)が弁護士を
引き連れてやってきました。

どうやら裁判所の決定で、橋蔵の親権を取り上げられてしまった様子。
橋蔵を渡そうとしない高子(永作博美さん)を「誘拐犯」と罵り、橋蔵を
連れ去った香山靖子でした。

逮捕した放火魔のパソコンから、FX会社「ワールドマネージャパン」の
裏帳簿が出てきて…。

橋蔵の父親とは誰なのか、また「ワールドマネージャパン」の事件には
まだ続きがあったことなど、気になることが多く残されており、
最終回が楽しみです。

ダーティ・ママ! 第9話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

高子(永作博美)の違法捜査が週刊誌にスクープされた!

次に記事が出たら免職だと告げられる高子に対し、葵(香里奈)や深沢
(八嶋智人)たち刑事課の一同は「プランB」を発動して高子を縛り上げる。

一方、記事を書いた玲子(板谷由夏)は高子の過去の違法捜査を追い、
事件に巻き込まれていた…!!

プロの刑事VSプロの記者!女の戦いが、今、始まる!!

▼主な出演者(敬称略)
丸岡 高子…永作博美/長嶋 葵…香里奈/佐々木 卓也…上地雄輔/大野 道夫…佐藤二朗/赤石 平介…野間口徹/原 正春…林泰文/ムツミ…加藤虎ノ介/凛々…福本幸子/丸岡 橋蔵…池田翼、池田彗/白戸 一郎…安田顕/深沢 保…八嶋智人/香山 靖子…かたせ梨乃

▼原作
秦建日子「ダーティ・ママ!」「ダーティ・ママ、ハリウッドへ行く!」(河出書房新社)

▼音楽
主題歌 - BONNIE PINK「冷たい雨」(ワーナーミュージック・ジャパン)
挿入歌 - JAMOSA feat.ナオト・インティライミ「トリステーザ」(rhythm zone)

  


Posted by じろう at 06:38Comments(0)