恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方〜 最終回(第10話)の感想

 
2012年03月24日/ TVドラマ

TBS系列で放送の「恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方〜」最終回(第10話)の感想など

恋愛ニート 忘れた恋のはじめ方 最終回 第10話

「忘れた恋のはじめ方」の著者・ゆあんは、おおよそ雨宮社長(室井滋さん)
だろうなあと思っていたらその通りでした。
しかし、別れたダンナ(草刈正雄さん)が、ノンフィクション作家だったとは。

何らかの形で菜々子(りょう さん)は、多田(田中裕二さん)を受け入れる
のだろうなと思ったら、このトークショーがきっかけでした。
りょう さんは近年ドラマで大活躍ですね。大河ドラマにも出てますし。

渡辺美帆(市川実日子さん)は、別れた夫からの慰謝料を自ら辞退しました。
やはり、他人に依存し続ける人生もなんだか嫌だし、そうした方が賢明
だと思います。何か別の生きがいを見つける方が建設的。
それがグルメ記者で合っているかどうかはともかく…。

松本直哉(佐々木蔵之介さん)は、富山に帰るとか言って引越の準備を
はじめたので、普通の会社員ならともかく、歯科クリニックのお姉さん
たちの雇用はどうなるんだよ、と思っていたら、一時的な帰郷でした。
一時的な帰郷で、CDの整理とか紛らわしいことしないでよ(笑)

いつも出てくる中華料理店が、凛の妹・結衣(本田翼さん)の彼氏の実家
であると判明。「~っす」がクチグセの彼氏は、あんな言葉使いでよく
クレームが出ないものです。

槙野駿平(永山絢斗さん)は、パティシエの修行をしていたんですね。
それで、木下凛(仲間由紀恵さん)に差し入れたシュークリームの
形や大きさが不揃いだったんだ。
フラフラしていた彼も、生きる方向が定まって良かったじゃないですか。

結局最後は、またも直哉(佐々木蔵之介さん)と凛(仲間由紀恵さん)の
言い争いになり、そのまま終幕。
指輪入れにしか見えない箱に、小さな木彫りのシーサーって、どんな
みやげ物のセンスしてるんだ、直哉は。

まあ、とにかく、過日最終回を迎えた某ドラマの主演二人の言い合い
の面白さには、凛と直哉は遠く及びませんでしたけどね;

晩婚化、非婚化の現代社会に何か一石を投じたいという意図があった
のでしょうが、残念ながら中途半端な印象。
だけど、出演者やスタッフの皆さんにはお疲れ様と言いたい。
全く面白くなかったわけではないので。

仲間由紀恵さんは、「トリック」の新作に次は出演してもらいたく思います。
劇場版でもいいので「トリック」の新作をぜひ、堤幸彦監督お願いします。
トリックファンの戯言でした…。

恋愛ニート 最終回(第10話) あらすじ(公式サイトより)

凛は松本に別れを告げ、これからは結衣と樹を一番に考えて
生きていく決意をする。
失恋の痛手を忘れようとするかのように、「忘れた恋のはじめ方」
著者ゆあんのトークショーの準備に精を出す。

一方、松本は、母親の具合が悪くなったため富山に戻る荷造りを
始めるのだった。

その頃、菜々子の体を気遣い、高級食材をちょくちょく買ってくる
美帆を訝しく思った菜々子は、美帆を問い詰める。
それは実は多田が美帆に頼んでいた物だった。
菜々子は多田に迷惑だと言い放つ。

多田が謝り、その場を出て行く姿を見た美帆は、
「菜々子さんに幸せになってほしい」という多田の気持ちを
菜々子に伝えるのだが…。

▼主な出演者(敬称略)
木下 凛(32)…仲間由紀恵/松本直哉(43)…佐々木蔵之介/渡辺美帆(32)…市川実日子/槙野駿平(24)…永山絢斗/神山(40)…橋本じゅん/木下結衣(17)…本田翼/木下樹(14)…西山潤/山田拓也(17)…永瀬匡/小早川隆志(34)…森山栄治/川島サオリ(30)…能世あんな/雨宮博美(52)…室井滋/多田耕太(43)…田中裕二(爆笑問題)/相沢菜々子(42)…りょう/松本聡子…加賀まりこ

▼主題歌
Ms.OOJA「Be…」(UNIVERSAL SIGMA)

  


Posted by じろう at 06:34Comments(0)