三毛猫ホームズの推理 第1話の感想

 
2012年04月15日/ TVドラマ

日本テレビ系列で放送の「三毛猫ホームズの推理」第1話の感想など

三毛猫ホームズの推理

初回30分拡大バージョン。
うーむ、時間を延ばす意味があったのでしょうか…。

当初は、あまり興味が無かったものの、マツコ・デラックスさんが三毛猫の
声を担当すると知り、これは面白いかもしれないと期待しました。
そうしたら、ご本人がそのまま人間の姿で登場。

マツコ・デラックスさんについては、声だけの出演の方が良かったとか、
姿を見せた方が面白いとか、そこはどうでもいい問題。

なにより、あまり言いたくないのですが・・・・・・・・
ドラマ自体が面白くない。

テンポが悪くて、途中、イラ立ちさえ覚えました。
何だろう、このグダグダして間延びした感じは…。

片山義太郎(相葉雅紀さん)が、血を見るのが嫌いで、高所恐怖症、
女性もニガテという設定は分かりました。

家庭では兄(藤木直人さん)や妹(大政絢さん)のために料理を作ったり、
お弁当も作ったりする優しい青年。

それゆえに、刑事としてはダメダメなのも分かります。
だけど、ダメダメぶりを強調したいがためか、その描写がくどかった。
それがイライラの原因かなあ。

普段は頼りないのだけれど、最後くらいはホームズとうまく協力して
ビシッとキメて欲しい。

タイトルに「三毛猫ホームズ」と掲げている割に、その三毛猫のホームズが
ぼやけたことだけ言い残して消えてしまうのが物足りない気もします。

やはり、ソフトバンクCMのお父さん犬みたく、アフレコでホームズに
語らせる方式の方が分かりやすいと思ってみたり…。

とにかく、第1話を見た限り、私には合いませんでした。
残念。

三毛猫ホームズの推理 第1話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

警視庁捜査一課の片山義太郎(相葉雅紀)は、女性恐怖症に高所恐怖症、
血も苦手なダメ刑事。
兄ヒロシ(藤木直人)と妹晴美(大政絢)の兄妹に叱咤激励されながらも、
何度も辞表を出すような日々を過ごしていた。
そんなある日、栗原一課長(石坂浩二)の頼みで後輩の石津刑事(大倉忠義)と
女子大学へ詐欺事件の捜査に向かうことに。
そこで義太郎は校内に居ついていた一匹の不思議な三毛猫と出会う…。

▼主な出演者(敬称略)
相葉雅紀…片山義太郎/藤木直人…片山ヒロシ/大倉忠義…石津刑事/大政絢…片山晴美/マツコ・デラックス…猫の化身/尾美としのり…根本刑事/石坂浩二…栗原肇一課長
  


Posted by じろう at 06:35Comments(0)