もう一度君に、プロポーズ 第5話の感想

 
2012年05月19日/ TVドラマ

TBS系列で放送された「もう一度君に、プロポーズ」第5話の感想など

もう一度君に、プロポーズ

宮本波留(竹野内豊さん)に恋敵が現れましたね。
袴田吉彦さんってところが、またちょうどいい配役で。

しかし、裕樹(山本裕典さん)の、姉さんが昔付き合っていた男性を、
親戚を呼ぶかのように気軽に家へ招待する行動が理解できない。
ただ、それくらい裕樹は一哉(袴田吉彦さん)を慕っていたのだろう。

裕樹(山本裕典さん)は大手食品メーカーに勤める営業マンだし、
一哉(袴田吉彦さん)もアメリカへ赴任していたとのことから、
大卒のホワイトカラーだと思われます。

それに比べて波留(竹野内豊さん)は、自動車整備工という
ブルーカラーの仕事で、裕樹(山本裕典さん)は波留をちょっと
見下しているのかも知れません。

可南子(和久井映見さん)あてに届いた荷物を、可南子の実家へ
届けることにした波留(竹野内豊さん)は、裕樹(山本裕典さん)が
呼んだ一哉(袴田吉彦さん)と鉢合わせになり、気まずい雰囲気。

あの空気の中で、波留(竹野内豊さん)はよく居続けられたものだと
感心します。私なら夕飯を出される前に「やっぱ帰ります」とか言って
逃げ出してしまうだろうなあ。

可南子(和久井映見さん)と一哉(袴田吉彦さん)が付き合っていた
ころのエピソードで盛り上がる谷村家に、波留(竹野内豊さん)は
やはり凹んでしまったようで…。

真っ先に「帰ります」と、谷村家を後にしようとする波留(竹野内豊さん)
を追いかけた可南子(和久井映見さん)ですが、波留はちょっと
涙目になっていました。

吉城桂(倉科カナさん)は、オンラインゲーム上で知り合い、
付き合い始めた彼氏にキスを迫られるものの拒絶してしまい、
彼は怒って帰ってしまいます。

そして、吉城桂(倉科カナさん)は、波留(竹野内豊さん)の自宅の
前まで来て…。

桂(倉科カナさん)が波留(竹野内豊さん)に対して、会社の先輩以上
の気持ちがあるのは当初から分かっていましたが、ちょうど
いいところで終わって次回が気になるところです。

次回予告で、「離婚しよう」と波留(竹野内豊さん)が言っているのも、
とても気になります。

もう一度君に、プロポーズ 第5話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

同窓会に行くことを決めた可南子は、そこで昔付き合っていた一哉(袴田吉彦)と再会する。
久々の再会に2人は学生時代のように盛り上がり、同級生たちもそんな2人をほほえましく見守っている。
その帰り道、同じ方向の可南子と一哉は一緒のタクシーで帰ることになる。
可南子はタクシーに携帯電話を落し波留からの電話に気がつくことが出来ない。
後日、一哉が可南子の落とした携帯電話を届け2人でお茶をしている姿を桂と進藤(松下洸平)が目撃する。
波留はその話を耳にし、何もないだろうと思いながらも気になっている。
一方、裕樹は、偶然一哉に会い、近況を報告する。
もともと一哉になついていた裕樹は実家に一哉を連れて帰る。しかし…。

▼主な出演者(敬称略)
宮本波留…竹野内豊/宮本可南子…和久井映見/谷村裕樹…山本裕典/吉城桂…倉科カナ/増山志乃…市川由衣/水嶋哲夫…光石研/宮本太助…小野寺昭/谷村万里子…真野響子/大橋知典…杉本哲太/蓮沼 茂利…渡辺哲/進藤 松二…松下洸平/水嶋 さとこ…山野海/川崎 良太郎…久松龍一/佐伯 美奈…橋本真実/橘 雅斗…入江甚儀

▼主題歌:JUJU「ただいま」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
  


Posted by じろう at 06:39Comments(0)