クレオパトラな女たち 第6話の感想

 

日本テレビ系列で放送の「クレオパトラな女たち」第6話の感想など

クレオパトラな女たち

この「クレオパトラな女たち」も、視聴率低迷で打ち切りとの情報。
三浦翔平さんや綾野剛さんみたいに、女性受けする俳優さんが
出演していてもダメなんですね。

BSCは女性ばかりだし、主演が佐藤隆太さんだからかなあ。
佐藤隆太さんの、真面目で実直なキャラは好きですが…。

元はと言えば、父親の抱えた借金のためにイヤイヤBSCで働くことに
なった峯太郎(佐藤隆太さん)なのに、借金に追われている悲壮感や
焦燥感はどこへ行ったの?という展開が緊迫感を欠き、
マンネリを生んでいるのかも。

ドラマの終り際に「峯太郎の借金返済まで、あと●●●万円」と
字幕で出すのはどうでしょう。
打ち切りはもう決まったことだし、もう遅いですね。
しかし、あと2話でどうまとめるのだろう。

さて、この第6話ですが、大きく2つの出来事がありました。
1つ目は市井睦(稲森いずみさん)の孤独感。

子どもが熱を出して寝込んだというのに、義母は市井睦に連絡を
くれず、夫には連絡していました。
ベッドで横になっている息子が「お水・・・」と言うので、
「今もってきてあげるからね」と市井睦(稲森いずみさん)が言うと、
息子は「おばあちゃま、お水」と自分を無視して祖母を呼ぶのでした。

それもひっくるめてショックだったのか、睦(稲森いずみさん)は
家を出て彷徨ったあと、公園から峯太郎(佐藤隆太さん)へ電話。
「お酒を飲んでいますね?」と問う峯太郎に、「飲んでない」と
答える彼女。

翌日、BSCで、ストレスがたまると出る市井睦(稲森いずみさん)の
クセ(昔のビートたけしさんのような首と肩の動きw)が発作のように
止まらなくなり、峯太郎(佐藤隆太さん)に肩を抱きかかえられ、
ようやく治まりました。

峯太郎(佐藤隆太さん)が市井睦(稲森いずみさん)を抱き寄せて
いるように見えるその光景を、受付係の田淵もえ(小篠恵奈さん)に
見られてしまい、誤解を受ける二人。

2つ目の出来事は、看護師の岸谷葵(北乃きい さん)のリストカット。
付き合っている研修医の恋人の母親は、葵の身辺調査を興信所に
依頼していたらしく、彼女の全身整形がバレてしまいます。

それを理由に、厳しく恋人の母親から責められた葵(北乃きい さん)
は、自宅の風呂場でリストカットして倒れていました。
いっこうに出勤してこない葵(北乃きい さん)を心配した院長の
湯川マリ(余貴美子さん)は、峯太郎(佐藤隆太さん)に命じて彼女の
アパートへ様子を見に行くよう指示します。

アパートで倒れる葵(北乃きい さん)を発見した峯太郎(佐藤隆太さん)
はタクシーを呼び、BSCへ運ぼうとします。
それを葵は嫌がったので、急遽タクシー内で傷口の縫合を行う峯太郎。
その後、黒崎裕(綾野剛さん)と住む自宅へ彼女を連れて行きます。

院長の湯川マリ(余貴美子さん)と、市井睦(稲森いずみさん)には
仔細を報告する峯太郎(佐藤隆太さん)ですが、ほかのスタッフには
無事だったとだけしか言わない峯太郎。

気になって峯太郎(佐藤隆太さん)に詰め寄る一同。
血液検査会社の富坂(三浦翔平さん)は、自分の会社へ興信所の
調査員が来たことから、ことの次第を推理して峯太郎にそれを
ぶつけますが、図星でした。

この時、富坂(三浦翔平さん)が古畑任三郎の動きをマネして
峯太郎(佐藤隆太さん)を詰問していたのが可笑しかった。

せっかく助けてもらったというのに、部屋で大人しくしていない
葵(北乃きい さん)は、黒崎裕(綾野剛さん)とケンカまではじめて
しまいました。

黒崎裕(綾野剛さん)の言った、
「人は生まれてきたくなくても生まれてきて、死にたくないのに死ぬ」
というセリフ、あまり人生がうまくいっていない私には心に沁みました。

麻酔医の村松春(宮地雅子さん)が、昼休みの時に、卓球選手の
福原愛さんのマネで、「サァ!」と言っていたのが小ネタとして
面白かったのを思い出しました。

院長の湯川マリ(余貴美子さん)は、皆の前で「乳がん」であること
を公表し、乳がん摘出後、乳房再建手術をBSCで行うとのこと。

あと残り2話でどうなるのか…。

※BSC・・・ビューティー・サージャリー・クリニックの略

クレオパトラな女たち 第6話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

恋人との結婚が間近となり、周囲に幸せオーラをふりまく葵(北乃きい)。
結婚生活に絶望する睦(稲森いずみ)は、葵の結婚話で盛り上がる周囲の雰囲気から取り残される。
峯太郎(佐藤隆太)は、睦の気持ちを察して彼女を思いやる。
家族の中での孤立感を深めるばかりの睦は、峯太郎だけに悩みを打ち明ける。

一方、裕(綾野剛)は、峯太郎と睦が次第に心を通わせていくのが気がかりでならない。

そんなある日、葵が始業時間になっても出勤してこない。
葵を心配するマリ(余貴美子)に頼まれ、峯太郎が葵の部屋を訪ねると、葵が手首を切って倒れていた…。
幸せいっぱいだったはずの葵にいったい何が!?

▼主な出演者(敬称略)
岸峯太郎 - 佐藤隆太/市井睦 - 稲森いずみ/湯川マリ - 余貴美子/岸谷葵 - 北乃きい/黒崎裕 - 綾野剛/富坂昇治 - 三浦翔平/村松春 - 宮地雅子/岸慎太郎 - 山崎一/星田美羽 - 芦名星/土井珠子 - いせゆみこ/中尾志野 - 奥田恵梨華/佐藤綾香 - 杉本有美/田淵もえ - 小篠恵奈

▼主題歌…持田香織「美しき麗しき日々」

レディース/ネックレス/人気/ブランド/クレオパトラな女たち
クレオパトラな女たち 市井睦(稲森いずみさん)劇中使用パールネックレス
  


Posted by じろう at 18:50Comments(2)