リーガル・ハイ 最終回(第11話)の感想

 
2012年06月27日/ リーガル・ハイ

フジテレビ系列で放送された「リーガル・ハイ」最終回(第11話)の感想ほか

リーガル・ハイ 11

この「リーガル・ハイ」が最終回を迎え、
これで私の見ていた4-6月期のドラマが全て終わってしまいました。
7-9月期は、見るドラマの絞り込みを厳しくします。。

さて、最後くらい黛真知子(新垣結衣さん)に勝たせてあげたかった。
しかし、劣勢を装っていた古美門研介(堺雅人さん)の反撃が面白かった
からまあね…。

今までも負けるのか?と思わせて古美門(堺雅人さん)が勝ってきた
経緯を考えたら、この展開は予想できなきゃいけませんでした。

冷静に考えると、八木沼佳奈(田畑智子さん)は不当解雇されたと
思いますが、古美門(堺雅人さん)が裁判官に向けてまくし立てた
論法を聞いていると「なるほどなあ」と思ってしまうのがさすが。

でも、途中まで真知子(新垣結衣さん)が古美門バリの手法でグイグイ
押していく過程も痛快でしたね。

古美門(堺雅人さん)側の証人を、逆に泣き落とししたり、古美門が
沢地君江(小池栄子さん)に送った恥ずかしいメール内容を暴露したりと。
蘭丸(田口淳之介さん)も、真知子(新垣結衣さん)に取り込まれている
感じでしたね。

個人的に好きだった場面は、マンション訴訟の回に登場した人権派
弁護士の大貫(大和田伸也さん)の登場シーン。

大貫が、仙羽化学とフロンティアケミカルラボのようなデカイ会社を
2つも相手にするのは得策ではないから、2社を共食いさせろと
真知子(新垣結衣さん)に入れ知恵します。

大貫「ゴジラとモスラ、いや、ゴジラとキングギドラ…」
真知子「たとえはどうでもいいですから」
ゴジラ映画が世代的に私にハマるので、このたとえが笑えました。

フロンティアケミカルラボ社長、石神の役で登場の東幹久さんは、
なぜか影が薄かったなあ。あれならもっと知名度の低い役者さん
でも務まったでしょうに。ムダ使いな感じがしました。

サオリなる、三木(生瀬勝久さん)が溺愛していたのが、
メスのハムスターとは。。

人間以外の動物か何かという予想は、当ブログのコメント欄で指摘
くださった方もいらしたし、他のブログでも大勢を占めていました。

私にとっては、できればそれを知らないまま見た方が良かったかな。
「やっぱ皆の予想通りか…」と思ってしまったので。

楽しいドラマでした!

リーガル・ハイ 最終回(第11話) あらすじ(Yahoo! テレビ より)

古美門(堺雅人)のもとを去った黛(新垣結衣)が、1年ぶりに古美門法律事務所を訪れる。
1年ぶりの再会に花を用意し、黛を歓迎する古美門。
以前とは異なり、口調も穏やかに黛と世間話をする。

黛は現在、黛法律事務所を立ち上げ、個人で仕事をしているという。
今回、古美門のもとを訪ねたのは、彼女が準備している訴訟を共にやらないかという相談のためだった。
黛の依頼者は、八木沼佳奈(田畑智子)。
佳奈は、1年前の仙羽化学の公害訴訟で、古美門と黛に協力した女性で、裁判での証言後、仙羽化学のライバル社・フロンティアケミカルラボにヘッドハンティングされていた。

黛によれば、佳奈は長期間、会社に飼い殺された挙句、解雇されたという。
仙羽化学とフロンティアケミカルラボはライバル関係と見なされているが、両社の社長は大学の先輩と後輩という間柄で、仙羽化学が佳奈に報復人事を行った疑いがあり、両社を訴えるという。
「私たちが一緒にやるべき仕事」と古美門に力説するが、古美門はスケジュールがないと断る。

裁判当日、仙羽化学の代理人である三木長一郎(生瀬勝久)、井手孝雄(矢野聖人)らと対峙する黛。
緊迫感みなぎるなか、開廷間際に原告側のドアから入廷してくる古美門。
一緒に戦ってくれるものと信じて笑顔を見せる黛。
しかし、古美門は黛を素通りし、被告側へと歩を進め、三木の隣に立ち、フロンティアケミカルラボの代理人だと宣言する・・・。

▼主な出演者(敬称略)
古美門研介 - 堺雅人/黛真知子 - 新垣結衣/三木長一郎 - 生瀬勝久/沢地君江 - 小池栄子/加賀蘭丸 - 田口淳之介(KAT-TUN)/井出孝雄 - 矢野聖人/服部 - 里見浩太朗

▼主題歌 - PES「女神のKISS」(ワーナーミュージック・ジャパン / unBORDE)
▼オープニングテーマ - 小野恵令奈「えれぴょん」(ワーナーミュージック・ジャパン)

  


Posted by じろう at 06:37Comments(0)