ごくせん THE MOVIE 感想

 
2012年06月30日/ 実写映画

日本テレビ系列(金曜ロードSHOW)で放送された「ごくせん THE MOVIE」の感想など

生瀬勝久

仲間由紀恵さん主演の映画「ごくせん THE MOVIE」が、
テレビでやっていたので見ました。

奇しくも6/28(木)に、
「仲間由紀恵さん出演作でも『ごくせん』はあまり好みでない」
と発言したばかり。

言っていることと行動が違うじゃないか!と突っ込まれそうですが、
食わず嫌いも良くないかなと思ったし、レンタルしなくてもテレビで放送
してくれるならタダだからと見てみました。我ながらセコイな・・・

見終えて、これを映画館で見る必要があるの?というのが正直な感想です。
やはり「ごくせん」は私の趣味には合わなかったですね。

ヤンクミこと山口久美子(仲間由紀恵さん)が、いくら任侠一家の親分の孫
だからと言って、あんな超人的にケンカが強いというリアリティの無さに
まずは納得できません。SF作品じゃないのに。

あと、心を開いて生徒を信用し、ぶつかっていけば生徒たちから慕われる
ということも首をかしげたくなります。

これは高校が舞台になっていますが、小学生レベルでも意外に子どもって
もっと冷酷な存在だと思うんです。
クラス全員が一致してヤンクミ万歳!とか有り得ないでしょう。

その点、長谷川博己さん主演のドラマ「鈴木先生」はリアルな中学生を
描いていたように思うので好きでした。

校長の生瀬勝久さんの登場で、ちょっと和みますけどね。
あれで、ヅラという設定だったらもっと面白いのに。

あ、それは「トリック(TRICK)」の矢部謙三ですね。
やはりボクは、「トリック(TRICK)」シリーズの方が、仲間由紀恵さんの
出演作としては好きです。

逆に「トリック(TRICK)の何が面白いか分からん」という人も居るでしょう。
そこは好みの問題だと思います。

「ごくせん」ファンの皆さん、ごめんなさい!
  


Posted by じろう at 06:35Comments(0)