トッカン 特別国税徴収官 第1話の感想

 
2012年07月05日/ TVドラマ

日本テレビ系で放送された「トッカン 特別国税徴収官」第1話の感想など

トッカン 特別国税徴収官

「これはハズレないだろう」という直感が働いて楽しみにしていました。
今までの税金に関するドラマや映画は、脱税を摘発するものが多かった。
しかし、この「トッカン」では、税の滞納をしている人たちから徴収を
執り行うというストーリーが新鮮に感じます。

井上真央さんというと、真面目で実直なキャラクターのイメージが
私の中では強いので、この徴収官の役も合っていますね。

ただ少し嫌なことを言うと、新米で不慣れな徴収官を見せようとしたのか、
頼りない感じや、あたふたする様子が作り込み過ぎていて、少しだけ
わざとらしい演技に見えました。真央ちゃんゴメンよ…。

「家政婦のミタ」に出ていた佐藤仁美さんは、悪役が似合いますね。
というか「家政婦のミタ」のせいで、そんなイメージがついてしまったのか…。
皆川真利子(佐藤仁美さん)の可愛がる犬を犬質?に、約1,300万円
の滞納税を払わせたのは痛快でした。

痛快なストーリーが続くのかと思いきや、「大島プラスチック」のような
払いたくても払えない、経営難の町工場の話が泣かせます。

意図してこういう話にしたのか分かりませんが、時事的な消費税率アップ
の問題に対する皮肉も込められているのかなと。

消費税って、滞納額がかなり多い税金のようです。
劇中に出てきた「大島プラスチック」も消費税を滞納していましたね。
だから、消費税率を上げても、滞納で思ったほど税収が増えず、だけど
一般消費者はきっちり払わされるので、ますます景気が悪くなる気がします。

堅い話になってしまいました。。

木南晴夏さん演ずる南部千紗は、国税局査察部・情報部門、通称”ナサケ”
に所属することを鼻にかけ、鈴宮深樹(井上真央さん)を見下すイヤなヤツ。
木南晴夏さんの今までに無いイメージで面白い。

池田鉄洋さんは、「医龍」や「トリック」などで、下っ端のイメージが強かった
けれど、ここでは統括官というちょっとエラい役。髪も短くしてさっぱり。
だけど、長髪で「萌え~」と言っているイケテツの方が僕は好きです。

銀座の高級クラブのママ・白川耀子(若村麻由美さん)は、税の滞納
だけでなく、所得隠しの脱税もしている雰囲気。
ドラマの終盤で、彼女の脱税の全てが暴かれるのでしょうね。

次回も見るつもりです。
役に馴染んでいく井上真央さんが見たいので。

トッカン 特別国税徴収官 第1話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

悪質な税金の滞納者を扱う特別国税徴収官(トッカン)付きとなった新米徴収官・鈴宮深樹(25)が仕事や友人、親との関係に悩みながら成長していく姿を描く。

主演の井上真央が演じるのは税務署の新米徴収官・鈴宮深樹(25)
税金の滞納者から滞納税を徴収するのが仕事。
滞納者から「人でなし!税金泥棒!」と罵詈雑言を浴びることもしばしば。

特に悪質な案件を扱う特別国税徴収官(トッカン)の補佐となり、払えるのに払えない、払いたくても払えない、様々な事情で滞納する人々と向き合っていく。

▼主な出演者(敬称略)
鈴宮 深樹 - 井上真央/鏡 雅愛 - 北村有起哉/鍋島 木綿子 - 鈴木砂羽/南部 千紗 - 木南晴夏/相沢 芽夢 - 美波/金子 長十郎 - 池田鉄洋/池戸 則夫 - おかやまはじめ/釜地 亨 - 笠原秀幸/鈴宮 益二郎 - 塩見三省/清里 肇 - 岩松了/白川 耀子 - 若村麻由美
  


Posted by じろう at 06:35Comments(2)