ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日 第2話の感想

 
2012年07月15日/ TVドラマ

日本テレビ系で放送された「ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日」第2話の感想など

ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日

裏で「海猿」がやってたけど、「ゴーストママ捜査線」を見てやったぜぇ。
あっちは一応録画をしましたが、見ないで消す予感が…。
旧式録画機は容量が少ないので。

さて、「ゴーストママ捜査線」第2話ですが、なかなか泣かせる話だった
じゃないですか。

タケル(賀来賢人さん)が好きだったという女性、一瞬、田畑智子さん
と間違えましたが、山下リオさんっておっしゃるんですね。
ドコモのCMで、「渋谷区の面積は?」とスマホに聞いてる人ですよね?

今回はベタな話で、激しく感動もしなかったけど、激しくつまらなかったとも
言えず、普通に見終えました。
ヤンクミほど蝶子(仲間由紀恵さん)は暑苦しくないし。

とんぼ(君野夢真くん)の応援をするという口実で、担任の先生(芹那さん)
の水着姿を眺めるとは、航平(沢村一樹さん)もなかなか考えたなあ。
マズい、この話を広げると女性に嫌われる(汗)

葵(志田未来さん)は図書館で勉強をすると言って、友人と買い物。
その手のウソは、ボクもついたことがあります・・・。

次回は、三船課長(生瀬勝久さん)も死んでしまって、
蝶子(仲間由紀恵さん)の幽霊仲間になるようですね。
なんと殉職率の高い職場なんだ。「太陽にほえろ!」なみですね。

ゴーストママ捜査線 第2話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

蝶子(仲間由紀恵)は、以前出会った“ユウレイの先輩"タケル(賀来賢人)と再会する。
タケルは、半年前に花帆(山下リオ)という女性と初デートの待ち合わせの場所に行く直前、事故で命を落としたのだった。
彼女に約束を守れなかったことを謝りたいというタケル。
「もう一度、彼女に会わせてあげたい!」
困った人を放っておけない蝶子は、とんぼ(君野夢真)とともに花帆の行方を探す捜査を開始する。

▼主な出演者(敬称略)
上原蝶子 - 仲間由紀恵/原航平 - 沢村一樹/上原葵 - 志田未来/上原とんぼ - 君野夢真(子役)/吉沢美波 - 芹那/長谷川淳也 - 真田佑馬(ジャニーズJr.)/高倉大 - 塚地武雅(ドランクドラゴン)/三船義光 - 生瀬勝久/鶴田健一 - 森山栄治/高橋陽樹 - 中島広稀/小林元二朗 - 山本涼介/タケル - 賀来賢人

▼原作…「ゴーストママ捜査線」佐藤智一(小学館ビッグコミックス)
  


Posted by じろう at 06:35Comments(0)