ビューティフルレイン 第5話の感想

 
2012年07月30日/ TVドラマ

フジテレビ系列で放送の「ビューティフルレイン」第5話の感想ほか

ビューティフルレイン

「サマーレスキュー」が、ロンドンオリンピックの中継でお休みだったので、
こちらの「ビューティフルレイン」第5話を見ました。
第1~2話は見ていたのですが、第3~4話はまだ見ていませんでした。

2話分飛ばして見るので、話についていけるかどうか心配しましたが
全く問題ありませんでした。
というのも、あまりストーリーが進展しているようには思えなかったから。

木下圭介(豊川悦司さん)の病状が、もっと進行しているのかと思いきや、
私が最後に見た第2話からそんなに変わってませんね。

若年性アルツハイマーは、薬で進行を遅らせることが出来るとのこと
なので、薬が効いていると解釈することにしました。
我ながら、意地悪な書き方だなあ。

まあ確かに、運悪く若年性アルツハイマー病に圭介(豊川悦司さん)は
なってしまいましたが、相変わらず美雨(芦田愛菜ちゃん)との生活が
楽しそうに見えました。

美雨(芦田愛菜ちゃん)のミスで、伊豆大島に行けなかったのは残念
だったけれど。

この先の展開が難しいですね。
病気の進行を薬で食い止めながら、普通に暮らしましたとさ、では
「なんじゃそれ」となってしまうし、病気が進行してきて、
圭介(豊川悦司さん)が美雨(芦田愛菜ちゃん)のことも分からなく
なってきたら、話が暗くなって救いが無さそうですし。

だから、この先どのように描かれるのか注目です。

ビューティフルレイン 第5話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

木下圭介(豊川悦司)は、中村産業の社長・中村富美夫(蟹江敬三)と妻の千恵子(丘みつ子)に、病気のことを打ち明ける。
解雇もやむを得ない、と覚悟してのことだった。
若年性アルツハイマー病について詳しく知らなかった富美夫は、困ったときはお互い様だ、と言って圭介を励ました。
しかしアカネ(中谷美紀)は、富美夫たちは病気を楽観視している、と指摘し、アルツハイマーのことをしっかり理解して接していかなければダメだと告げる。

一方、千恵子やアカネと一緒に商店街の福引に挑戦した美雨(芦田愛菜)は、伊豆大島1泊2日のペア旅行券を引き当てる。
美雨は、夏休みを利用して旅行に行くという友だちの話を聞いて寂しい思いをしていたが、圭介のことを気遣って喜べなかった。
そんな美雨の思いを知った富美夫と千恵子は、旅行には行けるのか、と圭介に尋ねた。
すると圭介は、大丈夫だと言って笑顔を見せる。

圭介は、主治医の古賀豊(安田顕)に旅行の件を相談する。
古賀は、それを許可し、緊急時の連絡先や自分の名刺を手渡して、常に身につけておくよう圭介に指示した。

その夜、富美夫は、勝田秋生(三浦翔平)や宗田清(でんでん)を誘って、新井春子(国生さゆり)の店に飲みに行く。
しかし富美夫は、秋生たちに圭介のことを切り出せなかった。

旅行前日、圭介と美雨は、買い物に出かけ、旅行の準備をするが…。

▼主なキャスト(敬称略)
木下圭介 - 豊川悦司/木下美雨 - 芦田愛菜/勝田秋生 - 三浦翔平/宗田清 - でんでん/古賀豊 - 安田顕/新井春子 - 国生さゆり/新井小太郎 - 高木星来/立花健太 - 君嶋麻耶/松山菜子 - 吉田里琴/中村千恵子 - 丘みつ子/中村富美夫 - 蟹江敬三/西脇アカネ - 中谷美紀
  


Posted by じろう at 06:30Comments(0)