リッチマン、プアウーマン 第5話の感想

 
2012年08月07日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「リッチマン、プアウーマン」第5話の感想など

リッチマン、プアウーマン

あなたを支えたい…二人で迎えた朝

なんで取締役のおっさん達はあんなに多く居るのだろう。
しかも、足を引っ張るような嫌味な捨てゼリフを吐いて去っていくとは。
まあ、ドラマなのでサラッと流しますか。

パーソナルファイルの運用実験を、岡山のとある農村で行うことに。
何の縁あってか、元工業デザイナーの青山誠人(片岡鶴太郎さん)
の協力を仰ぐようで、彼は現在、トマト栽培を主な仕事としています。

彼の作るトマトは、1箱1万円もする高級品で、それを快く思わない
地元農家も居るようです。

これも何かの偶然か、”マコト会”なる名前が同じ人の集うサイトの
つながりで、夏井真琴(石原さとみさん)は青山誠人(片岡鶴太郎さん)
とは知り合いらしい。

パーソナルファイルは、村人がほとんど使ってくれなくて、全く実験に
なりませんでした。

悔しがる日向徹(小栗旬さん)に、真琴(石原さとみさん)は1軒1軒
説明して回ると言い出します。「やめておけ。迷惑だ」という日向。
時計を見るともう深夜0時をまわっていました。
「なら明日行きます」と真琴。

日向(小栗旬さん)と真琴(石原さとみさん)は、村の人たちに
パーソナルファイルについて聞いてまわるのですが、「大事なもの
だから」とPCに布をかけている老人、携帯の方が使いやすいという
老人、時間がかかろうが今のままでいいという老人などばかり。
この村には老人しか居ないのか。。

村の本部?に戻った日向(小栗旬さん)は、「失敗だ!」と村の老人たち
の保守的な態度にイラだちを隠しません。
ネットにつながったPCの向こう側では、本社の役員たちが日向の
挫折をあざ笑っていました。

青山(片岡鶴太郎さん)の開いたマコト会の歓迎会に出席するものの、
日向(小栗旬さん)のことが気になって仕方ない真琴(石原さとみさん)。
そして、とうとう会場を抜け出して日向(小栗旬さん)の様子を見に
行こうとすると、「日向は今、ひとりにしておけ」と青山にとめられます。

真琴(石原さとみさん)が目覚めると、なぜか布団に寝かされていました。
酔いつぶれたんでしょうね。

洗面所で顔を洗う日向(小栗旬さん)を、真琴(石原さとみさん)は
朝の散歩に誘います。

水田が一面に広がる風景に「綺麗だ」とつぶやく日向。
真琴(石原さとみさん)は、青山(片岡鶴太郎さん)のボールペン開発
秘話や、青山の受け売りでものづくりを語ります。

その言葉に触発されたのか、日向(小栗旬さん)は矢継ぎ早に本社の
小川(中村靖日さん)に指示を出します。
「キーボードはなくして音声入力にしろ!」などなど。

小川が覚えきれないくらいの指示を出し続けると、チームをはずされた
はずの細木(植木紀世彦さん)がかわりに電話に出て、日向の出す残りの
指示を聞きました。「オレもまだメンバーだと思ってます」と言って。

東京に戻ると、問題が発生していました。
空港では安岡(浅利陽介さん)が待っていて、以前に出資すると言っていた
遠野秋洋(綾野剛さん)の消息がつかめないという。

これで、資金繰りが苦しくなりました。
すると、朝比奈恒介(井浦新さん)は「JIテックとの提携話がまだ生きている」
というのです。しかし、開発の要をJIテックが担当したことにするという条件
つきでした。もちろん、それを嫌がる日向(小栗旬さん)。

日向(小栗旬さん)は、自分の持ち株のうち5%を売却して資金を捻出する
と言い出します。「お前が筆頭株主でなくなるのはマズい」と朝比奈
(井浦新さん)は言うものの、「二人で46%保有していれば問題ない」と
返す日向(小栗旬さん)。

地下駐車場にて。
元NEXT INNOVATION社員の遠野(綾野剛さん)と朝比奈(井浦新さん)
は密会。遠野は日向(小栗旬さん)が売却した分も含めて
NEXT INNOVATIONの株式を買い集めているという。

朝比奈恒介(井浦新さん)は、日向(小栗旬さん)を会社から追い出して
どうするつもりだろう。日向あってのNEXT INNOVATIONじゃないのかなあ。
個人情報流出事件も、朝比奈と遠野の仕組んだことだろうし。

朝比奈耀子(相武紗季さん)は、真琴(石原さとみさん)が日向(小栗旬さん)
に気があるのを見抜いていたけれど、余裕しゃくしゃくの様子。

これから話が大きく動きそうで楽しみです。

リッチマン、プアウーマン 第5話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

日向徹(小栗旬)がエレベーターに乗ると、そこに夏井真琴(石原さとみ)がいた。沈黙のなか、真琴の脳裏には日向と朝比奈燿子(相武紗季)のキスシーンがよみがえる。途中の階で燿子も乗り込んできて、激しく動揺した真琴は、適当な階で降りてしまう。残された日向と燿子の間にも気まずい空気が…。

そんな折、日向が進めるパーソナルファイルの運用実験を、ある農村で行うことになった。協力するのは、世界が注目する工業デザイナーでありながら突然引退し、故郷でトマト栽培をしている青山誠人(片岡鶴太郎)という人物。彼は偶然にも真琴のメル友でもあった。

何者かに尾行されている気配を感じ始めていた朝比奈恒介(井浦新)は、ある日、階段から突き落とされ重傷を負う。病室に朝比奈を見舞った日向は、怪我を気遣いながらも「NEXT INNOVATION」の社員だった遠野秋洋(綾野剛)に会ったと報告する。

数日後、日向、真琴、小川智史(中村靖日)により農村で運用実験を開始したが、反応がない。住民たちがパソコン操作を嫌っていたのだ。思わぬ落とし穴に苦心する中、ライバルの大手家電メーカーがNEXT INNOVATIONを大きく上回る規模のシステム開発チームを立ち上げた、とのニュースが飛び込んでくる。

そんなある日、朝比奈から燿子に渡すよう頼まれた書類を持ってレストランを訪れた真琴は、燿子の隣にいる笑顔の日向を目撃して…。

▼主な出演者(敬称略)
日向徹…小栗旬/夏井真琴…石原さとみ/朝比奈耀子…相武紗季/安岡倫哉…浅利陽介/小川智史…中村靖日/細木理一…植木紀世彦/宮前朋華…八木のぞみ/立石リサ…舞川あいく/小野遙香…野村麻純/久賀友紀…古川雄輝/乃木湧太…丸山智己/笛木匡正…中原丈雄/山上芳行…佐野史郎/朝比奈恒介…井浦新/青山誠人…片岡鶴太郎/遠野秋洋…綾野剛
  


Posted by じろう at 06:37Comments(0)