息もできない夏 第5話の感想

 
2012年08月08日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「息もできない夏」第5話の感想など

息もできない夏

鮎川宏基(要潤さん)の目的は一体何なのだろう。
夏目周作(北大路欣也さん)の方からわざわざ鮎川を呼び出し、
「カネか?カネなら用意する」とまで言わしめて、それを断っていたし。

今になって急に家庭を持つことに憧れたのでしょうか。
鮎川(要潤さん)は、葉子(木村佳乃さん)の前で、土下座までして
過去の行為を詫びていましたが、玲(武井咲さん)と葉子の親子が
出した答えは、「早く出て行って!」でした。

過去に何度か、鮎川(要潤さん)は不敵な笑みを浮かべていたので、
改心していい人間になったとも思えず、彼の目論見が気になります。

谷崎一家はどこかへ引っ越すのかなあ。
谷崎玲(武井咲さん)は樹山龍一郎(江口洋介さん)に
「裁判をします」と宣言していましたけれど、そんなお金とヒマはある
のかと心配になってしまいます。

ボクなら実利を優先して、一時的に鮎川姓になったとしても、最短で
戸籍が作れる方法を選ぶけど。

谷崎玲(武井咲さん)は、母親がそばにいて協力もしてくれたけど、
掲示板”ひまわり”で知り合った草野広太(中村蒼さん)が全くの
ひとりぼっちなら、戸籍をどうやって作れるのだろう。

あんなヤバそうな筋の人から、体を売るようなことを強いられ
続けている彼に救いの道はあるのでしょうか。

樹山(江口洋介さん)と親しげに話す谷崎玲(武井咲さん)を見て、
猛烈に嫉妬している様子の片岡亜沙美(霧島れいかさん)も、いつか
玲(武井咲さん)に危害を加えるのではないかと思しき怖い存在。

だんだん面白くなってきましたね。

息もできない夏 第5話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

最も衝撃の章が開幕!
ついに「あの男」が動き出し…そして最悪の悪夢が始まる!
戸籍取得まで一歩手前の玲に襲いかかる魔の手…
恐怖のどん底から這い上がれるか?

玲(武井咲)は、母・葉子(木村佳乃)の協力の下、戸籍を作るために必要な書類を樹山(江口洋介)に提出する。玲の戸籍は、いったん以前の鮎川姓で作り、その後に現在の谷崎姓に移す形をとるという樹山。すぐに谷崎姓に戻ることに安堵を覚える玲。
一方、葉子も笑顔を見せるものの、どこかで不安を感じているのか、玲が席を外した際に、「いったん記録された戸籍はずっと残るのか?」と、当たり前のことを樹山に尋ねる。

翌朝、「パティスリー・シャルロット」で、戸籍がとれそうだと報告する玲。店長の安倍川衣里(橋本麗香)や、バイト仲間の西川純(清水一希)も、自分のことのように喜んでくれた。嫉妬心から玲につらく当たってきた井川さつき(原幹恵)も、玲を祝福する。

その日の昼、「パティスリー・シャルロット」の表に鮎川宏基(要潤)がやってくる。店内に働く玲の姿を見つけると不敵に笑う鮎川は、店内へ入っていく。偶然の再会に驚く玲の様子にあわせて、鮎川も驚いた素振りを見せる。

ある日、しばらく連絡が取れなかった草野広太(中村蒼)から、無戸籍の人たちが集まって情報交換をするオフ会に誘われる玲。オフ会に参加した玲は新しい仲間として紹介される。参加者それぞれが、現在の状況を報告しあう中、1人の女性が、母を苦しめていた男の姓を受け入れられず、裁判で争っている最中だと話す。自分の境遇によく似た話に、玲は深く考えさせられることに。

▼主な出演者(敬称略)
谷崎玲…武井咲/樹山龍一郎…江口洋介/谷崎葉子…木村佳乃/草野広太…中村蒼/井川さつき…原幹恵/片岡亜沙美…霧島れいか/谷崎麻央…小芝風花/田所光子…濱田マリ/鮎川宏基…要潤/中津大輔…RIKIYA/安倍川衣里…橋本麗香/西川純…清水一希/筒井宗太郎…勝信/谷崎香緒里…浅田美代子/夏目周作…北大路欣也

▼主題歌…BUMP OF CHICKEN「firefly」
▼劇中歌…アデル「Set Fire To The Rain」「Someone Like You」
  


Posted by じろう at 06:38Comments(0)