サマーレスキュー~天空の診療所~ 第4話の感想

 
2012年08月09日/ TVドラマ

TBS系で放送された「サマーレスキュー~天空の診療所~」第4話の感想など

サマーレスキュー~天空の診療所~

ちょっと遅れましたが、第4話の録画を見ました。

今回は井上幸治(山崎樹範さん)を中心とした話でした。
彼には、不動産会社をリストラされていたという過去があったのですが、
自分は不動産会社のトップセールスマンだと嘘をついていました。

山小屋へ、不動産会社時代の上司と後輩がやってきて、リストラの事実が
バレてしまうことに。チャラい元後輩の上原(夕輝壽太さん)が、
「再就職先が見つかって良かったっすね」と言い、悪気はないようだけれど、
井上をさらに傷つけます。

井上の元上司・神田(堀部圭亮さん)と元後輩・上原が、どの登山ルートを
行こうかと相談していると、
「そういう時は、ガイドに任せるというのもいいですよ」と山小屋の主人の
小山雄一(笹野高史さん)は言って、「井上、お前行けるだろ」とガイドを
するよう促します。オヤジさん、分かってないなー。

空気の読めないオヤジさんに代わって、小山遥(尾野真千子さん)が
ガイドをかってでます。

神田(堀部圭亮さん)は、新しく買ったカメラで写真を撮るのが楽しくて
仕方ない様子で、草花や景色を次々に撮影します。
遥(尾野真千子さん)の警告も無視して、危険な場所でも写真を
撮り続けます。

そしてついに、遥(尾野真千子さん)が「このロープの外へは出ないで」と
言っているのに、出て行って写真を撮り続けていると、足を滑らして
滑落してしまうのでした。

上腕部にひどく裂傷が出来てしまった神田を、診療所へ運び込みます。
速水圭吾(向井理さん)が麻酔を打って傷を縫合しようとするのですが、
神田は麻酔薬にアレルギー反応して、診療所にある麻酔薬では対応が
できないことが判明。

そこで、麻酔無しでの縫合をすることを速水(向井理さん)は決断。
周りの皆に神田の体を抑えるように指示します。ところが、神田は激痛に
もだえて、周りの皆が抑えても跳ね除けてしまうのでした。

「井上さんを呼んできてくれ!」との速水(向井理さん)の指示で、
井上も神田の体を抑えるのを手伝います。
それで、なんとか縫合はできた様子。

「ボクは少なからず神田さんを恨んでいた。
だけど、ケガをしている神田さんを見て助かって欲しいと思った」と井上は
言っていましたが、彼は人間が出来ていますね。
私なら「ざまあみろ」と心の中で思ってしまうだろうなあ。

今回は、小山遥(尾野真千子さん)が優しくていい人でしたね。
夜中に、速水(向井理さん)や井上を誘ってビールを飲む場面も良かったし、
見晴らしの良いポイントで速水(向井理さん)と会話する彼女も良かった。

これからも、あまりヒステリックにならず、なるだけ冷静にいて欲しい。
腕は確かな優秀な看護師なんだし。

次回は、速水(向井理さん)がドイツ留学を蹴ったことで、
沢口教授(松重豊さん)が山の診療所潰しに走るような雰囲気でした。

サマーレスキュー 第4話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

井上をリストラした元上司が滑落!
元上司の体からはアレルギー反応が出て、診療所にある麻酔が使えない!
そこで出した速水の決断は!?そして、井上の行動は!?

速水は山に慣れようと、井上からアドバイスをもらいながら登山にチャレンジする。速水から普段はどんな仕事をしているのかと問われた井上は、不動産販売のトップセールスマンだと豪語。山荘のメンバーからも尊敬され、井上は意気揚々とする。

そんな矢先、2人の男性客が山荘へとやってくる。その男性客とは、井上の知り合い、神田(堀部圭亮)と上原(夕輝壽太)だった。久しぶりの再会を喜ぶ2人とは対照的に、凍り付く井上。実は、井上は不動産会社をリストラされていたのだ。そのことをみんなの前で明かされた井上は、嘘がバレてしまったことに気まずくなる。そして、リストラされたときのことを思い出し落ち込むのだった…。

▼主な出演者(敬称略)
速水圭吾…向井理/小山遥…尾野真千子/平原あかり…小池栄子/平原桃花…本田望結/小山雄一…笹野高史/小山雪乃…三浦理恵子/高井聡志…佐藤二朗/木野憲太…菅田将暉/村田佳秀…小澤亮太/鈴木真子…能年玲奈/井上幸治…山崎樹範/田中謙介…前田公輝/宮下エミリ…折山みゆ/速水悦子…中田喜子/野村恭介…戸次重幸/沢口光香…市川由衣/沢口哲夫…松重豊/倉木泰典…時任三郎
  


Posted by じろう at 06:39Comments(0)