黒の女教師 第5話の感想

 
2012年08月18日/ TVドラマ

TBS系で放送された「黒の女教師」第5話の感想など

黒の女教師

初回を見て「今期ナンバーワンの面白さ!」と持ち上げましたが、
ちょっとテンション上がってて褒め過ぎだったかな。
でも、7-9月期の夏ドラマで、”これ!”っていうのが無いのも事実。

さて、この第5話ですが、スリリングな展開もあり、前回よりは楽しめ
たと思います。杉村太蔵さんが出てきて笑えましたし。
あの方、今の職業は何なのでしょう。タレント?

ガールズバーで働く栞(土屋太鳳さん)は、東大に合格できる実力が
ありながら、志望校に青学などの私大を記入。
確かに、相手が東大生だと、男性がコンプレックスに感じて引いてしまう
可能性があり、青学などオサレな私大の方が男性ウケするかも。

でも、私大の方が学費が高くね?と思ってしまいました。
それに、同じ東大生の彼氏作ればいいだけじゃん、とも思いました。
あんなところでバイトしてて、東大受かるのか?という問題もありますが…。

ガールズバーの経営者・河合(加藤虎ノ介さん)は、学歴コンプレックス
の持ち主で、内田すみれ(市川実日子さん)については、
「学歴の無い俺を振っておいて、金持ちだと知ったら近寄ってきやがった」
と評していました。

でも、高校生の時、花火大会ですみれ(市川実日子さん)とはぐれた
河合(加藤虎ノ介さん)は、さっさと別の女性と消えたとのこと。
その様子を陰から見ていたという内田すみれもおそろしや。
加藤虎ノ介さんって、「ダーティー・ママ」にオネエ役で出てましたよね。

立花(上遠野太洸さん)は、中学時代の同級生にからまれ、どうやら
中学時代は彼らのパシリなどさせられていた様子。
高校に行ってキャラを一新することを”高校デビュー”って言うのかぁ。
おじさん知らんかったよ。

今回も高倉夕子(榮倉奈々さん)の”夕子キック”で笑わせてもらいました。
しかし、「愚か者!」は、わざわざ音響効果まで加えて轟かせていますが、
いらないような気がします。なんか安っぽい。
「~って学校で先生に教わらなかった?」だけでいいような…。

こちらはタダで見させてもらっている立場なので、あまり完璧を求める
のも図々しいですね。
第5話も充分に楽しませてもらえました!

黒の女教師 第5話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

国文館高校3年D組の立花はある日、繁華街でガールズバーの客引き女子高生の中に栞を目撃する。しかも運悪くそこにすみれがやってきた!

しかしすみれの目的は栞ではなく、傍らにいた経営者の河合だった。河合はすみれの高校時代の彼氏で、2人の間にはなにやら因縁がありそうだ。

すみれの目的が栞ではないことに安堵した立花は、危険なアルバイトを辞めるよう栞に忠告するが、逆にに10万円貸して欲しいと持ちかけられる。栞は母子家庭であることを隠し、金持ちキャラを無理して演じ続けていたのだ。

数日後、栞がバイトを辞めていないことを知った立花は…。

▼主な出演者(敬称略)
高倉夕子…榮倉奈々/戸田トシオ…松村北斗/望月亮平…千葉雄大/下村明日香…大野いと/杉本順平…西井幸人/松本栞…土屋太鳳/安田俊介…山﨑賢人/山岸リオ…竹富聖花/佐伯江衣花…広瀬アリス/栗原啓太…太賀/野間薫…杉咲花/三島恭子…藤原令子/立花聡…上遠野太洸/梅原優…中条あやみ/青柳遥…木村文乃/落内福子…トリンドル玲奈/野口警察官…駿河太郎/榎戸修平…鈴木亮平/近藤剛…モロ師岡/堀田副校長…光石研/内田すみれ…市川実日子/芹沢校長…南果歩/藤井彩…小林聡美/河合…加藤虎ノ介
  


Posted by じろう at 06:38Comments(0)