サマーレスキュー~天空の診療所~ 第6話の感想

 
2012年08月27日/ TVドラマ

TBS系で放送された「サマーレスキュー~天空の診療所~」第6話の感想など

サマーレスキュー~天空の診療所~

医学生の木野(菅田将暉さん)は、登山客からすり傷の手当てを
して欲しいと頼まれ、速水圭吾(向井理さん)を呼びに行こうとします。

ところが、登山客は「急いでいるから、あなたじゃダメなの?」とせがまれ、
山の診療所で、まさに手当てをしようとしている所に、平原あかり(小池栄子さん)
や速水(向井理さん)がやって来ます。木野は速水と治療を交代します。

その後、木野は速水(向井理さん)から、
「医師でない者が医療行為をするのは違法だ」
「キミのとるべき最善の処置は、私を呼びに来ることだった」と叱られると、
木野は「山を降りる」と言って不貞腐れるのでした。

小山遥(尾野真千子さん)は木野に、
「ナントカ山(名前忘れた)から見る風景は、前へ進む勇気をくれる絶景」
「その山からの風景を見ても決意が揺らがないなら、山を降りるのは自由」
と登山を勧めます。

翌朝、木野は遥(尾野真千子さん)に勧められた山に登ることを皆の前で
言うと、山小屋の主人・小山雄一(笹野高史さん)に、午後から風が強くなる
から今日の登山はやめた方がいいと助言を受けます。
倉木(時任三郎さん)もその意見に賛同。

その場では、「ならば今日はやめておきます」と大人しく引き下がったように
見えた木野ですが、同じく山小屋でバイトしている仲間の医大生、
村田佳秀(小澤亮太さん)と鈴木真子(能年玲奈さん)とともに登山を強行。

山からの絶景を楽しむ3人。
しばらくすると時折突風が起きます。その際、鈴木真子の帽子が風に煽られて
飛ばされます。それを木野が拾ってあげようとした時、体のバランスを崩し滑落。

そして木野は、左腕と右太ももに木の枝が突き刺さるケガを負うのでした。
その知らせを聞いて駆けつけた速水(向井理さん)と倉木(時任三郎さん)
によって、木野は診療所に運ばれます。

局所麻酔の効き方が限定的で木野は激痛にもだえますが、
倉木(時任三郎さん)が左腕、速水(向井理さん)が右太ももの処置を行い、
大事には至らなかった模様。

夕食時、皆の前で迷惑を掛けたお詫びと治療のお礼を言う木野。
村田佳秀と鈴木真子が木野の体を支えながら。

すると、倉木(時任三郎さん)は3人をこっぴどく叱りつけます。
そして、自分の過去の出来事も語り始めます。

それによると、研修医時代に倉木、瀬尾、沢口(松重豊さん)の3人で登山し、
そのうち瀬尾が滑落死したとのこと。
その時も小山(笹野高史さん)は危険性を警告したそうです。

倉木(時任三郎さん)と沢口(松重豊さん)の間には、何か過去にあったんだろう
なあと匂わせる場面がいくつかありましたが、このことだったんですね。

こんなことがあってか、木野、村田、真子は、将来外科医となって、この山の
診療所に戻ってくると宣言するのでした。

しかし、倉木(時任三郎さん)は翌日、速水(向井理さん)と遥(尾野真千子さん)
に向かって言うのでした。
「オレは、この診療所を閉めようと思う」

ええ~っ!倉木先生、あんなにアツく語っていたのに?

サマーレスキュー 第6話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

沢口から「稜ヶ岳診療所を閉鎖するか、存続させるか」の決断を託された倉木は、空いた時間を利用して山荘を目指す。 一方、診療所で勉強している医学生の木野が、1人で薬のチェックをしているところへ、膝を擦りむいた登山客がやってくる。木野は、治療するために速水を呼びに行こうとするが、その登山客は急いでいて簡単な治療でいいからと頼み込み、木野が処置をすることに。そこへ、速水やあかり、医学生の村田と真子らがやってくる。無免許医が治療すると違法行為になるため注意する速水とあかりに対して、医学生らは簡単な処置だったらやってしまうかもと語る。

▼主な出演者(敬称略)
速水圭吾…向井理/小山遥…尾野真千子/平原あかり…小池栄子/平原桃花…本田望結/小山雄一…笹野高史/小山雪乃…三浦理恵子/高井聡志…佐藤二朗/木野憲太…菅田将暉/村田佳秀…小澤亮太/鈴木真子…能年玲奈/井上幸治…山崎樹範/田中謙介…前田公輝/宮下エミリ…折山みゆ/速水悦子…中田喜子/沢口光香…市川由衣/沢口哲夫…松重豊/倉木泰典…時任三郎

  


Posted by じろう at 06:47Comments(0)