リッチマン、プアウーマン 第8話の感想

 
2012年08月28日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「リッチマン、プアウーマン」第8話の感想など

リッチマン、プアウーマン

すべてを捨てて君と…明日への旅立ち

ちょっとセリフをうろ覚えなんですけど、夏井真琴(石原さとみさん)が
友人の小野遙香(野村麻純さん)に、
「信頼していた人が、急に態度を豹変したのはなぜかな?」と問うと、
「知らない間に、相手を傷つけていたんじゃないの?」と返す遙香。

分かる気がするなあ。
日向徹(小栗旬さん)は、朝比奈恒介(井浦新さん)よりも年下にも関わらず、
日向は「朝比奈」と呼び捨てにしていたし、発想や知識・スキルの面でも
朝比奈を見下していた面もあっただろうと思います。

ドラマがはじまったばかりの頃は、ナンバー2に甘んじることを納得して
いたかのように見えましたが、内心は気分が悪く、鬱積したものが
あったのでしょう。

朝比奈恒介(井浦新さん)の気持ちも分かる気がしますが、ちょっと
鬱憤の晴らし方が徹底しているというか、容赦ないと言うか…。

日向徹(小栗旬さん)の送別会の日、わざわざ「パーソナルファイル事業」を
JIテック社と共同で進める会見をテレビで皆に見せ付け、朝比奈のご登場。

怒り狂った日向徹(小栗旬さん)は、社員らに恩着せがましい暴言を吐いて
しまいました。

「これ以上醜態をさらすのはよしてくれ。
日向徹が警備員につまみ出される所は見たくない」と朝比奈。

悪ノリし過ぎの兄に、ビンタを一発食らわす朝比奈耀子(相武紗季さん)。
出て行ってしまうのかと思いきや、「仕事だから!」とそのまま残る耀子
がカッコ良い。

真琴(石原さとみさん)は、日向についていくことを決心した模様。
あんなに苦労して内定をもらった大手製薬会社も捨てて。

ここから2人の反撃が楽しみだ。
ドラマ「ハゲタカ」のような要素も入れてくれると楽しいと思います。
株主総会に向けての「プロキシーファイト」や、「ホワイトナイト」の登場とか…。
遠野秋洋(綾野剛さん)が寝返って、日向サイドにつくのもいいかも。

リッチマン、プアウーマン 第8話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

辞任会見を終えた日向徹(小栗旬)は、朝比奈恒介(井浦新)に、全部お前がやったことなのか、と詰め寄る。それを認めた朝比奈は、自分が徹を甘やかしすぎた結果こうなったんだ、と冷たく言い放つ。さらに、山上芳行(佐野史郎)からパーソナルファイル事業の所有権は「NEXT INNOVATION」にあるので手を引いてくれ、と言われた徹だったが、自分が執着した事業は譲れないと、申し出を拒否、社員数名と新会社を設立して事業を引き継ぐ、と宣言する。

オフィスに出てきた朝比奈は、アイデアとスピードで勝負してきた徹にはこの会社は足手まといだからと、自らの社長就任を宣言する。朝比奈の圧倒的な存在感に敗北感を味わう徹。そんな2人を夏井真琴(石原さとみ)は複雑な心境で見つめていた…。

オフィスを片付け始めた徹。真琴の動向が気になり、内定が出ている製薬会社について尋ねるが、着々と進展していると報告され、寂しい…。

そんな折、徹の送別会が計画され、真琴は朝比奈燿子(相武紗季)に料理を頼みに行く。燿子から、明日で契約満了になるのは寂しい?と聞かれた真琴は、否定するも、本音は見抜かれていた。

送別会当日。徹は社員たちを前に、自分から全ての資産を奪った朝比奈への感謝の言葉を述べていた。新会社でパーソナルファイル事業だけは継続していこうと決意した徹。ところが、そこにも朝比奈の策略が待ち受けていて…。

▼主な出演者(敬称略)
日向徹…小栗旬/夏井真琴…石原さとみ/朝比奈耀子…相武紗季/安岡倫哉…浅利陽介/小川智史…中村靖日/細木理一…植木紀世彦/宮前朋華…八木のぞみ/立石リサ…舞川あいく/小野遙香…野村麻純/久賀友紀…古川雄輝/乃木湧太…丸山智己/笛木匡正…中原丈雄/山上芳行…佐野史郎/朝比奈恒介…井浦新/遠野秋洋…綾野剛

  


Posted by じろう at 06:48Comments(0)