大奥~誕生[有功・家光篇] 第2話の感想

 
2012年10月20日/ TVドラマ

TBS系で放送された「大奥~誕生[有功・家光篇]」第2話の感想など

大奥~誕生[有功・家光篇]

今見ているドラマの中で、時代劇はこの「大奥~誕生[有功・家光篇]」だけ
なので、気分転換に見るにはちょうど良い感じ。
しかし、つい最近、大河ドラマ「独眼竜政宗」をDVDで見たので、それと比べると
引き込まれ具合に格段の差がありますが、時代背景も違うし仕方ありません。

将軍・家光(多部未華子さん)と有功(堺雅人さん)の絡みは、有功が家光から
白い子猫を拝領する場面のみ。子猫には若紫と命名した有功。
あとは、すでに家光の側室?となっている3名のサムライの、有功(堺雅人さん)
への嫌がらせが物語のメインでした。

あの3人と比較すれば、それは有功(堺雅人さん)が美男子として映えますね。
なぜ、あんな3人を選んだのか不思議で仕方ない。
見た目もイマイチながら、有功に嫌がらせするなど、性格もひねくれています。

有功(堺雅人さん)に対する嫌がらせに激高する玉栄(田中聖さん)ですが、
有功から「短慮は慎むべし」のようなことを言われてガマンするのでした。
でも、この先、怒り爆発して事件を起こし、処分されなければいいのですが…。

なぜ少女・家光(多部未華子さん)が、男子のような振る舞いをしなければ
ならないのか疑問です。ホンモノの徳川家光は赤面疱瘡で薨去しているわけで、
その死は公には隠され、稲葉正勝(平山浩行さん)という影武者もいる。
ならば、普通に女子の格好をして、静かに暮らしていれば良いものを。。

まあ、これは「もし~だったら」というファンタジー作品なので、あまり突っ込んでも
仕方ないですね。これは女性が堺雅人さんを愛でるドラマなのでしょう。
私は「リーガル・ハイ」の古美門のキャラの方が好きです。

大奥~誕生[有功・家光篇] 第2話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)

お上は女、そして自分が大奥に連れてこられたのは、お世継ぎをもうけるための種と知らされショックを隠せない有功。その有功が、顔を腫らし戻ってきたため、訳が分からず心配する玉栄。

そこへ、春日局の命により、有功のお世話係を務めるという村瀬正資がやってきた。大奥で暮らすことを納得した有功は、京の万里小路家と伊勢の慶光院に自分が無事であるという便りを出してほしいと頼むが、村瀬からはもうすでに全て済んでいると言われ、さらには、薄気味の悪い京ことばを改めるようきつく言われ、そのあまりの言いように絶句する二人だった。

ある夜、突然有功の寝室に入ってきた家光は、まだ幼い子猫を放り投げ「そちにつかわす」と言い残し去って行った。当惑する有功…だが、家光が有功に興味を持ったことを知った春日局は、自分が間違っていなかったとに嬉しさを隠せないでいた…。

▼主な出演者(敬称略)
万里小路有功(ありこと)…堺雅人/徳川家光…多部未華子/玉栄…田中聖(KAT-TUN)/稲葉正勝…平山浩行/雪…南沢奈央/明慧…駿河太郎/小菊…原田夏希/松平信綱…段田安則/万里小路有純…小日向文世/澤村伝右衛門…内藤剛志/春日局…麻生祐未/村瀬正資(ナレーション)…尾美としのり/勝田頼秀…夙川アトム

▼原作;「大奥」よしながふみ(白泉社「MELODY」連載)
  


Posted by じろう at 07:20Comments(6)