東京全力少女 第3話の感想

 
2012年10月25日/ TVドラマ

日本テレビ系で放送された「東京全力少女」第3話の感想など

東京全力少女

正直なところ、そんなに話が深いなあと思って見ていませんが、軽く見流す
には苦になりません。でも、最初はうらら(武井咲さん)を邪険にしていた
父・卓也(渡部篤郎さん)が、段々と娘がいとおしくなってきている様子は
微笑ましい。

桜井(塚本高史さん)は、4歳の娘の面倒も見て、卓也の事務所でも働いて
それで司法試験も受かるって、ちょっと厳しいでしょう。

卓也も、司法試験浪人時代は、前妻の佐伯さゆり(堀内敬子さん)に養って
もらって勉強に専念して試験に合格できたことだし。

でも近年、司法試験が易しくなって合格者続出、弁護士になっても食えない
という話も聞いたような気がするけどどうなんだろう。

市川由衣さん、前クールのドラマ「サマーレスキュー」では面倒くさいキャラ
だったけど、この「東京全力少女」では、いいお母さんキャラの模様。

三浦翔平さんの、うらら(武井咲さん)に振り回される様子が見ていて可笑しい。

華子(比嘉愛未さん)は、モデルだけでは食えないから、洋品店のスペースを
借りて服を売っているのでしょうが、今回はお店が一度も出てこなかった。

これは、武井咲さんを愛でるドラマなのかなあ。
最近は、剛力彩芽さんともども、露出度が高いがゆえにバッシングも酷い
ようですけど、私は武井咲さんを応援します。
何せ同じ愛知県人なので。
ちなみに、スギちゃんも愛知県人なので応援するぜぇ。

東京全力少女 第3話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)
麗(うらら、武井咲)は父・卓也(渡部篤郎)の第二の恋人・冬(市川由衣)を調べ、冬の息子・涼太が卓也の子ではないかとの推理に行き着く。さらに麗は卓也が公園でブランコに乗った涼太の背中を押してやる場面を目撃する。それは幼い自分が父・卓也にしてもらった記憶と同じ光景だった。マンションに戻った麗は卓也に「涼太くんと冬さんと、親子三人で仲良く暮らしてください」と言い残して出て行く。麗の空回り?それとも?

▼主な出演者(敬称略)
佐伯麗:武井咲/玉川大輔:三浦翔平/芹沢華子:比嘉愛未/奥野冬:市川由衣/久保はるか:森カンナ/下山浩次:青木隆治/佐伯さゆり:堀内敬子/玉川重輔:温水洋一/桜井弘一:塚本高史/鈴木卓也:渡部篤郎
  


Posted by じろう at 07:25Comments(0)