ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第2話の感想

 
2012年10月26日/ TVドラマ

テレビ朝日系で放送された「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」第2話の感想など

ドクターX〜外科医・大門未知子〜

スーパードクター大門未知子(米倉涼子さん)のオペがカッコ良い。
手術以外では、人を食ったようなモノ言いで、周囲に敵を作りまくりますが、
彼女のオペ技術にかなうものは医局に居ません。

加地(勝村政信さん)いわく、彼女は大門でなくて「デーモン」だと。

やはり医療ドラマはハズレが少ないなあ。
このドラマも、「医龍」に内容がかぶってると言えばかぶってるけれど、
それでも凄腕の医師になぜか惹かれます。

未知子(米倉涼子さん)は、出版社の社長、二階堂(半海一晃さん)の膵臓ガン
の方が厄介な状況と判断するや、同様に膵臓ガンの安田(新井康弘さん)の
手術をささっと1時間で終わらせ、予想通りてこずる鳥井教授(段田安則さん)に
代わって二階堂の手術を行います。

安田の手術はとうに終わっていたのですが、二階堂のオペに向かおうとする
未知子(米倉涼子さん)に対し、「医師としても人としても最低だ」と罵詈雑言を
浴びせる森本(田中圭さん)。

森本(田中圭さん)は、安田の手術の前立ちをしていたのだから、
どんな状況か把握していたはず。
未知子(米倉涼子さん)が立ち去ったあとに術野を見て、「もう終わってる!」
って驚くのはちょっとどうかな。

二階堂の太ももからグラフトを採取するため、麻酔を大腿部まで効かせるよう
指示する未知子(米倉涼子さん)に、第1手術室の麻酔医は「出来ません」と。
そこで、第4手術室、つまり安田のオペが行われていた手術室から
麻酔医の城之内(内田有紀さん)を呼び寄せます。

彼女はデキる麻酔医のようです。
「医龍」シリーズの荒瀬(阿部サダヲさん)を思い出します。

二階堂の手術は難なく成功させますが、未知子(米倉涼子さん)の採用した術式
を医局の面々がネットで調べると、過去にキューバで行われたことが判明。
しかし、手術は成功したものの、患者は1ヵ月後に謎の死を迎えたという。
その手術に、未知子(米倉涼子さん)も参加していたっぽいのですが、
一体何があったんだろう。気になります。

二階堂の手術を終えたのが、午後5:35。
すると、毒島教授(伊東四朗さん)の元へ神原(岸部一徳さん)が登場。
午後5時を過ぎたので、残業代が発生するのと、二階堂の手術が緊急手術の
ために別料金となることを告げに来たらしい。
毒島教授の取り巻きの言う「御意(ぎょい)」って、時代劇かよ(笑)。

加えて、患者から謝礼を受け取った場合には、口止め料として全額回収する
と宣告する神原。

鳥井教授の部屋へ、二階堂の秘書から、謝礼金300万円が届けられると、
鳥井は、秘書の奥村(林丹丹さん)と共に大喜び。
高級バッグを買う相談をしていると、そこへ神原が登場。
「集金です」と言って、300万円を持っていきました。廊下で小躍りする神原。

体育座りをしながら麻雀をする未知子(米倉涼子さん)が面白い。
ウーピンでリーチをかけてきた神原(岸部一徳さん)に、未知子(米倉涼子さん)
はリャンピンを投じると、神原から「ロン!」の声が。

リーチ・一発・純チャン・3色かぁ。ウーピンがいいスジ引っ掛けになってる。
やるな神原。他の捨て牌から、純チャン系と読めたかも知れませんが。。
麻雀が分からない方、すいません。

未知子(米倉涼子さん)には、次回もブラックジャックばりのオペ技術を
見せて欲しい。

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第2話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)
有名出版社社長の二階堂(半海一晃)がすい臓ガンを患い入院してくる。執刀医の鳥井(段田安則)の術式に対し患部がとりきれないと未知子は反対。自分ならできると主張するが、謝礼金目的だと却下されてしまう。だが当日、手術は困難を極めついに鳥井は根をあげてしまう!そこで呼ばれたのは…?

▼主な出演者(敬称略)
大門未知子 - 米倉涼子/森本光 - 田中圭/城之内博美 - 内田有紀/加地秀樹 - 勝村政信/原守 - 鈴木浩介/千葉園子 - 紫吹淳/奥村藍 - 林丹丹/小池理恵 - 山本美月/神原晶 - 岸部一徳/寺山金子 - 室井滋/鳥井高 - 段田安則/毒島隆之介 - 伊東四朗/二階堂登 - 半海一晃/安田 悟 - 新井康弘/安田昌代 - キムラ緑子

▼主題歌:Superfly『Force』
  


Posted by じろう at 07:26Comments(0)

結婚しない 第3話の感想

 
2012年10月26日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「結婚しない」第3話の感想など

結婚しない

興味をそそる、謎が謎を呼び、ストーリーが展開していくドラマではないけれど、
なぜか楽しく見られます。やはり、私もいい歳こいて独身だから、共感できる
部分が多いのが理由かも知れません。

合コンなんて、何年前に出たのだろう。忘れちゃったよ。
劇中に出てきた、ウィンクなんたらゲームとか、もう1個名前忘れたゲーム、
ボクも知らんかった。山手線ゲームはさすがに分かる(笑)

千春(菅野美穂さん)の元恋人、圭介(中村俊介さん)とバッタリ会い、
彼の婚約が破談になったことを聞かされます。その後、二人のメールや電話の
やり取りがはじまり、ついには流れでホテルへ・・・。

千春(菅野美穂さん)を後ろから抱きしめて、キスを迫る圭介に、千春
(菅野美穂さん)は慌てて「シャワーを浴びてくる」と言ってかわすのでした。

鏡の前に立った千春(菅野美穂さん)は、
「6年も経ってるもんなぁ。色んな所たるんでるかも。腰のくびれとか…」と焦り
ますけれど、全くどこもたるんでないじゃないですか。むしろ細い。
腰のくびれもちゃんとある。かえって世の女性には嫌味かもね。

すると、ベッドルームの方から、圭介(中村俊介さん)が誰かと電話する会話が
聞こえてきます。「マリッジブルーだっただとぉ。お前なあ…」と、どうやら
婚約者と話をしていて、婚約の破談ではなく、単なる痴話喧嘩となった模様。

「こんな所から1秒でも早く行ってあげた方がいいよ」と、圭介を婚約者の元へ
向かうよう諭す千春(菅野美穂さん)。見栄を張ってしまいましたね。

春子(天海祐希さん)は、いったん退職願を書いてカバンに忍び込ませる
ものの、痴呆症の祖母とのやり取りなどで思うところがあったようで、
退職願を破り捨てるのでした。リアルにはそれで正解だと思います。
44歳で再就職は厳しい。。

工藤純平(玉木宏さん)は、後輩を立てるように振舞っているけれど、
実際のところはどうなんだろう。純平(玉木宏さん)を心配した美大の後輩、
河野瑞希(伊藤歩さん)は、画廊のスタッフの職を斡旋してくれます。

後輩には悪気はなくても、純平(玉木宏さん)は面白くないだろうなあ。
自分も彼の立場なら悔しいし、情けないと悲しくなると思います。
プロの絵描きになった後輩に、職をあてがってもらうなんて。

ついに春子(天海祐希さん)から部屋の合鍵を渡された千春(菅野美穂さん)。
千春は春子には甘え上手なんですね。

結婚しない 第3話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)
田中千春(菅野美穂)は、後輩の鈴村真里子(福田彩乃)から半ば強引に誘われ、合コンに参加。だが、20代ばかりの参加者の中で完全アウェー状態の千春は、二次会の誘いを断ってしまう。
一方、桐島春子(天海祐希)は、異動を命じられる前にデザインを手がけていた庭園の完成披露パーティーのためにスタンド花を届けに行く。そこで、デザイン部・部長の樋口亨(石橋凌)と再会する。樋口は「必ず本社に戻れるようにする」と改めて春子に約束。しかし春子は、すでに退職願を提出するつもりでいた。
そんな折、千春は、元恋人・小島圭介(中村俊介)の結婚がダメになったことを知る。千春からその話を聞かされた春子は、圭介の力になりたいという千春の気持ちに理解を示しながらも、寂しさは連鎖するから気をつけろと忠告。
工藤純平(玉木宏)は、美大の後輩・河野瑞希(伊藤歩)の初個展が開かれている画廊まで花を届けに行く。後輩の結婚祝いを買いに行った千春も、春子からチケットをもらったことを思い出し、画廊を訪れていた。純平は、画廊のオーナー・沢井秀雄(山中聡)から、スタッフにならないかと誘われる。沢井いわく、瑞希も純平のことを心配しているという。その会話を聞いてしまった千春は、純平の寂しそうな表情が気にかかり、画廊を後にした彼を追いかける。

▼主な出演者(敬称略)
田中千春:菅野美穂/桐島春子:天海祐希/工藤純平:玉木宏/谷川修司:小市慢太郎/佐倉麻衣:三吉彩花/河野瑞希:伊藤歩/鈴村真理子:福田彩乃/樋口亨:石橋凌/田中紀子:市毛良枝/桐島陽子:梶芽衣子

▼主題歌: コブクロ「紙飛行機」
  


Posted by じろう at 07:20Comments(0)