遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~ 第2話の感想

 
2012年10月31日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~]」第2話の感想など

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~

松本弘樹(柄本佑さん)は、相変わらず愛想が悪く、少年野球のコーチを頼んでも
冷やかに断ります。グラウンドで少年らに取り囲まれて、あの空気でよく断れる
ものだなあと、気の弱い私は逆に関心しましたよ。徹底していて。

丈太郎(生田斗真さん)が言ったように、
「もったいぶってないで教えろよ。減るもんじゃないし」とボクも思いましたもん。

丈太郎(生田斗真さん)が、松本弘樹の無愛想さについて
二階堂かほり(真木よう子さん)に尋ねると、「今の自分に納得してないからだと思う」
という答えが返ってきます。

なんだかその気持ち、分かるような気がします。
最近、立て続けに同窓会やらOB会の案内ハガキが来ましたが、全て「欠席」で
返信しました。今の自分をあまり晒したくないので、4番ピッチャー松本弘樹の
気持ちはすごく分かる。「こんな人生のはずじゃなかった」ってね。

丈太郎(生田斗真さん)が、看護師の森下彩花(香椎由宇さん)に入れあげている
のが面白くない様子の今井春菜(木村文乃さん)は、
「あんなオバさん」と言って森下彩に対抗心むき出し。

木村文乃さんの、「黒の女教師」の時とは打って変わって、可愛らしい役柄に
なれるのはさすが役者さんだなと思いました。

今井春菜が「あんなオバさん」と言うので、主要キャラの年齢構成が気になって、
公式サイトの相関図を見に行きました。以下のとおりです。

 【30歳】
 藤井順一(桐谷健太さん)
 島田さより(国仲涼子さん)
 森下彩花(香椎由宇さん)

 【28歳】
 小平丈太郎(生田斗真さん)
 二階堂かほり(真木よう子さん)
 松本弘樹(柄本佑さん)

 【25歳】
 今井春菜(木村文乃さん)
 【45歳】
 日下哲也(松重豊さん)

二階堂かほり(真木よう子さん)が、森下彩花(香椎由宇さん)に、
「彼氏が居るって、(丈太郎に)言ってあげた方がいいんじゃないの?」と言うと、
松本弘樹は恋人ではないと否定するようなことを言う森下彩。
「でも、一緒に住んでるんでしょ?」と続ける二階堂かほりに対し、
「居ついちゃったの。子猫みたいに」と答える森下彩。

「じゃあ好きじゃないの?」と二階堂かほりが尋ねると、
「好きよ。体の頑丈な人」と返す森下彩に、「えっ」と驚くかほり。
「そりゃあねぇ…」と含みを持たせた言い方の、何だかエロい森下彩花にはビックリ。
なら、丈太郎(生田斗真さん)の誘いに乗ったのも、カラダ目当て?
あんな目の覚めるような綺麗な顔立ちの香椎由宇さんがエロ設定とは・・・

大河内爺さん(ミッキー・カーチスさん)をリハビリに連れて行く話とか、すっかり
忘れてしまったよ。

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~ 第2話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)
小平丈太郎(生田斗真)は二階堂かほり(真木よう子)とカヌーに乗っているときに、四万十川にかかるこいのぼりを見た。それは、藤井順一(桐谷健太)が今井春菜(木村文乃)と丈太郎を東京に帰さないため、四万十のすごさを見せようと準備したものだった。順一は、自分が案内する前に見られてしまったことに落ち込むが、東京に戻るつもりはないという丈太郎の言葉に安心する。
そんな折、丈太郎は大河内欣治(ミッキー・カーチス)をリハビリテーションセンターへ連れて行く。そこには松本弘樹(柄本佑)がいて、欣治は握手を求めるが、弘樹は応じない。弘樹はかつて、県大会の決勝でエースとして登板。甲子園出場は果たせなかったが、弘樹を四万十のヒーローだという欣治は再び手を差し出す。しかし、弘樹はそれを無視する。
順一から、少年野球チームのコーチが負傷したと聞いていた丈太郎は、弘樹に臨時のコーチを頼むが、断られてしまう。
そんな日の夜、丈太郎は、道端にバイクを停めていた森下彩花(香椎由宇)に声をかける。バイクが故障し動かなくなったという彩花を自分の車に乗せた丈太郎は、話の流れで地元の名所を教えてくれと頼み、彩花は快諾する。
その後、サンリバーにやってきた丈太郎を、かほりが見つける。かほりは丈太郎が上機嫌な理由を見抜ぬく。そんなところへ順一が来て、臨時コーチが見つからないことを嘆く。それを聞いた丈太郎は…。

▼主な出演者(敬称略)
小平丈太郎 - 生田斗真/二階堂かほり - 真木よう子/島田さより - 国仲涼子/松本弘樹 - 柄本佑/藤井順一 - 桐谷健太/森下彩花 - 香椎由宇/今井春菜 - 木村文乃/日下哲也 - 松重豊
  


Posted by じろう at 07:31Comments(0)

ゴーイング マイ ホーム 第3話の感想

 
2012年10月31日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「ゴーイング マイ ホーム」第3話の感想など

ゴーイング マイ ホーム

お父さん(夏八木勲さん)が目を開いた!

うーむ、このドラマから脱落しようかと思ってた矢先にストーリーに動きが出たので
迷ってしまいます。。最後の最後でだもんなあ。ずるいよ。

それまでは、相変わらずのまったり進行で、イライラまではしないものの、何か他の
ことをやった方がいいのではないかと思いながら見ていました。

細かいところはでは、ちょっと面白いんですけどね。たとえば、
良多(阿部寛さん)が、虫やクモの巣を嫌って手で払いのけようとしたりする所作。
相変わらずデカい良多(阿部寛さん)が、警察官に不審者扱いされるところも。

あと、敏子(吉行和子さん)が、栄輔(夏八木勲さん)の眉毛をハサミで切る場面。
「あっ、切り過ぎちゃった。いっそのこと、もっと切って変にしちゃおうかしら」
と言うと、看護師の江口のりこさんが、
「なら、そうしてみますか」と言った後、間があって「やっぱりやめとくわ」のような
細かいところが好きです。

しかし、ハロウィンって、田舎町まで浸透しているようなメジャーなイベントかなあ。
少なくとも、私の住む町では見かけたことがありません。

お父さんが意識を取り戻したようなので、一体どんな人物で、どんなことを
良多(阿部寛さん)らに言うのか知りたいので、次回も見ることにします。

ゴーイング マイ ホーム 第3話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)
良多(阿部寛)は森で見つけた小さな赤い三角帽子が気になって仕方がない。沙江(山口智子)には「萌江がクーナ探しに夢中だ」と言いながらも、こっそり1人で手がかりを探そうと「クーナ事務局」を訪れるが、そこで治(西田敏行)に見つかり歯の治療をされるはめに。治は「クーナはいない」と改めて否定し、良多の父・栄輔(夏八木勲)のクーナ探しもお金目当てだったのだろうと言う。
そんな中、良多は表紙に「クーナ」と書かれた古いノートを見つける。そこには栄輔の字で、良多が森で拾ったものとそっくりな赤い帽子のイラストが描かれ、見覚えのない空き地の写真が一枚はさまっていた。クーナにまつわる詳細な記述を頼りに、神社や廃墟など父の来たであろう道を歩く良多。やがてノートの中に父と治と、「久実」という見知らぬ女性の名前を見つけ、驚いてふと顔を上げると、目の前に菜穂(宮崎あおい)が現れ…。
その頃、治は、ひとりでやってきた萌江(蒔田彩珠)から、「おじさんは見たの?クーナ」と問われる。わずかな沈黙のあと、「見たよ」と素直に認めた治は、さらには「探してみるか?探してみなくちゃ、いるかいないかわからないからな」と萌江にやさしくほほ笑む。良多に対してとはまったく異なる態度をみせる治の心のうちは…。

▼主な出演者(敬称略)
坪井良多 - 阿部寛/坪井沙江 - 山口智子/下島菜穂 - 宮﨑あおい/坪井萌江 - 蒔田彩珠/真田隼 - 新井浩文/徳永太郎 - 阿部サダヲ/坪井敏子 - 吉行和子/坪井栄輔 - 夏八木勲/鳥居治 - 西田敏行/堤 千恵子 - 江口のりこ/潤 - 菅野莉央/下島 大地 - 大西利空/園田先生 - 千葉雅子

▼脚本・監督: 是枝裕和
▼主題歌: 槇原敬之「四つ葉のクローバー」
  


Posted by じろう at 07:25Comments(0)