東京全力少女 第8話の感想

 
2012年11月29日/ TVドラマ

日本テレビ系で放送された「東京全力少女」第8話の感想など

東京全力少女

今までは、麗(うらら・武井咲さん)がひとりカラ回りするパターンが多かった
けれど、今回は結構まじめな話でしたね。

司法試験の制度が改正され、受験回数などに制限がかかったのはチラッと
聞いたことがありました。

桜井(塚本高史さん)は、あと1回しか受験のチャンスが無い。
だから休んで勉強しろと卓也(渡部篤郎さん)は言うものの、一向に事務所の
仕事から離れない桜井。

そんな桜井のためを思って、あえて法律事務所から解雇した卓也。
従業員なんて使い捨て、といった経営者が多い中、卓也(渡部篤郎さん)は
なんといい人だろう。

「桜井とはアシスタントではなく、パートナーとして一緒に働きたい」
私が桜井の立場なら、とても恩に感じてひたすら頑張るけどなあ。

桜井(塚本高史さん)は、事務所の仕事が忙しいのと、娘の面倒を見るのが
大変だという理由にかこつけて、実は時間切れとなるのを待っていたのかな。
別に弁護士にならなくても、今のままでいいやと。

話は前後しますが、秋田へ出張となった卓也と桜井。
そこで、麗(うらら・武井咲さん)は桜井の娘・ひとみを預かることになり、
大輔(三浦翔平さん)を誘って動物園へ。

恋人の亜紀にフラれてヒマだったから、うららに付き合って動物園へ行った大輔。
目的もなく働く必要は無いけど、何かやりたいこと見つけたらいいのに。
若い時なんてあっという間に過ぎるから。(しみじみ)

何より、うらら(武井咲さん)自身が将来のことを考えないといけないですね。

さて、うらら(武井咲さん)は、なぜ琴平へ帰ることにしたのだろう。
卓也が桜井を解雇した理由は理解できたはず。

終盤に来てチャラけた雰囲気がぐっと減って、次回が気になる展開となりました。

東京全力少女 第8話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)
麗(武井咲)は父・卓也(渡部篤郎)に弘一(塚本高史)の娘・ひとみを2人が出張の間面倒を見るように依頼され、大ハリキリ。大輔(三浦翔平)を誘って3人で動物園に出かける。一方、卓也は出張先で弘一に突然、激怒。直ぐに帰宅するように命じる。さらに翌日、卓也は弘一にクビを言い渡す。話を聞いた麗は、家に帰って卓也に食って掛かるが、卓也は必要だからこそクビにしたという。麗はある決意を秘めて、弘一の元へ向かい。

▼主な出演者(敬称略)
佐伯麗:武井咲/玉川大輔:三浦翔平/芹沢華子:比嘉愛未/奥野冬:市川由衣/久保はるか:森カンナ/下山浩次:青木隆治/佐伯さゆり:堀内敬子/玉川重輔:温水洋一/桜井弘一:塚本高史/鈴木卓也:渡部篤郎

日本テレビ系水曜ドラマ「東京全力少女」オリジナル・サウンドトラック東京全力少女
  


Posted by じろう at 07:29Comments(0)