遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~ 第7話の感想

 
2012年12月05日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~]」第7話の感想など

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~

順一(桐谷健太さん)は、いったいどこへ行ってしまったのだろう。
まさか、最悪の結果だけは避けて欲しいものです。
「ゴーング マイ ホーム」のYOUさんみたいに、不貞腐れた単なる家出なら・・・

でも、かなり思い詰めていたからなあ。
突如として四万十市にテーマパークを作ると壮大なこと言い出していたので、
ちょっと頭を冷やしたほうがいいとは思っていましたが。。。

商店街の人たちにも、「もっと新しいことをしないとダメ」と鬱陶しくつきまとい、
すっかり嫌われていました。その点、丈太郎(生田斗真さん)は自然な形で
商店街をリサーチして好感を持たれていたのが対照的。

古民家の掃除で、島田さより(国仲涼子さん)と会った時も
「一緒に写真を撮らせて欲しい」と頼んでいて、最後の思い出作りみたいな
雰囲気だったのも、ちと心配。

あの後、二人は盛り上がって「昼間っからいいの?」という展開でしたが、
順一(桐谷健太さん)がさよりの結.婚指輪を見て思い留まりました。
途中でやめられたら女性はどう思うのか。。
「もう二人で会わない方がいい」と言って二人は別れていたのが悲しい。

サンリバーで二階堂かほり(真木よう子さん)は、なぜか自分をやっかんでいる
姉のさよりと話し合います。

さよりには東京に出て行くという発想はなく、地元の役所に勤めて、お見合いで
信金に勤める今の夫と結.婚したらしい。
高校でアイドル的存在だったのなら、結.婚するにしても、もっといい相手が
いただろうに。

かほり(真木よう子さん)は姉に、「(自分は)努力もしたしね」と言って、
姉のさよりの嫉妬が見苦しいことを暗に指摘していました。

私は田舎から東京へ出るという選択をして、いい経験だったと思っています。
ただ、もっと東京を知りたかったですね。せっかくの機会だったので。

森下彩花(香椎由宇さん)は、松本弘樹ではない男性と二人で映った写真を
携帯電話の待ち受け画面にしてして、それを見て涙ぐみます。
普通に考えたら、亡くなった恋人なのでしょう。

今井春菜(木村文乃さん)のお見合い相手の歯科医って、夙川アトムさん?
TBS系の「大奥~誕生」にも出演されていて、結構ドラマに出てますね。
芸人さんとしてはあまり見かけなくなりましたが・・・

松本弘樹(柄本佑さん)は、丈太郎(生田斗真さん)と野球ができるほどに
昔のことは吹っ切れたみたいで良かった。

欣治爺さんが3歩くらい歩けるようになったのも良い兆し。
ただ、順一が心配です。

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~ 第7話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)
丈太郎(生田斗真)が、松本弘樹(柄本佑)に呼び出されサンリバーにいると、かほり(真木よう子)が入ってきた。やがてやってきた弘樹は、自分は彩花(香椎由宇)の部屋を出たので彩花とはもう関係がない、と告げる。そんな弘樹に丈太郎は、実は自分も彩花にフラれたと明かす。そこへ、丈太郎に順一(桐谷健太)から電話が入る。丈太郎の家で順一は、四万十にテーマパークを作る計画を熱く語る。現実味のない計画に丈太郎は言葉もないが、順一は上機嫌で話し続ける。
翌日、丈太郎は順一の件を日下(松重豊)に相談。日下は、実家の金物店が年内で店を畳むらしいので焦っているのだろうと言う。
その夜、丈太郎は偶然会った彩花とサンリバーにやってくる。そこには順一、さより(国仲涼子)、春菜(木村文乃)がいて、さらにかほりと弘樹も入ってきた。7人は3つのテーブルに分かれて座っていて、順一たちは、丈太郎やかほりには気づいていない。
順一のテーブルでは、春菜が見合い結.婚したさよりに「今は幸せか」と聞く。弘樹は、かほりに自分が本当にやりたいと思っていることを明かした。一方、緊張から他愛もない話を続ける丈太郎に、彩花は丈太郎の気持ちは本当に嬉しかったと言った。それなのにきちんと話せない自分を許してくれという彩花に、丈太郎は…。

▼主な出演者(敬称略)
小平丈太郎 - 生田斗真/二階堂かほり - 真木よう子/島田さより - 国仲涼子/松本弘樹 - 柄本佑/藤井順一 - 桐谷健太/森下彩花 - 香椎由宇/今井春菜 - 木村文乃/日下哲也 - 松重豊/大河内欣治 - ミッキー・カーチス/青山 薫 - 田口淳之介(KAT-TUN)/藤井利男 - 嶋田久作
  


Posted by じろう at 12:45Comments(0)

ゴーイング マイ ホーム 第8話の感想

 
2012年12月05日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「ゴーイング マイ ホーム」第8話の感想など

ゴーイング マイ ホーム

今回も、良多(阿部寛さん)と多希子(YOUさん)の言い争いが可笑しかった。
阿部寛さんが自然に吹き出してしまった部分は、YOUさんのアドリブかなあ。

多希子の夫・健次(安田顕さん)は、料理が上手いのが意外でした。
子どもたちも、「お父さんの料理の方が美味しい」と言います。
あのホタテを使った炊き込みご飯が美味しそうでしたね。

坪井一家3人は、長野へ向かう電車の車内でトランプ遊び。
久しくあんなことしていないので、見ていて羨ましくなりました。

沙江(山口智子さん)が、クーナ事務局へ行ったのは初めてですね。
打ち合わせが終わり、良多(阿部寛さん)、沙江、娘の萌江が楽しそうに帰る
姿を見た菜穂(宮﨑あおいさん)はうらやましそう。

そこで、栄輔(夏八木勲さん)から渡された、夫の居場所を訪ねる決心をした菜穂。
夫の下島惠(加瀬亮さん)は、酪農家のもとで働いている様子。
息子の大地の写真を見せると、「もう小学生なのか」と惠(めぐる)は息子の
成長に驚いていました。

だけど、自分についてはあまり語ろうとしません。
菜穂は別れ際、振り返って惠の方をもう一度見ます。
しかし、彼の口から出たのは「後悔はしていないから」という寂しい言葉でした。

なぜ下島惠は、菜穂と息子の大地を置いて出て行ってしまったのだろう。
そこは疑問が残りました。
夫婦揃ってダム建設には反対の様子だったから、そこは対立しないし。
表面だけサラッと見ていたので、よく分かりませんでした。

”後悔とは、かつてそこに愛があった証拠だ”
と亡くなった菜穂の母が言っていた言葉は、日めくりの下に印刷されていた
北欧のどこかの諺だったらしい。

私は後悔という言葉に、そんな洒落た思いは無い。
むしろ後ろ向きでイヤな言葉です。
「はぁ、あの時~~しとけば良かった」という溜息とセットになることが多いので。

またも他人の言葉の受け売りですが、
「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」ですよ。

さて、この「ゴーイング マイ ホーム」って、11話まであるんですね。
視聴率が低空飛行だからビックリ。
早く終わらせて欲しい気もします(^^;)

ゴーイング マイ ホーム 第8話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)
差し迫ったクーナ探しイベントに向け、沙江(山口智子)は参加者にふるまう料理を検討中。早めに現地入りして食材を調達すると話す沙江に、良多(阿部寛)も仕事だと言いながらも、楽しそうに作業を進める。
すると、良多に健次(安田顕)から姉の多希子(YOU)が家出したと連絡が入る。急ぎ健次を訪れると、姉は数日家に帰っておらず連絡も取れないらしい。面倒な問題が起きたと思いつつ、多希子の携帯にかけると電話は繋がり、会うことに。そこで多希子が話した家出の理由とは…。
その後、長野入りした良多と沙江は、萌江(蒔田彩珠)も連れて、菜穂(宮崎あおい)らとの打ち合わせのため事務局へ。打ち合わせ後、仲良く帰る親子3人を見送った菜穂は、夫の失踪前の自分たち親子に思いを馳せる。栄輔(夏八木勲)から渡された夫・惠(加瀬亮)の居場所をもとに、夫に会う決意を固めた菜穂は…。

▼主な出演者(敬称略)
坪井良多 - 阿部寛/坪井沙江 - 山口智子/下島菜穂 - 宮﨑あおい/坪井萌江 - 蒔田彩珠/真田 隼 - 新井浩文/徳永太郎 - 阿部サダヲ/坪井敏子 - 吉行和子/坪井栄輔 - 夏八木勲/鳥居治 - 西田敏行/堤 千恵子 - 江口のりこ/下島 大地 - 大西利空/小林 悟 - バカリズム/伊藤多希子 - YOU/伊藤健次 - 安田顕/山下 - 清水章吾

▼脚本・監督: 是枝裕和
▼主題歌: 槇原敬之「四つ葉のクローバー四つ葉のクローバー
  


Posted by じろう at 07:35Comments(0)