ドクターX〜外科医・大門未知子〜 最終回(第8話)の感想

 
2012年12月14日/ TVドラマ

テレビ朝日系で放送された「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」最終回(第8話)の感想など

ドクターX〜外科医・大門未知子〜

最終回の視聴率は24.4%だったとのことで、幅広い層から支持があったようですね。
続編を作るなら、院内政治はそこそこに、手術中心のストーリーにして欲しいものです。
麻酔科医の城之内(内田有紀さん)も、神原(岸部一徳さん)の医師紹介所に登録
したことだし。

終盤に突如現れた土方(山本耕史さん)の、何がそんなにカリスマなのか、
結局よく分からないまま終わってしまいました。

鳥井教授(段田安則さん)への生体肝移植で、土方のミスを未知子(米倉涼子さん)が
カバーしたことから、未知子よりは腕が劣るのかなと想像しました。

いつものステーキハウスでの密談で、毒島院長(伊東四朗さん)をはじめ、顔の分かる
人物のほか、視聴者には姿が分からない謎の人物がひとり居ました。
それがあの、勅使川原主任教授(小林稔侍さん)だったということですよね。

最初の方こそ黒幕らしい振る舞いだったものの、最後には毒島院長と子供のような
取っ組み合いのケンカをしてコミカルな落とし方。

「本院の院長選からはずされたじゃないか!」と言って、毒島院長に食って掛かり、
毒島ともども呆気ないやられ方でした。
やられたと言うより自爆死で、歯ごたえがありませんでした。

院内政治の部分の構造を複雑にし過ぎたため、全8話と短い本作では、伏線の回収が
雑で駆け足になってしまった印象。

ドラマのタイトルでもある「ドクターX」とは、神原(岸部一徳さん)も含めた複数の
医師を指すようです。この辺りも曖昧なまま終わってしまいました。

鳥井教授をオペする最中に心臓を一時的に止め、出血部位を確認し、素早く縫合
する未知子(米倉涼子さん)のスーパードクターぶりが最終回の見どころ。

もし次回作があるのならば、このような未知子の高等テクニックを多く見たいと
思いました。不満や勝手な希望ばかり言ってすみません・・・
身勝手な希望を言っているだけで、全体としては楽しませてもらえました。

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 最終回(第8話) あらすじ(Yahoo! テレビ より)
最終回!!さらば未知子(米倉涼子)…ガンを患った鳥井(段田安則)のオペで緊急事態が!未知子の下した驚きの判断とは?!そして、ついにドクターXの正体が明らかに!

▼主な出演者(敬称略)
大門未知子 - 米倉涼子/森本光 - 田中圭/城之内博美 - 内田有紀/加地秀樹 - 勝村政信/原守 - 鈴木浩介/千葉園子 - 紫吹淳/奥村藍 - 林丹丹/小池理恵 - 山本美月/神原晶 - 岸部一徳/寺山金子 - 室井滋/鳥井高 - 段田安則/毒島隆之介 - 伊東四朗/白木 透 - 小松和重/鳥井七々子 - 岸本加世子/土方幾也 - 山本耕史/八木 了 - 津田寛治/勅使川原 毅 - 小林稔侍

▼主題歌:Superfly『Force』Superfly Force
ドクターX ~外科医・大門未知子~ DVD-BOXドクターX  外科医 大門未知子
  


Posted by じろう at 14:11Comments(0)

結.婚しない 第10話の感想

 
2012年12月14日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「結.婚しない」第10話の感想など

結.婚しない

他局のドラマが最終回で時間延長し、この「結.婚しない」第10話の冒頭が少し
見られませんでしたが、話にはついていけたので、まあ気にしません。
私がチャンネルをサッと変えた時には、千春(菅野美穂さん)が実家の前で
高原(徳重聡さん)といる所へ母の紀子(市毛良枝さん)がバッタリという場面でした。

高原は、いきなり指輪を差し出して千春(菅野美穂さん)に求婚します。
ここまで見てきた限り、彼は悪い人ではないように見えます。
千春が契約を切られ、精神的に追い詰められるよう、高原が裏で糸を引いていたと
唱える方もいますが、それならそれも面白い。

純平(玉木宏さん)たちのパリ行きの日程が早まったのは、野ばらの絵の裏にあった、
千春(菅野美穂さん)の書いたメッセージを、河野瑞希(伊藤歩さん)が見つけて
しまったからでしょう。
彼女が、何としても純平を自分の元に繋ぎ止めておきたいと考えるのは自然。

春子(天海祐希さん)は、千春(菅野美穂さん)に対しては、ビンタまでして
「自分の気持ちに正直になれ」と言うものの、純平(玉木宏さん)には何も言わない
のですね。

純平の送別会の時もそうだし、最終勤務日の時も何も知らないような顔で
「頑張って」と送り出すだけ。少しくらい、「千春のことはどう思ってるの?」と
尋ねてもいいような気がします。良かれと思うなら。

谷川教授(小市慢太郎さん)は唐突過ぎるよなあ。まずはお付き合いからでしょう。
いきなり「残りの人生を一緒に過ごしてもらえませんか?」だと重く感じてしまいます。
春子(天海祐希さん)も自分の抱える病気が分かった直後だったし、そんな気分に
なれないでしょう。

春子(天海祐希さん)からの電話を受け、走って空港へ向かう千春(菅野美穂さん)。
とても飛行機の離陸には間に合いそうになのですが、純平(玉木宏さん)が
パリ行きを思い留まるのでしょうか。

最後の場面で倒れた春子が気になります・・・

結.婚しない 第10話 あらすじ(Yahoo! テレビ より)
千春(菅野美穂)は、春子(天海祐希)とケンカしてマンションを出た。そこに、高原(徳重聡)から電話が入る。高原と会い、そのまま一夜をともにする千春。高原は、結婚を前提に付き合ってほしい、と気持ちを千春に伝える。
翌朝、千春が高原に送ってもらい実家に帰ると、母の紀子(市毛良枝)がちょうど玄関先に出てきた。高原は千春と交際していると紀子に打ち明け、改めて挨拶に来る旨を伝える。
純平(玉木宏)は、後輩の瑞希(伊藤歩)をアパートに泊めた。純平が朝食を買いに行った際、瑞希は、彼が描いた野ばらの絵を見つける。そこで瑞希は、キャンバスの裏にある千春が書いたメモに気づく。
メゾン・フローラルでは、定休日に純平の送別会を開くことになった。提案者の麻衣(三吉彩花)は、春子のマンションで千春も交えて送別会をやりたいという。春子は千春がマンションを出て行ったと言えず、仕事が忙しく今は実家に戻っていると嘘をつく。
夕方、千春の勤務先を訪れた麻衣は、純平の送別会に誘う。高原との約束があり、返事に困る千春。それに気づいた高原は、予定をずらして送別会に行った方がいいと千春に告げる。
そんな折、体調がすぐれなかった春子は、病院を訪れるが…。

▼主な出演者(敬称略)
田中千春:菅野美穂/桐島春子:天海祐希/工藤純平:玉木宏/谷川修司:小市慢太郎/佐倉麻衣:三吉彩花/河野瑞希:伊藤歩/鈴村真理子:福田彩乃/田中紀子:市毛良枝/桐島陽子:梶芽衣子/高原誠司 - 徳重聡

▼主題歌: コブクロ「紙飛行機」紙飛行機
  


Posted by じろう at 07:34Comments(0)