PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~最終回(第10話)感想

 
2012年12月25日/ TVドラマ

フジテレビ系で放送された「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜」最終回(第10話)の感想など

PRICELESS あるわけねぇだろ、んなもん!

統一郎(藤木直人さん)が社員に逃げられたのは分かるけど、なんで住む場所も
なくなるのか分からない。金田一(木村拓哉さん)の場合は、住んでいたマンション
の部屋を爆破されたからホームレスになったわけで。

おぼっちゃまなんだから、先代社長・巌(中村敦夫さん)の残した邸宅があると
思うのだけれど・・・。なんなら財前(イッセー尾形さん)の家に泊めてもらうとか。
それを言い出したら、金田一(木村拓哉さん)も公園に行かずに、友人の家に
泊めてもらえばよかったということになりますね。

うーん、それよりこの結末はどうなんでしょう。
私はあまり満足していません。統一郎(藤木直人さん)を立てるのは構わない
と思います。だけど、金田一(木村拓哉さん)、模合(中井貴一さん)、
彩矢(香里奈さん)の3人が、会社に留まらずに出て行ったのが残念。

この3人は、役員待遇で迎えられてもいいと思いました。
金田一(木村拓哉さん)が取締役副社長、模合(中井貴一さん)は取締役
営業統括本部長、彩矢(香里奈さん)は財務担当取締役くらいで。

この際、役職はどうでもいいので、あの3人が”究極の魔法瓶”の販売促進や
新製品開発に忙しく動き回るところで終わるというのも良かったかも知れません。

なんだか爽快感に欠ける結末のように思えました。

出て行ったなら出て行ったで、たとえば「~3年後~」みたいな字幕を入れて、
彼らの立ち上げた新会社が大きくなっているところまで見せて欲しかった
気もします。

金田一(木村拓哉さん)は社長になるのを嫌がっていたから、年長者の
模合(中井貴一さん)が社長に就任して、金田一や彩矢(香里奈さん)は
役職はよく分からないけれど、会社の幹部ということで。

最後のオマケの生芝居。魔法瓶のフタが取れるアクシデントがあったものの、
セリフの言い間違えなどなくて無事に終わったようですね。

まあ、こういう終わり方もアリなのかなあ。

PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 最終回(第10話) あらすじ(Yahoo! テレビ より)
金田一(木村拓哉)、模合(中井貴一)、彩矢(香里奈)が暮らす『幸福荘』の前に、榎本(藤ヶ谷太輔)たち『ミラクルエレクトロニクス』を退職した全社員がやって来た。社員たちは金田一と約束した魔法瓶事業再開を反故にしただけでなく、それまでの統一郎(藤木直人)の経営方針にも嫌気がさしたのだ。一緒に働きたいと言う元社員たちだが、すでに金田一の『ハピネス魔法瓶』はなくなっている。とりあえず、金田一たちは集まった元社員の名簿を作ることに。
その頃、『ミラクルエレクトロニクス』のオフィスには、統一郎と財前修(イッセー尾形)だけがいた。絶望を口にする統一郎を財前は何とか助けたいと思うのだが…。
模合は統一郎に会いに行くという金田一を『幸福荘』に引き留め、自ら『ミラクルエレクトロニクス』へ。しかし、社長室には財前しかいない。統一郎を助けてほしいと懇願する財前に、模合は困惑する。
模合が『幸福荘』に戻ると、金田一の部屋に統一郎がいた。いったい統一郎は、何をしに金田一を訪ねてきたのだろうか。不安げに見守る模合と彩矢の前で金田一と対峙した統一郎は…。

▼主な出演者(敬称略)
金田一二三男 - 木村拓哉/模合謙吾 - 中井貴一/二階堂彩矢 - 香里奈/榎本小太郎 - 藤ヶ谷太輔/広瀬瑤子 - 蓮佛美沙子/藤沢健 - 升毅/鞠丘貫太 - 前田旺志郎/鞠丘両太 - 田中奏生/財前修 - イッセー尾形/鞠丘一厘 - 夏木マリ/大屋敷統一郎 - 藤木直人/辻義人 - 志賀廣太郎/広瀬遼一 - 草刈正雄

フジテレビ系ドラマ「PRICELESS」オリジナル・サウンドトラックPRICELESS あるわけねぇだろ、んなもん!
  


Posted by じろう at 07:35Comments(0)