細かすぎて伝わらないモノマネ&ものまね王座決定戦の感想

 
2012年12月29日/ ものまね番組

フジテレビ系で放送された「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」と「ものまね王座決定戦2012復活版」の感想など


▼細かすぎて伝わらないモノマネ選手権

「子供に見せてはいけない所をみせてしまった某遊園地ヒーローショーの握手会」
もうこれが一番印象に残りました。
モノマネじゃないかも知れないけど、桃レンジャーの被り物が脱げて
しまった時のあの表情が可笑しくて仕方ない。お腹痛かった(笑)

「山形が生んだ 天才テレビディレクター マッコイ斉藤の一コマ」
こういう内輪ネタはあまり感心しません。分からないんだもん。
忘年会かなにかでやってください。。

「何が漏れてんのか知らんけど歌どころじゃない京都のストリートミュージシャン」
最初は実際に見た実話からできたモノマネだろうけど、ここまでくると
もう完全にネタを作ってる感じですね。だけど笑えます。

「相方の山根を見失い不安になる アンガールズの田中卓志」
よく似てました。
日テレ系のモノマネ番組で活躍のホリさんも、アンガールズ田中さんの
モノマネをやりますね。

キンタロー。さんのモノマネした前田敦子さんで、ブログが炎上したとか。
前田敦子さんのファンのパワーって凄いなあ。
笑って済ませられないから、ブログが炎上するんでしょうね。
僕は似てるかどうかもよく分からず、「ポカーン」な状態で見てました。
AKB48は、名前が分かるのが数人程度なので。
私ももう年寄りです・・・

他にもいろいろあったけれど、常連だった360°モンキーズが出てませんでしたね。
マンネリ化してはずされたのかな。元日ハムのイースラーが見たかった。

▼ものまね王座決定戦

トーナメント方式というシステム上、採点で白黒つけなきゃなりません。
ですが、なるだけ採点時間を短縮しようという改善が見られて良かった。
瞬時に点数を出してましたので。

ご本人登場が一人もなかったのも良かったと思います。
これもトーナメント方式だからかも知れません。

ただ、ほとんど歌マネだけで構成されていて、形態模写などが見られなかったのが残念。

優勝はビューティーこくぶさん。
私は「K」という歌手がよく分からないのと、ミラクルひかるさんのファンなので、
彼女に優勝して欲しかった。

だけどミラクルさん、なんで曲は「SAKURAドロップス」を選んだのだろう。
今なら「桜流し」じゃないのかなあ。
ただ、「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」の主題歌だと知っているのは、
一部のアニメファンだけかも知れない。曲も割と地味だし。

そういば、12月25日に放送された日テレ系の「ものまねグランプリ」は、見てる途中で
不覚にも寝てしまって、録画もしてなかったので少ししか見られませんでした。残念。
  


Posted by じろう at 23:07Comments(0)