高校入試 最終回(第13話)の感想

 
2012年12月30日/ 高校入試

フジテレビ系で放送された「高校入試」最終回(第13話)の感想など

高校入試 長澤まさみ

ついに終わってしまいましたね。
坂本先生(高橋ひとみさん)が、水晶玉を額にあてる姿がもう見られないのは寂しい・・・

最終話ですが、とりわけサプライズがあったわけでもなく、荻野先生(斉木しげるさん)が
もう一人の加担者だったのは、おおよそ想定内でした。

一番ワクワクして盛り上がったのは、芝田麻美(美山加恋さん)の母親である
昌子(生田智子さん)が学校に乗り込んできたり、同窓会長・沢村(入江雅人さん)が
英語の解答用紙を見つけたりと、混乱が起きているところまででしょうか。

でも、ドラマ全体としてはとても良く出来ていて、楽しませてもらえました。
時間があれば、また最初から一気に見てみたいですね。

それでも少しだけ納得できない部分があったので、それについて。
受験番号46の田辺淳一は、英語の解答用紙に受験番号が未記入で不合格となりました。
それは入試要項に書いてあるので、その規定を厳格に適用したとのこと。

ならば、芝田麻美はなんで合格なの?
携帯電話は回収すること、もし隠し持っていて試験中に鳴らした場合は失格ということは、
入試要項に書いてあったのではないでしょうか。

確かに、黒板に掲示された注意事項の貼り紙は、前年のものでした。
しかし、水野先生(阪田マサノブさん)が口頭でも言ったし、入試要項にも書いてあった
ならば、彼女が合格したことに納得がいきません。

これは、入試要項に書き漏れていたミスと判断すればいいのでしょうか。
それとも、県会議員の娘ならば、入試要項も反故にされる不条理が世の中には
存在するということを言いたかったのでしょうか。
私はこの点に合点がいきません。

この不手際もひっくるめて、校長(山本圭さん)が責任をかぶったのかなあ。
杏子(長澤まさみ さん)が辞表を持って校長室を訪れた際、
「幼稚園に通う孫がじいじと遊びたいと言うんだ。うらやましいだろ」
と言っていましたが、喜んで早期退職を選んだようには聞こえませんでした。

荻野先生の「昔は尊敬していました」という発言が効いたのでしょうか。
詰め腹を切らされたような校長先生にちょっと同情。

廃人のようになってしまった田辺淳一の兄・光一が、通信制の高校に入って再チャレンジ
することになり、今回の件が彼の救いになったのは良かった。

私も実はネット上で叩かれた経験があり、精神を病むほど落ち込みませんでしたが、
やはり気分はよくなかったですね。これ以上具体的なことはご容赦(笑)
フェイスブックをやりたくない理由は、この辺りにあるかも。

色んな問題が次々に沸き起こる展開は、エンターテインメントとして楽しめました。
自分も高校入試を経験しましたし、ネットで誹謗中傷も受け、共感できる部分の
多いドラマでもありました。

高校入試 最終回(第13話) あらすじ(公式サイトより)
村井(篠田光亮)に指摘をされ、語り出す杏子(長澤まさみ)。杏子が語り出したのは、過去交際をしていた寺島(姜暢雄)の死の理由と、「なぜ彼が死ななきゃならなかったのか」という疑問を解決するために杏子が教師になることを決意した経緯。そして橘第一高校の教師になってから杏子が感じてきた疑問とフラストレーションを語り出す。そして徐々に明らかになる、杏子の意図。彼女はなぜ、この事件に荷担したのか・・・
杏子は教師たちにとあるウェブサイトを見せる。それは、杏子が「寺島が死ぬことの原因となった採点ミスがなぜ入試から半年経ったころに発覚したのか」、という疑問を調査するうちに行き着いたとあるウェブサイト。そこに残っていた「とある過去」が、この事件には大きく関わっていた。そして杏子は、もう一人の「犯人」を指摘する。

▼主な出演者(敬称略)
春山杏子 - 長澤まさみ/滝本みどり - 南沢奈央/相田清孝 - 中尾明慶/小西俊也 - 徳山秀典/村井祐志 - 篠田光亮/宮下輝明 - 小松利昌/荻野正夫 - 斉木しげる/上条勝 - 清水一彰/水野文昭 - 阪田マサノブ/松島崇史 - 羽場裕一/坂本多恵子 - 高橋ひとみ/的場一郎 - 山本圭/沢村幸造 - 入江雅人/芝田麻美 - 美山加恋/芝田昌子 - 生田智子/石川衣里奈 - 山崎紘菜/松島良隆 - 高杉真宙/沢村翔太 - 清水尋也/田辺淳一 - 柾木玲弥/田辺光一 - 中村倫也/寺島俊章 - 姜暢雄

▼主題歌:back number「青い春」高校入試
高校入試 シナリオコンプリート版 DVD-BOXドラマ 高校入試
  


Posted by じろう at 14:46Comments(7)