家政婦のミタの再放送を見た&八重の桜・第8話

 
2013年02月25日/ その他
家政婦のミタ

昨日、某小売店の家電販売コーナーで、「家政婦のミタ」がいろんなメーカーの
液晶テレビで映し出されていました。おそらく再放送だと思われ。
もうかなり後半部分でした。というか最終回だったかも知れません。

懐かしさを感じると同時に、最近いそがしくてロクにドラマも見てないなーと、
少し寂しく感じました。

夜は「八重の桜」第8話を見ることができました。
しかし、横になって見ていたため、大半を寝て見過ごしてしまいました。。

大河ドラマ 八重の桜

私が覚えているシーンは、西田敏行さん演ずる西郷頼母が、松平容保(綾野剛さん)
に京都守護職の辞任を進言し、蟄居を命じられたあたり。

西郷頼母が桜の木を手入れしているところへ、八重(綾瀬はるかさん)がやってくる
場面も見ました。馬ぞろえのシーンで、西島秀俊さんが出ていたのも覚えています。

2013年1-3月期のドラマは、視聴率的には苦戦していると聞き及んでいます。
実際のところ内容はどうなんでしょう。
「夜行観覧車」と「サキ」を途中脱落せざるを得なかったのが残念。

まだまだドラマをゆるりと見る余裕は無いので、将来的にレンタルで見たいと思います。
  


Posted by じろう at 07:35Comments(0)

八重の桜 第5話の感想

 
2013年02月09日/ TVドラマ

NHK総合で放送された大河ドラマ「八重の桜」第5話の感想など

大河ドラマ 八重の桜

最近は忙しくて、ろくにテレビも見ていません。
そんな中、久し振りに見たドラマが「八重の桜」第5話でした。

いつの間にか、長谷川京子さんが覚馬(西島秀俊さん)のヨメになってて
驚きました。

桜田門外の変で、井伊直弼(榎木孝明さん)が暗殺されました。
吉田松陰(小栗旬さん)は、安政の大獄で死罪に。

山本家へ攘夷派が覚馬を襲撃にやって来て、身篭っていたうら(長谷川京子さん)
は流産してしまいます。

少し前に、NHKで山本八重の人生を取り上げた番組が放送されていて、
それを見てしまったがために、ほぼネタバレされたようなものです。

京都に移り住んだ後の彼女の人生は、普通の人より変わっていると言えば
変わっていますが、果たしてドラマとして面白く仕上げられるのか心配。

戊辰戦争(会津戦争)で八重(綾瀬はるかさん)が、スペンサー銃をぶっ放している
ところあたりをクライマックスに持ってきて、残りの人生はナレーションで
ささーっと紹介して誤魔化した方が良いのかも。

元々、この大河ドラマは、”福島がんばれ”という意味を込めて今年放送になったはず。
ならば、八重の京都での生活に時間を割いてしまったら意味が無いように思います。

今後、どのような構成と演出になるか気になりますが、私は忙しいので
見られないかも知れません。

▼主な出演者(敬称略)
山本八重:綾瀬はるか/山本覚馬:西島秀俊/山本うら:長谷川京子/山本佐久:風吹ジュン/山本権八:松重豊/松平容保:綾野剛/西郷頼母:西田敏行/山川兵衛:山本圭/田中土佐:佐藤B作/勝麟太郎:生瀬勝久/吉田寅次郎:小栗旬/井伊直弼:榎木孝明/川崎尚之助:長谷川博己/佐久間象山:奥田瑛二
▼脚本:山本むつみ ▼テーマ音楽:坂本龍一 ▼語り:草笛光子
  


Posted by じろう at 06:39Comments(4)